2008年02月29日

富士スピードウェイ、訴えられるか?

今日は4年に1度の2月29日です。2月29日生まれの人は4年に一度のバースデーパーティーで盛り上がるんでしょうか(爆)。あ、2000年には29日がなかったので、ハタチの人も誕生日は人生で4度目。めちゃめちゃレアですね。


そんなレアな日なんですが、オイラはいつも通り、一生懸命働くだけ。あああ。

http://www.youtube.com/watch?v=-pua1EZY_So





で、こんな日に飛び込んできたニュースに反応してみます。


F1観戦「苦痛」、観客が集団提訴へ 富士SW相手取り 2008年02月29日07時04分 アサヒコム

 トヨタ自動車子会社の富士スピードウェイ(FSW、静岡県)で昨年9月に開かれたF1日本グランプリ(GP)を巡り、運営上のトラブルで苦痛を受けたなどとして、観戦に訪れた観客の一部、約70人が28日、FSWを相手取り、チケット代の全額返還と1人あたり数万円の慰謝料を求める集団訴訟を起こす方針を固めた。4月にも東京地裁に提訴する。著名なスポーツイベントの運営上のトラブルが訴訟に発展するのは極めて異例だ。
 神奈川県在住の40代の男性会社員が発起人となって設立した「FSW被害者の会」が訴訟準備を進めてきた。同会に訴訟に参加する意思を伝えた観客と弁護士との協議が同日整い、提訴に踏み切る方針を固めた。提訴までに、ネットを通じて原告を広く募る構えだ。
 昨年のF1日本GPは9月28〜30日、30年ぶりに会場をFSWに移して開催され、3日間で約28万人が観戦した。だが、実際には仮設スタンドの一部でレース中の車が見えなかったり、会場までの交通手段をシャトルバスだけに制限したにもかかわらず、周辺が大渋滞して計画通りに運行できず、数万人の観客が長時間、待たされたりするトラブルが相次いだ。
(中略)
 「被害者の会」を設立した男性は「払い戻しされた人以外にも大きな苦痛を受けた観客は多く、払い戻しの認定基準は不公平。訴訟を通じて、被害の実態を広く明らかにしたい」と話している。 


FSWを提訴する動きはF1ファンの間では知られていました。

2007日本GPの被害者立ち上がろう。

オイラは某SNSで「弁護士が付くかどうか。付いたとしても、『被害』をきちんと立証できるものがあるのか。立証には無理がないか。それをどうお金に換算するか。これがカギだ」と言っていた記憶があります。具体的に言えば、「あの状況で一般的なレースなら普通に過ごせたのに、FSWの対応が悪かったせいで病気になった。因果関係は明白である。金よこせ」くらいをやらんと、日本の裁判では勝てないんですよ。

正直、無理かなと。受ける弁護士がいないような気もしてました。

確かに昨年のじゃぱんGPはひどかった。当ブログでもその惨状をまとめさせていただきました。
参考:史上最低の国内F1GPを振り返る。(追記あり)
でも、そこで精神的苦痛のみを理由に賠償を求めるのは難しい。裁判ウオッチャーであるオイラの視点ですが、日本の裁判ってそんなモンです。

さて、被害者の会ブログによると、3人の弁護士がすでに協力しているそうですが、ブログやアサヒ記事によると、訴えのポイントは

10月29日(予選)のバス待ち、10月30日(決勝)の観戦時、同日のバス待ちで、いずれもひどい目にあった、とし、チケット代金返還+一律の慰謝料を求める内容だとか。



弱いなぁ。




ただ「並んで大変だった」ではまず取れません。請求棄却がオチです。

「全然見えなかった」「決勝のスタートに遅れて台無し」
これは賠償を取れるでしょうけど、FSWは既に「見えない」C仮設の分は払い戻しています。また、スタートに遅れた人もチケット代を払い戻しています。あの短時間で、「100パーセント負ける」部分を見事につぶしていたわけです。FSW=盗用多の危機管理能力の一端を示したとは言えるでしょうが、客を客とも思ってないことは間違いないです。ハイ。

ただ、この裁判が提訴された場合、楽しみなことがあります。それは、FSW側の答弁と反対主張。
おそらく、「こいつら、人間じゃねぇ。ひでえ。こんな奴に日本GPは任せられない」と思いたくなるような、とてつもない論理を展開するはずです。しかも、それを裁判官が認めてしまうわけで。

被害者の会には、口頭弁論終了後でも結構ですので、FSW側の主張書面をありのまま、公開してほしいのです。書面陳述前にやるとアウトですが、陳述後ならセーフですよ。なんてったって、日本の裁判は公開が原則ですし、担当裁判所に行って金を払えば、陳述書面はだれでも読めるのですから。法的問題はありません。きっと。


敵の書面の公開こそ、FSW=盗用多の非人道的な実態を暴き出す最高の手段だと思うのです。


訴訟に参加しようとしている人は、そこをぜひ、主張してほしいと思います。でないと、金をどぶに捨てるようなものですよ。ええ。

ハッキリ言います。この裁判で金は取れません。勝てたら、敵の弁護士がよっぽどヘボだったというだけの話。負けるのなら、せめてFSWの非道の部分を暴きましょう。それこそが、日本のモータースポーツに明るい未来を開くことになると思うのです。


その辺も含め、この提訴の動きを注目していきたいと思います。


komelong_01-160.gif
posted by こめろんぐ at 16:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースに一言! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月28日

ニコニコ動画の歌姫(追記あり)

ニーッコニコ動画を席巻する歌姫、というと、「初音ミク」などの「ボーカロイド」シリーズによる作品を思い浮かべます。今回紹介するのは、ボーカロイドをつかって作られた歌などを、「私が実際に歌ってみた」作品をニコニコ動画に発表している、素敵な女性たちです。


まず最初に紹介するのは「歌和サクラ」さん。



宇多田っぽい歌い方もできるし、「初音ミク」に近い甘えた声での歌もアリ。まじ、プロじゃないの?とか思ったりします。中でも、この「みくみくにしてあげる♪」は衝撃的でした。





透明感があるきれいな声で、切なく歌う人と言えば「うさ」さん。



曲によっては、とても元気に歌ってくれますが、バラードはとってもしっとりと聞かせます。
特に、この「片思イVOC@LOID」は鳥肌ものです。





素敵な歌声でいろんな歌に挑戦しているのが「Millia」さん。



特に、「celluloid」は聞いてみる価値あり! 正直、初音ミクを超えてます。っていうか、初音ミクで名曲なら、人が歌えばもっと名曲なんですよね(^_^;





まるで宝塚歌劇団の男役のような力強いボイスを聞かせてくれるのが「ヤマイ」さん。



えーっと、女性なのに女性が「惚れた」ってコメントを残しまくってるのはいかがなものか。
名曲「白の季節」も、完全に自分のものにしちゃってます。






最後に紹介したいのは、「ガゼル」さん。



オイラが一押しの方です。特に、「メルト」はいろんな人が歌っているなかで、もっともパワフルでかわいらしい、それでいて切ない歌声です。



この原曲は、初音ミクで制作されたもの。初恋中の女の子の恋心を目いっぱい歌い上げた歌ですが、数多くの「歌ってみた」女性がいる中で、ガゼルさんがダントツ!と思ってました。

ただ、ガゼルさん自身が、ニコニコマイリストで

「お知らせ(2月4日) 私生活が思ったより忙しくなってしまい、動画を投稿するのが難しくなってきてしまいました。来月辺りからもっと時間がとれなくなりそうなので、ニコニコでの個人の投稿を2月でおしまいにしようと思います。それに伴い、現在あげている動画も削除いたします。(3月1日午前0時に削除予定)」

と表明。もう、バイバイしなくちゃいけないなんて…もうちょっとで聞けなくなるなんて…。なんともったいない。

なんとなく、「ガゼルさんってプロデビューしたりして」とか思ったりするオイラがいますが、それはともかく、一刻も早く聞いてみることをおすすめします!


<3/1追記>
ガゼルさん、予告通り、関連動画が全部消えました。

今回紹介した「メルト」はなんと、再生数が100万を突破!コメントが「ありがとう」で埋まってます。

またいつの日か、聞ける日が来ることを願いつつ…。

YouTubeにミラーが上がってたので、それを紹介します!

http://jp.youtube.com/watch?v=n8R7nlf-aPo





皆さんのお気にの「ニコニコの歌姫」はいますか? よかったらコメントで教えてくださいな。




komelong_01-160.gif
posted by こめろんぐ at 23:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記なのか? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月27日

スーパーアグリ、ホントに大丈夫なのか?

F1日本代表? のスーパーアグリはとうとう、開幕直前のバルセロナ合同テストもキャンセルしました。

またしても、ぶっつけ本番確定です。ああああ。

F1Newsさんの以下のニュースが参考になると思いますが…

SAF1,今週のテストも断念
SAF1,テスト無しで開幕戦へ
SAF1,さらなるリストラを実施か!?
SAF1,バルセロナに姿を現す

まとめると、

スーパーアグリ、バルセロナにトランポを持ってきたけど、参加せず。
一応、新車SA08(=HONDA・RA107改)はクラッシュテストに合格したけど、シェイクダウンしないで、開幕を迎える。
HONDAからはさらなるリストラと、投資家の提案受け入れを迫られている。
トランポだけはサーキットにいる。Why?

だそうで…。


GPUpdate.netのこの記事で、アグリさんのコメントが出てました。そのコメントを引用しますと…。

「SAF1チームについて話し合いが続いているが、オーストラリアでの初戦に向けた準備に集中する決断を下したんだ。荷物がすぐに出発するからね。だから、今週はバルセロナでテストをしないよ」

あのー、テストは準備のもっとも重要な部分でしょうに。しかも、シェイクダウンでっせ…。強がりもいい加減にしなはれ…。


まあ、スーパーアグリの「ぶっつけ本番」は今に始まったことではありません。

初参戦の2006年シーズンは、中古車を改造した「SA05」を直前にシェイクダウンし、満足なパフォーマンスを得られないまま開幕しました。その後、新車SA06の投入がズルズル遅れ、この年はノーポイントに。

2007年シーズンは、新車発表会を開幕戦の金曜日に行う始末。ただし、その前に事実上、入念なテストを行っていました。そのため、序盤で快進撃を見せ、マクラーレンのアロンソをぶち抜くパフォーマンスも見せました。

そして、今シーズン。もう、ぶっつけ本番にも驚かないファンも多かったりします。


今シーズンは一見、去年と同様の「開幕=新車発表」に見えるのですが、今シーズンと昨シーズンでは状況が大きく違います。

昨シーズンは、事実上の新型車である「RA106もどき」を、オフシーズンに十分テストしてきました。また、この車を知り尽くしたアンソニー君の加入もあり、マシンのポテンシャルを120パーセント引き出せる状況で「新車発表」があったわけです。RA106の素性もかなりいいものです。そりゃ速いわ。

今年は違います。事実上の新型車である「RA107もどき」すら満足にテストしてません。また、もともと「HONDA史上最悪のマシン」とも言える地球号です。地力がこれでは、パフォーマンスを見せるも糞もないわけで。おまけに、資金難とそれに伴うグダグダ、リストラ…。士気が上がろうにも上がりませんって。

下手すると、デビューシーズンより状況が悪いんじゃ…。

携帯公式サイトもなくなり、買収の噂が後を絶たない。見かねたホンダが「投資家を紹介」する始末。果たして、開幕戦にその姿はあるのか? また、トランポだけ、とかないですよね…






それでも、琢磨が何とかしてくれる。アグリさんが奇跡を起こす。それを信じて。


私は、開幕戦を座して待ちます。それしかない。信じましょう。彼らを。



佐藤琢磨を応援しています!
trt-mini-200-40.jpg aguribanerlogo.jpg aguribarogo.jpg
komelong_01-160.gif
posted by こめろんぐ at 20:10 | Comment(5) | TrackBack(1) | モースポとバイクと佐藤琢磨と | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イーモバイルの音声サービス、ADSLは無料にならず!

先日のエントリ「イーモバイルの音声サービスキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!」で紹介しましたイーモバイルの携帯電話端末の実機はないか、某電気屋さんに行ってきました。

まだ、ないですねぇ…。「3月1日には間に合うと思うんですが…」と、店頭のお兄さん。

で、いろいろと聞き込んでみたのですが、ネット以上の情報はないですねぇ…。

オイラ「ADSLがタダになるから、それと合わせて期待してるよ」
店員「いや、あの、無期限セット割は、データプランだけで、音声サービスには付かないんですよ
オイラ「…は?」
店員「ハイ。残念ながら…」

その後、根掘り葉掘り聞くと、データプラン契約(カード型端末やEM-ONEなど)のセットという位置づけなので、ケータイでは適用しないのだとか。

ただし、月1500円でのADSLセットサービスは存在する、とのこと。


そっかー、ADSLタダはぬか喜びだったかあぁ…。


それでも、全乗り換えで月額1000円安くなることには変わりないんですけどね。

ま、いっかー。3月1日を待とう。で、じっくり健闘してみることにします。


komelong_01-160.gif
posted by こめろんぐ at 17:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | お気軽モバイラー生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月26日

イーモバイルの音声サービスキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!(一部修正)

ウィルコムでデータ定額を使っているオイラにとって、見逃せないニュースが出ました。
出先で高速インターネットができるイーモバイルが、来月から音声サービスを始めるということです。

イー・モバイル 音声通話も開始 来月、割安を武器に 東京新聞

 携帯電話事業に昨年参入したイー・モバイルは二十五日、これまで提供してきたデータ通信サービスに加え、三月二十八日から音声通話サービスを開始すると発表した。
 月額千円のデータ通信の基本料金で音声通話も利用できる割安な料金プランを設定し、新規顧客の獲得を目指す。
 月額千円からの通話・通信利用は二年契約が条件。さらに月額九百八十円を追加すると、イー・モバイル携帯同士の通話が二十四時間無料、他社携帯や固定電話への通話が格安となる。
 ただし、同社のサービス提供地域からの発信が条件。提供地域は三月末時点で全国の65%(人口カバー率)にとどまる見込みで、提供地域外では提携するNTTドコモの通信網を利用する。このローミングサービスには百五円の月額使用料が別途必要で、通話料は一律に三十秒で二二・〇五円となる。
 音声サービスの開始に合わせ、電話機でインターネットや電子メールを利用できるサービス「EMnet(エムネット)」も、月額三百十五円で提供する。


関連するイーモバイル公式サイトの記事は…

2008年2月25日 電話基本料無料!いよいよ電話サービス提供開始
ケータイ初、加入者間24時間話し放題「定額パック24」や月額0円からの「ケータイプランデータセット」も
http://www.emobile.jp/cgi-bin/press.cgi?id=516

2008年2月25日 電話サービス開始とともに、国内ローミング開始
電話や従量制データ通信が全国で利用可能に
http://www.emobile.jp/cgi-bin/press.cgi?id=517

2008年2月25日 イー・モバイル初の携帯電話機「S11HT (EMONSTER)」(イーモンスター)、「H11T」 2機種が登場
〜2008年3月1日より予約受付開始〜
http://www.emobile.jp/cgi-bin/press.cgi?id=518

2008年2月25日 携帯向けインターネット・Eメール接続サービス「EMnet」を開始
〜 ブラウザトップページに「Googleモバイル」を採用、
モバイルサイトもPCサイトもオープンに、楽しみ方広がる 〜
http://www.emobile.jp/cgi-bin/press.cgi?id=519



こんなところでしょうか。


今回、新しく音声サービスを始めるために出してきたケータイ端末は2つ。ちょっと寂しいですね…。

一つが、東芝製のH11Tです。どこかで見たような形ですが…

002H11t-emobl.jpg


一応、320万画素のデジカメ、ワンセグ、Bluetooth、ミュージックプレーヤーを装備。折りたたみ時に17,9ミリですからまあ、薄いですね。フルブラウザも積んでます。YouTubeは再生できるのかな?ちょっと興味があります。
この機種は、FOMAへのローミングに対応していて、エリアがぐんと広がります。

てか、これって、ソフトバンクの東芝の端末とほとんど同じ?



もう一つは、HTC製のS11HT。今はやりのスマートホンですね。


001lhtc-emob.jpg

普通のテンキーではなく、パソコンのようなキーボードを内蔵。折りたたむと普通のケータイの大きさで、広げるとこんな風に、モニターが起きあがるそうです。おもしろいギミックですね。
Bluetoothと無線LANを装備していますが、ワンセグは無し。ウィンドウズモバイル搭載で、メーラーやワード、エクセルファイルの閲覧、編集もできるそうです。その気になれば、ブログも書けそうですね。
ただ、ローミングに対応していないので、エリアは激セマ。



まあ、選択の余地はあまりないですね。

ところで、イーモバイルは現在、ADSLが事実上タダになる「無期限セット割」を導入していて、ADSLのわが家には非常に魅力的なプランになっています。

<訂正>無期限セット割は、音声サービスには適用にならないそうです。なので、下記の試算の数字を訂正します。(参考:イーモバイルの音声サービス、ADSLは無料にならず!

現在の月額通信料金ですが…

やふーBB:3919円+通話料
やふープレミアム:294円
ウィルコム基本:2900円+通話料
同、ネット定額:2100円
計:9213円+通話代

ですが、2年契約でイーモバイルに丸ごと乗り換えると…

基本:ゼロ円。
データ:上限4980円
ローミング:105円
端末割賦:1000円(2年)
EMnet:315円
ADSL:タダ。にはなりません。1500円
計:6400円ではなく7900円+通話料
(ヤフオク用の「プレミアム」は月294円なので、実際は計8194円+通話料)



月額で1000円以上も安く上がる!

これは驚きですな。


問題は
1:2年間端末が変えられない。
2:ローミング時のパケ死がこわい。
3:BBフォンがなくなる。
4:通話代は高くなる。

というところでしょうか。オイラ、通話は余りしないんで、後半2つは問題なしなんですが、あと2つはちょっと考え物。

確かに、FOMAへのローミングは画期的なんですが、料金が別立てなんです。しかも割高。
ローミング圏では、たまに自社の電波が立っていても、FOMAの電波に接続してしまうことがあるそうです。それを知らずにネット接続すると…。ものがブロードバンドだけに、パケ死は確実です。コワー。

幸い、オイラの住んでいるところは「ローミング対象外」なので、自宅や会社では「パケ死」の心配はなさそうです。圏外に出たときは、受信専用と割り切ればいいし。


あ、妻の実家、圏外でかつローミング対象外だ。



ま、いっか(爆)


ちょっと電気屋さんでカタログもらってきますか( ̄ー+ ̄)ニヤリッ


ああ、物欲が…。ま、端末代がかかるのと、ウィルコムの解約手数料がかかるだけで、月額は安くなるから、妻も説得できるかな? さてはて…


komelong_01-160.gif続きを読む
posted by こめろんぐ at 20:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | お気軽モバイラー生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月24日

ドカ雪再びキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!

いやぁ。昨夜からのドカ雪は凄まじかった。
昨日は仕事で、夜は転勤する仲間の送別会だったんです。

そのときもどんどん降ってたのですが、飲み会の最中に妻からメール。

「半端なく降ってるよ。ドアが開かなくなるかと思うくらい積もってる。周りで車が動けなくなってる。あんた、メイド居酒屋で飲んでる場合じゃないよ」

まじかー。と思いつつ、夜中まで飲んでましたが…。

確かに車が近所まで入れなくて、20分くらい歩きました。腰まで雪にはまりながら。


今朝おきたら、すごかった。積もり方が半端じゃないです。

ちょっと前に書いたエントリ「雪多すぎ。どうなってるの、これ。」でも、散々な目に遭ったことを書きましたが、それ以上です。


例えば、前のエントリで紹介したこのウッドデッキですが…

KICX9207.JPG




こんなんなりました。



9239wooddeck-0224.jpg


前の写真では、柵の格子が見えてましたが、そこも完全に埋没です。階段などの構造物は影も形もありません。しかも、このウッドデッキの雪が隣の家までつながりまして…



9251tonarinomado.jpg


隣の家の窓をも埋めてしまいました(爆)



庭なんかはもう大変です。



9240niwa-0224.jpg


幾何学模様がきれいだなー、なんて言ってる場合じゃない。全体の高さが2メートルほどの台地になりました。もう、雪を積む場所もない…。


そして、家の前=ガレージ前には、除雪車の置きみやげがドーンと…



9246garage-1.jpg


これ、新雪だったらまだ良いです。ブルドーザーで圧縮した、重い硬い雪が1メートルほどの高さに積み上げられ、車はおろか人の出入りも困難に。とりあえず、人の出入り口だけ作って、一枚撮りました。ここから大格闘が始まりました。車が出せないとシャレにならないモンね…。




ところが、これの上を行ったのが隣の区画でした。どうやら立ち往生した車が一晩放置されていたらしく、除雪車が入らなかったんです。なので…



9247tonarikukaku.jpg


こんなことに。ちなみに、普段は車のすれ違いが可能な車道です。それが、中央部でヒザ近くまで埋まる積雪、道路の端は1メートル以上の積雪。それが放置です。当然、車の出し入れはできず、車の轍はありません。



さて、ガレージ前の雪を崩しつつ、スノーダンプで運搬し、できあがった雪山が…



9248yukiyama-1.jpg




これだぁ!





体力が尽きました…。


スキーに行く話もキャンセルしてもらいましたよ。ええ。死ぬってこんなの。

もう、今年は雪はいいです。ハイ。


komelong_01-160.gif
posted by こめろんぐ at 20:57 | Comment(6) | TrackBack(1) | 日記なのか? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アメリカのIRLとチャンプカー、元の鞘へ

アメリカのモータースポーツの最高峰が、12年ぶりに1本化されることになりました。これは、結構喜ばしいぞ。


CCWS,IRL:2008年からの合弁が決定 FMotorsports Kaigai

チャンプカー・ワールドシリーズ(CCWS)とインディ・レーシングリーグ(IRL)の合弁が、2月22日正式に決定した。
CCWSの共同オーナーであるジェラルド・フォーサイスは22日にシカゴで合弁についての署名を行い、21日のトニー・ジョージとケビン・カールコーベン会談後の署名に続いて、原則的に両者の合弁が成立した。ここ数日、両者は合弁について最終的な調整を行っていた。
金曜夜に出された声明は「CCWSとIRLは金曜日に2008年に統一されたスポーツとして行うことで原則合意に至った。合意についての記者会見の詳細は後に発表する」という短いものだった。
イベント会場や日程について(ロングビーチではすでにコース設営がスタートしているという)、また下位シリーズのインディプロとフォーミュラアトランティックについてなど、まだこれから解決するべき問題は残っているものの、1996年IRLがディズニーワールドで開幕して以来12年間に渡るアメリカのオープンホイールの分裂状態は、これにより終結することになった。
IRLの主要チームやCCWSのウォーカーレーシング、ボビー・レイホールなどは、今回の決定を一様に歓迎するコメントを出している。
今月27日からIRLはマイアミ、ホームステッドで合同テストを行うことになっており、新たなシリーズのスタートは目前に迫っている。


アメリカのモータースポーツの最高峰である「インディーカー」はもともと、ひとつでした。「CART インディーカーワールドシリーズ」を見たいがために、学生時代、ローンを組んでBSチューナーを買った記憶があります。(ほかにも、AMAスーパークロスなど、BSでやってたモースポが多かったんです。趣味に金をジャブジャブ使えた若きころ。あああ)
あのころは、エマーソン・フィッティパルディ、マリオ・マイケルのアンドレッティ親子、リック・メアーズ、ボビー・レイホールなどといったビックネームが多数参戦。インディー500などの「オーバルレース」と、公道や空港などを使っての「ストリートコース」の2種類のレースがシーズン中に入り乱れ、毎回、勝者が変わるスリリングなシリーズでした。ボビー・レイホールのように、ずーっと2位で「ミスター・セカンド」なんてあだ名をもらう「曲者」もいたり。

しかし、インディー500以外のレースを主催するCARTと、インディー500を主催するインディアナポリス・モーター・スポーツウェイ(IMS)が対立し、ついにIMSがオーバル専用の独自カテゴリを立ち上げました。これがIRLです。1996年からアメリカンレーシングの最高峰は2つに別れました。

以降、CARTシリーズのことを「チャンプカー」、IRLのことを「インディーカー」と呼び分けることに。最初はCARTの方が勢いがあったのですが、名門・ペンスキーのIRL移籍、ホンダ、トヨタなどの撤退(ホンダはIRLに)もあり、CARTは破産状態に。2003年に別団体が運営を引き継ぎ、「チャンプカー・ワールドシリーズ」として再出発したのです。

一方、IRLはいまや、エンジンサプライヤーがホンダしかいない間抜けな状態に。

しかし、今年からまた、アメリカンレーシングの最高峰はひとつになります。

やっぱアメリカンレーシングの醍醐味は「マッチョ」。ストリートではでっかいウイングを着け、ガッチンガッチンぶっつけあう。オーバルではほぼウイングなしで「360キロのサイドバイサイド」をやらかす。この両方を見られてこそ、アメリカンレーシングです。

それが12年ぶりに復活する! いいですね。IRLチャンプが決まっていたホンダもうかうかしていられませんよ!





で…




どこか、地上波でやってくれません?(爆)

佐藤琢磨を応援しています!
trt-mini-200-40.jpg aguribanerlogo.jpg aguribarogo.jpg
komelong_01-160.gif
posted by こめろんぐ at 07:00 | Comment(7) | TrackBack(0) | モースポとバイクと佐藤琢磨と | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月23日

中嶋Jrがファーステスト、一方SAF1は…。(追記:SA08はやはり!)

スーパーアグリが出ないので、当ブログでは触れないでおこうと思ったF1のバルセロナ合同テストですが、最終日に中嶋一貴がやらかしました。

なんと、マクラーレンやフェラーリをさしおいて、1番時計をたたき出したのです。


バルセロナテスト3日目の結果はこちらですが…


No.DriverNat.CarTestTimeLapNote
1中嶋 一貴JPNWilliams Toyota1'22.153 32FW30 *
2H.コバライネンFINMcLaren Mercedes1'22.185 64MP4-23 *
3P.デ・ラ・ロサESPMcLaren Mercedes1'22.208 92MP4-23 *
4F.マッサBRAFerrari1'22.213 95F2008 *
5N.ロズベルグGERWilliams Toyota1'22.248108FW30 *
6M.ウェバーAUSRedBull Renault1'22.477 81RB4 *
7D.クルサードGBRRedBull Renault1'22.499102RB4 *
8L.バドエルITAFerrari1'22.535102F2008 *
9F.アロンソESPRenault1'22.657 61R28 *
10T.グロックGERToyota1'22.901109TF108 *
11N.アンジェロ・ピケBRARenault1'23.286104R28 *
12小林 可夢偉JPNToyota1'24.132 56TF108 *
13N.ヒュルケンバーグGERWilliams Toyota1'24.222 59FW30 *


92449kazuki.jpg
すげー。俺がファーステストかよ、と思ったかどうだか。モニターを見つめるカズキ。



これは認めざるを得ないですね。



ウィリアムズFW30は化け物だ、と。


おい、そっちかよ!(爆)


今回はテストですが、あの中嶋悟の息子だけに、どうしてもリンクして考えちゃいますね。

そう、中嶋悟は日本人で唯一、F1決勝レースでのファーステストラップを記録した男です。(1989年、雨のアデレードでのオーストラリアGP)。その息子が、テスト段階とはいえ、1番の速さを見せた。何かの因縁めいたものを感じます。しかも、オヤジが乗れなかった天下のウィリアムズで、ですからね。

そして、オヤジさんは超ウエットでの「記録」に対し、息子は「乾き始めてから」の記録。大したものです。

FMotorspoortでは、以下のようなカズキのコメントを伝えています。

「今週はずっと悪天候が続いていたので、予定したプログラムをきちんと消化することができなかったし、テストはとても難しいものになった。でもマシンのフィーリングはとても良かったので、ウェットコンディションで走るというのも自分としてはいい経験になったと思う。もちろんもっといい天気の下で走りたかったけれど、それでも全体としては僕たちにとっていい週だったんじゃないかな」

あら、一番時計は喜ばないのね。まあ、あくまでテストだし、という割り切りもあるんでしょう。なかなかの落ち着きっぷりで好感度アップですな( ̄ー+ ̄)ニヤリッ


さて、カズキ君絶好調の影で、傘下もとい参加を見送ったチームもあり。すでに当ブログでも触れましたが、スーパーアグリは直前になってテストをキャンセル。トランスポーターだけがなぜか、バルセロナにあり、奇妙な光景となりました。


9229aguri-toranpo1.jpg


多分、ホンダの後方支援でもして、データも共有する、という考えなんだろうな〜と思ったら…






今回はHONDAも参加してない!


…なんのために来たんだ? アグリさん。


そのHONDAさんは今週、本年度のモータースポーツ活動計画を発表しました。
そこに’、レギュラードライバーが2人も行ってたので、テストどころじゃないのか、と思いきや、帰国したはずのアグリさんの名は一切上がりませんでした。昨年はドライバー名も含め、「スーパーアグリ」の支援がきっちり明記されていたのに。どうなってるの?

今年は去年と違って、スーパーアグリと距離を置くというHONDAの意思表示なのか。それとも肉揚の策謀か。

亜久里代表はイギリスのファクトリーから日本に飛び、HONDAと今季のサポート体制について交渉中とも伝えられますが…

鈴木亜久里、チームの将来をホンダ本社に説明 F1通信
スーパーアグリとホンダの交渉、週末へ持ち越し F1通信


いい話は聞こえてきませんね…。

ホントに、メルボルンのグリッドで琢磨の姿を見ることができるのか? それ以前に、まだドライバー契約をしたという話が入ってこないぞ?

スーパーアグリの今回のテスト見送りも

1:HONDAのテストに枠を貸してるのがばれた。
2:肉揚が圧力をかけた。
3:マジで金がない。インド資本もパア。

などなどいろんな想像ができるわけで。

週明けには何らかの動きがあるんでしょうか。ああ、なんか不安になってきましたが…。


<追記>

ホンダのモータースポーツ体制発表の場で、スーパーアグリに対する今季の支援体制についても発表があったようです。ANGのこの記事によると…

ホンダは、今回会場には来られなかったスーパーアグリF1チームへの協力についても明言。ホンダとしてはこれまで通りスーパーアグリを強力にサポートし、
現在、昨年のホンダ・RA107を新レギュレーション対応に改良したマシンをスーパーアグリと共に開発している
ことを明らかにした。


え…、SA08ってやっぱ、あの、HONDAの腐れ車ベースのあれなんですか…



アカンやんorz




スーパーアグリの今季は…ああああああああああああああああああああ。


琢磨の超ポジティブコメントでも聞かないと、マジで不安だぞこれ(爆)。



頼むぞお! アグリさん!

佐藤琢磨を応援しています!
trt-mini-200-40.jpg aguribanerlogo.jpg aguribarogo.jpg
komelong_01-160.gif
posted by こめろんぐ at 14:48 | Comment(6) | TrackBack(1) | モースポとバイクと佐藤琢磨と | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月22日

1992年12月28日 夢と冒険と

このエントリは
1992年12月4日 シドニー・キングスフォード・スミス国際空港−
1992年12月4日 ここは豪州の歌舞伎町・キングスクロス
1992年12月4日 運命の出会いは…(写真を追加)
1992年12月8日 相棒の名は「ランボー」
1992年12月14日 いよいよ旅立ちのとき
1992年12月15日 不思議な光景
1992年12月16日 前途多難。(地図追加)
1992年12月19日 相棒の危機
1992年12月23日 アデレードの恋、そして別れ
1992年12月24日 最高のクリスマスプレゼント
1992年12月26日 どこまでも、どこまでも続く直線道路

の続きです。


27日夜、Balladoniaロードハウスにライダーが来た。顔がアジア系なので声をかけると、香港人だという。バイクはBMW K75。すごいバイクだが、メチャクチャに壊れていた。どうしたの?と聞くと、「トラックを追い越そうと思ったら、そのトラックも対向車線に出やかったのさ。追突しそうになってハードブレーキングをしたため、転倒して一回転し、ブッシュで止まった。ひどい目にあった」。すげえ…。それだけのクラッシュなのに、フロントフォークも曲がってないし、フレームも無事。エンジンのヘッドカバーも大きくえぐれてるが(BMWの2輪のエンジンは水平対向エンジン)、エンジンはかかる。頑丈じゃないか、BMW。高いだけある。


12月28日朝。Balladoniaロードハウスの夜明けは早い。何せ、時差を修正したばかりだ。6時にはすっかりお日さまが高くなっていた。

簡単な食事を済ませ、7時半に出発する。

いよいよナラボー平原のラストステージ。緑の草原の中を走ったと思うと、うっそうとした林が現れ、最後には北海道・美瑛を彷彿させる丘の光景が広がる。世界は美しい。風も気持ちいい。

しばらく行くと、対向車線に信じられないモノを見た。

電動車いすが車道を走ってる。

そんなバカな。ここは街中じゃない。人がまったく住まぬ地、ナラボー平原だぞ?

思わず停車する。すると、背後から車がやってきた。サポートカーだった。

なんでも、彼はオーストラリア人で、ハンディキャップを乗り越えるべく、この電動車いすでナラボー平原横断にチャレンジしているのだそうだ。

サポートカーのスタッフがステッカーをくれた。こんなキャッチフレーズが書かれていた

「Keep the DREAM alive Keep on trekking」

夢を生かせ、前を向いて歩き続けよう。

なんだか、ものすごくでっかい勇気をもらった。彼と握手し、お互いの道中の無事と健闘を誓い合った。


kurumaisu-tabi-s.jpg
ステッカーは予備タンクに貼った。つらかったとき、元気をもらったステッカーだ。

さあ、行こう。


出発から3時間半、ようやく町が見えた。Norsemanだ。2日半かけたナラボー平原横断はここで終わった。長かった。ホントに長かった。


さて、Norsemanからパースまでは道が二手に分かれる。1つは北回りで金坑の町・カルグーリーを経由し、内陸沿いに走るルート。ここには奇岩・ウエーブロックがある。もう一つは南回りで、海沿いにパースへ走るルート。風光明媚な観光地が点在している。


ボクは南回りを選択した。北回りは見るべきところがウエーブロックしかないが、ウエーブロックはそれほど、規模が大きくないらしい、というのだ。それに、ボクは海が好きなのだ。

時間はお昼というのはまだ早い。この際、もうちょっと走って昼食にしよう、と思い、ガソリン給油のみで出発。これが失敗だった。

海岸の町・エスペランスまで、町らしい町がなかった。ようやく、遅めの昼食にありつくが、べらぼうに高い。昨日までは長距離の連続だったので、ここで泊まろうと思っていたが、キャラバンパークの値段もメチャクチャ高い。
ここは西海岸の高級リゾート地なのだ。妙に俗化してて、ひなびた港町というイメージはガラガラと崩れ去った。
おまけに銀行も「BOXER DAY」とかで閉まっている。
なので、さらに先へ走ることにし、180キロ先のRavensthorpeまで走った。今日はここまで。


翌29日。ゆっくりおきて午前8時に出発。この辺りの道は、アップダウンあり、ワインディングありで、ここまでの「飽きた」状況にはならない。特にナラボーは、バイクで初めて「居眠り運転」一歩手前だったほどだしなぁ。ほどよい変化は、返って疲れない。車だと「カーステレオ」があるのでさほど、飽きないそうだが。

しばらくは内陸の道を走り、昼過ぎに港町・アルバニーに到着。街ブラし、昼食のハンバーガーを頂く。ちなみに、このアルバニーの郊外にはもろ「ピンクレイク」という湖もあるが、この日は天気が悪く、ピンク色に見えなかった。残念。

アルバニーからデンマークまではまた海の見えない国道1号線を行く。地図上では海が近いのに、そのにおいすらしない。海が見たくなり、デンマークで脇道に入る。Ocean Beachという浜があるようなのでそこを見たくなった。


nanpyouyou-hama-1.jpg
しつこいようだが、南氷洋である。海が青いなぁ…。


さて、4時に出発。国道1号線はこのあと、内陸を北上してパースに向かう。ボクはこのルートに来たからには、南氷洋とインド洋の境目にあたるリーウィン岬に行きたい。なので、国道1号線を外れる必要がある。

国道1号線を外れると、そこにはまるで北海道のような風景が広がっていた。牧場地帯、森林、ワインディング。こういう道は懐かしさすら感じる。カーブがいとおしい。


aus-yamamichi-1.jpg

日が落ちる前にペンバートンという街に着いた。スーパーがまだ開いていたので、ステーキ肉を買い込む。それでも5ドル。やすい。サイドディッシュは野菜をコンソメスープで煮たポトフ風。それにしても、米をガソリンバーナーとコッヘルで炊くコツが完璧につかめてきた。まあ、毎日やってるもんなぁ。


明日はインド洋を拝むはずだ。そして、いよいよ西オーストラリア州の州都、パースにつくはず! てか、年末だぞ。思いっきり。




komelong_01-160.gif続きを読む
posted by こめろんぐ at 22:22 | Comment(2) | TrackBack(0) | 灼熱大陸単車紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月20日

「こんたん」「さしがね」(杉澤和哉著、Nanaブックス)

今回は、いろんな意味でちょっと変わった小説を紹介してみます。


こんたん (Nanaブックス (0061))
こんたん―ザ・エンターテインメント小説 (Nanaブックス (0061)) (Nanaブックス (0061))杉沢 和哉

ナナ・コーポレート・コミュニケーション 2007-11-21
売り上げランキング : 150286

おすすめ平均 star
starとにかく全てが規格外
star破天荒な内容とリズムの良い文章を両方とも味わえる

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
さしがね (0064)) (Nanaブックス (0064))
さしがね―ザ・エンターテインメント小説 (Nanaブックス (0064)) (Nanaブックス (0064))杉沢 和哉

ナナ・コーポレート・コミュニケーション 2007-11-21
売り上げランキング : 124477

おすすめ平均 star
starバカバカしく面白い。そんな小説、そうはない

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


何が変わっているって、まずはその装丁です。縦210ミリ(A5判と同じ)に対し、幅が103ミリ(新書判と同じ)という、超縦長の大きさとなってます。変形判にもほどがある! 本屋さんで「カバーつけてください」と頼んだら「無理です」と断られました(マジ)

それはともかく、この2冊はシリーズもので作者の杉澤君のデビュー作です。(同時出版) 一応、時代小説ということになるんでしょうけど、冒頭にいきなり、こんな注意書きが。


caution!
正統派時代小説を愛する皆様へ
本書は、あなたの正常jな読書経験を阻害する恐れがあります。
おかしいな、と思ったらただちに読むのをやめ、その他のまっとうな時代小説をお読みください。


てか、タバコの下半分か?これは。

まあ、実際のところは、時代小説風にアレンジされた、テンポのよいギャグ小説です。

時は享保、八代将軍徳川吉宗の治世。場所は江戸城下。北町奉行所の定町廻り方同心・舞田(まえだ)慶之進とその仲間たちが、花の大江戸を大いに暴れ回ります。

登場人物、まともな人間がいません。

主人公の舞田慶之進は、超無責任男。同心のクセに昼から酒を飲み、吉原に入り浸り。
サブキャラの杉崎主左介(なんと読むかは本を読んでみましょう)は将軍直属の隠密で剣の達人だが、平和ボケ中。なぜか人妻にモテモテ。
岡っ引きの朋吉は「エロオヤジ」。
生臭坊主の修禅は、「惚れ合えたらただちに結ばれる」という「ほれむすの世」を提唱。
なぜか、街中にお忍びで現れ、奇妙な行動をとる将軍吉宗。

まともな人物は、敵役と町娘だけ。なんつー時代小説だ。

さて、物語の話ですが、

「こんたん」は、「世直し一念党」を名乗る集団による連続辻斬り事件を巡るどたばた活劇。果たして一念党の陰謀の真実とは。そして将軍吉宗の運命はいかに−。

「さしがね」は、江戸で続発する「美女行方不明事件」をめぐる捕り物帖? そこに錯綜する柳生、伊賀の忍びたち。犯人の真の狙いとは何か−。

いずれの話も、そこにラブコメと不条理ものの要素も加わり、随所にちりばめられたテンポのよいギャグで、ぐいぐいと読み手を引きつけてきます。気がつくと大団円だったりして。

正直、おもしろいです。こんなに型破りの時代小説を読んだことがありません。

果たして、秘密奥義「祇園落とし」とは? 秘技「まねき黒子」とは? 

とにかく、いろいろ楽しめるエンターテイメント小説といえるでしょう。正統派時代小説を読みたい人には勧めません。純粋に「読んで楽しいモノ」を求める人にお勧めしたい一冊です。


で、オイラが冒頭、「作者の杉澤君」と書いていたのを覚えていますでしょうか。

実はこの杉澤君、オイラが学生時代、つるんでいたこともある友人だったりします(^_^;

かれこれ15年以上前、釧路で学生をやってたころ、オイラのバイト先にいたのが彼でした。
職場で何となくウマが合い、ちょくちょくつるんでたんです。
そのときから、彼はワープロで小説を書いてましたね。(パソコンが全然普及してなかったころです)
その時も「舞田慶之進もの」でした。だから、オイラには懐かしさすら感じた小説でした。


アキバの本屋さんでもぜひ、売って欲しいです( ̄ー+ ̄)ニヤリッ


komelong_01-160.gif
posted by こめろんぐ at 23:19 | Comment(4) | TrackBack(0) | 気まぐれ読書感想文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月19日

さて、いよいよSA08登場のはずがあああ!

さて、今日19日からスペインのバルセロナテストで始まるF1合同テストで、いよいよスーパーアグリの今年の車・SA08がシェイクダウンされる予定で…した。ところが今朝、こんなニュースが飛び込んで来ました。


SAF1,バルセロナ・テストを取り止め F1News

SUPER AGURI F1 TEAMは,明日に予定していたバルセロナ・テストをキャンセルし,テスト参加を取り止めることを決めた。詳細な理由は分かっていないが,チーム関係者は今回の欠席理由を『我々の置かれた状況ではテスト参加が如何ともしがたくなったため』としている。今回のテストでは,ニューマシンのシェイクダウンのほかに鈴木亜久里代表の会見も予定されていたが,こちらも合わせて中止となる。
なお,チームは翌週にバルセロナ・サーキットで再びテストを行うことを予定しており,その際には2台のマシンを持ち込む意向だ。




工エエェェ(゜Д゜;)ェェエエ工!


アグリさんの会見もナシ…。

「我々の置かれた状況がテスト参加が如何ともしがたくなった」

何なんですか!?これ。

シェイクダウンが出来ないなら、従来通りのRA107もどきでテストを行えばいいわけですよね。
それすら「如何ともしがたい状況」って、どんな状況なんでしょ。


インド資本から「カーティケヤン乗せろ」と言ってきたのか。

それとも、琢磨が風邪ひいた?(爆)



なんか、ますます去年と同じ、いや、去年よりひどい「ぶっつけ本番」予感がしてきました。

しかも、未だにドライバーと契約していない、最悪の状況ですよ。ええ。




頼むぞお! アグリさん!

佐藤琢磨を応援しています!
trt-mini-200-40.jpg aguribanerlogo.jpg aguribarogo.jpg
komelong_01-160.gif

 おまけのニュースに一言。
posted by こめろんぐ at 16:28 | Comment(2) | TrackBack(4) | モースポとバイクと佐藤琢磨と | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月18日

GP2アジアシリーズ第2ラウンド。なんだかひどかったみたいで…。

この週末、吉本大樹くんと小林可夢偉が参戦するGP2アジアシリーズの第2ラウンド(第3戦、第4戦)が、インドネシアのサントゥル・サーキットで行なわれました。

レースは荒れに荒れまくったようです(^_^;

予選でポールを取ったのは、ロシア人ドライバーのヴィタリー・ペトロフ。ちなみに、彼がトップタイムを出したあと、予選は大雨で赤旗中断になったという、幸運な男です。ほかのドライバーは満足にアタックすらできなかったのですから。2番手は吉本君のチームメートのルカ・フィリッピでした。吉本君は13番手、可夢偉は24番手でした。


決勝第一レース(第3戦)は雨こそ降りませんでしたが、2周目でいきなり多重クラッシュが発生。セーフティーカーが入ります。ここで各車はレギュレーションで決められたピット作業を行いますが、2台だけ賭に出た車がいました。ブルーノ・セナと吉本君です!

そして、レースが再開されると、ブルーノと吉本君の2台が異次元の走りをみせます。後続をぐんぐん引き離し、吉本君もブルーノをプッシュし続けます。これで十分なギャップを築き、ピットでも後続に逆転を許さない。これが2人のレースプランでしょう。吉本君は初優勝の目も見えてきました。

しかし、レース中盤でまたもクラッシュ。セーフティーカーが入り、2人のレースプランはパアに。
おまけに、リスタート時にセーフティーカーを追い越したとされ、2台ともドライブスルーペナルティを食らいましたil||li _| ̄|○ il||li

荒れたのはレースだけでなく、路面も大いに荒れたようです。舗装の表面が剥がれ、アスファルトの破片がサーキット内を飛び交う異常事態に。吉本君の車のブレーキダクトにこの破片がつまり、リタイアを余儀なくされました。

92210-gggp2.jpg
ダートのレースじゃないですよね? これはひどい。


F1キンダーガーテンのこの記事によると、吉本君は
「このコースでGP2は少々無理があります。アスファルトが簡単に剥がれて、その破片がマシンやヘルメット、それにステアを切ったときには
手に当たって、車は壊れるは塗装は剥がれるは、痛いわ。こんな経験は初めてです。今回新しく仕上げてもらったヘルメットは次戦にお預けです」
と語ったそうです。おいおいおいおい。

さらに、別記事によると

小林可夢偉のマシンは、フロントウィグ先端はデコボコ、アンダーカウル先端には穴があくありさまだった。しかし、これでも小林可夢偉のマシンはまだいい方
で、ブエミのマシンのフロントウィグは、先端のカーボンファイバーに穴があき、白い発泡スチロールが飛び出していたという。


確か、インドネシアってf1誘致してなかったっけ? ルノーの4リッターV8エンジンでトルクが太いとはいえ、こんなので舗装が剥げたら、F1なんてとてもとても…。

結局、このレースは、吉本君のチームメートのフィリッピが先頭でゴール。しかし、フィリッピが吉本君のタイヤを使ったことが分かり、失格に。優勝はセバスチャン・ブエミとなりました。

26台出走で完走9台。荒れすぎでしょ。このレース。

第2レース(第4戦)でも、日本人2人は見るべきところがなかったようです。
昨年の富士でのF1と同じく、完全ウエットレースの決勝だったため、セーフティーカーでのスタート。クラッシュが続出し、セーフティーかアー無しで走ったのはほんの数周だったとか。

優勝はファイルーズ・ファウジー。2位に僅差でブルーノ・セナが入りました。吉本君は痛恨のノーポイント。次戦に雪辱を期します。可夢偉は…どしたの? 全然ダメポ。

GP2アジアシリーズ第3ラウンドは来月23日で、F1マレーシアGPのサポートレースとして行われます。

吉本君! F1関係者に走りを見せるチャンスでっせ!


参考記事
レース1 トップのフィリッピが失格でブエミが優勝 GPUpdate.net
レース2 ファウジーが優勝 GPUpdate.net
GP2アジア第2大会の大荒れ路面 F1キンダーガーテン
インドネシアの“舗装弾”続報 F1キンダーガーテン


佐藤琢磨を応援しています!
trt-mini-200-40.jpg aguribanerlogo.jpg aguribarogo.jpg
komelong_01-160.gif
posted by こめろんぐ at 15:48 | Comment(4) | TrackBack(0) | モースポとバイクと佐藤琢磨と | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月17日

うおんてっど!

ども。雪かきでクタクタになっているこめろんぐです。

なのに、またまた、面白いものを発見しました。

うそこさんから出た、その名も「ウォンテッドメーカー」。例によって、使い方は名前を入れて「ぽちっとな」だけ。


さて、「こめろんぐの指名手配書」を作ってみましたが…












%A4%B3%A4%E1%A4%ED%A4%F3%A4%B0.gif




か、可愛い友達!? だれのことを指してるんだろう…心当たりのある人、手を挙げて!(^_^;



ちなみに、本名でやったら、えらいことになりました。



























%CA%C6%CE%D3%C0%E9%C0%B2.gif





し、知らん! 冤罪だぁぁぁぁ!


しかも、だれのを、だ…il||li _| ̄|○ il||li


まあ、私は冤罪で逃亡することになったわけですが(爆)、皆さんはどんな罪になるでしょうか?( ̄ー+ ̄)ニヤリッ


(折りたたみに、guwaさんのところでやってた「恋愛インタビュアー」をやってみたので、その結果も載せていますv(*゚ー゚*)v)

komelong_01-160.gif折りたたみは、ここをぽちっとな!
posted by こめろんぐ at 17:56 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記なのか? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月16日

雪多すぎ。どうなってるの、これ。

2月になってから、わが家の近くでは半端なく雪が降ってます。

今までは、1月までどどーっと降って、2月はぴたっと止み、ひたすら寒いだけというのが定番だったんです。
まあ、一昨年辺りから「暖冬」傾向で、2月に雨が降ることも珍しくなかったのですが、今年は一転、ものすごく厳しい冬です。

ウチの回りなんか、普通に吹雪いてて、道行く人々はみんな、黒岩五郎の格好です。雪かきしてても、頭をよぎるのはさだまさしのあの歌。


で、うちのウッドデッキなんか…


KICX9204.JPG


こんなんなりました。

手前に3段の階段があるんですよ。ホントは。
写真真っ正面にはテーブルと椅子があるんです。ホントは。


完全に地面と一体化しました(爆)


反対側から見ると…

KICX9207.JPG


この角度だと通常は、階段と地面が見えるはずなのですが…、なだらかな丘になっちゃいました(爆)

柵の上にこんもり雪があるのは、この柵に物干し竿をセッティングしてあったからです。

冬になる前にたたむのを忘れてました。これで一雨来たら、この物干し竿はバッキリ折れるでしょうね…。失敗した。ここまでなると、雪が深すぎて近づけないですハイ。吹きだまりになったせいもあるでしょうが、このウッドデッキ付近で積雪量は1メートルを超えています。かんじき履かないと無理…。



KICX9209.JPG


庭も完全に雪に埋もれました。氷の滑り台もこうなると掘り出せません…。


で、雪かきはせっせとやってもやっても追いつかない…。それは道路も同じのようでした。

本日は休日出勤(’しかも夜勤)なんですが、深い雪を警戒して長靴で出動したんですが、ところどころ腰まである吹きだまりを漕いでいく羽目に…(歩道ですよ) もう、ズボンはずぶぬれですil||li _| ̄|○ il||li


さて、夜勤が終わってウチに帰ったら、また腰まであるような雪にうんざりするのかなぁ…


komelong_01-160.gif
 おまけの「もうあきれ果てた」
posted by こめろんぐ at 21:07 | Comment(3) | TrackBack(1) | 日記なのか? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月15日

ヘレステストが終了。いろんなことがありましたなぁ…。

さて、スーパーアグリが活動を再開したF1ヘレステストが終了しました。

昨日の結果を紹介します。


ヘレス* - 02/14/2008
1. ヘイキ・コバライネン - マクラーレン・メルセデスMP4-23 - 1:17.974(+0.000) - 96周
2. デビッド・クルサード - レッドブル・ルノーRB4 - 1:18.485(+0.511) - 107周
3. 中嶋一貴 - ウィリアムズ・トヨタFW30 - 1:19.117(+1.143) - 90周
4. ルイス・ハミルトン - マクラーレン・メルセデスMP4-23 - 1:19.429(+1.455) - 83周
5. ロバート・クビサ - BMWザウバーF1.08 - 1:19.535(+1.561) - 129周
6. セバスチャン・ベッテル - トロ・ロッソ・フェラーリSTR2B - 1:19.688(+1.714) - 53周
7. ネルソン・ピケJr. - ルノーR28 - 1:19.817(+1.843) - 134周
8. セバスチャン・ボーデ - トロ・ロッソ・フェラーリSTR2B - 1:19.848(+1.874) - 101周
9. ニック・ハイドフェルド - BMWザウバーF1.08 - 1:19.934(+1.960) - 116周
10. マーク・ウェバー - レッドブル・ルノーRB4 - 1:19.980(+2.006) - 107周
11. ジャンカルロ・フィジケラ - フォース・インディア・フェラーリVJM01 - 1:20.669(+2.695) - 89周
12. ジェンソン・バトン - Honda RA108 - 1:20.988(+3.014) - 121周
13. アンソニー・デビッドソン - SUPER AGURI Honda SA07 - 1:21.010(+3.036) - 103周
14. ニコ・ヒュルケンベルグ - ウィリアムズ・トヨタFW30 - 1:21.116(+3.142) - 71周
15. ルーカス・ディ・グラッシ - ルノーR28 - 1:21.286(+3.312) - 73周
16. アレキサンダー・ブルツ - Honda RA108 - 1:21.605(+3.631) - 103周
* タイムリザルトはヘレス・サーキットより。


このテストでもっとも光っていたのは、やっぱウィリアムズの中嶋一貴でしょうね。両日とも3番手タイムは立派の一言です。

92061kazuki.jpg

しかも、何がすごいって、ピケJrをずっと上回ったってことですよ!

オヤジさんは、ネルソン・ピケになかなか勝てなかったんです。当時、ピケは3回もワールドチャンプを獲ったドライバーでしたからね。ロータス時代、中嶋がピケに勝ったといえば大事ですよ!

親のカタキを子が取ったのかどうか、とにかく痛快な出来事には間違いありません。

もっとも、カズキは昨年もテストドライブをずっとやってきてるので、こうしたテストランは慣れた環境です。果たしてレース本番ではどうかな? テストでマシンの良さはよくわかりました。(トラブルもまだあるようですが)。あとは本人の腕と度胸が試されるわけです。開幕の楽しみの1つですね。


それにしても、驚いたのが、レッドブルの変なエンジンカウル?です。



91989redbul-henna.jpg

何? この背びれ。

まあ、マクラーレンが前につけてた「バイキングウイング」と似た効果があるんでしょうか。実際、タイムが出ているので(前日はマーク・ウェーバーがトップタイム、この日もクルサードが2番手)、ひょっとするとこれをマネするチームが出てきても不思議ではないですね。マクラーレンが最初にやった「ブリッジウィング」もあっという間に流行しましたし。

この背びれ、広告場所としてはかなりいけてると思いますが…あ、スーパーアグリさん! まさか(爆)

てか、横風吹いたら吹っ飛ばされそうな気がするのは私だけでしょうか。


そうそう、マクラーレンも変なモノを試してました。



92132mcler-whoile.jpg


そう、フェラーリと同じ、「止まったホイールカバー」です。フェラーリよりも口径は大きいようですね。リムまで完全に隠れてます。

これ、どういう原理で止まってるんでしょう。よくわかりません。ここに広告を入れようと思ったら(以下略)

マクラーレンで走るコヴァライネンというのが、まだ今イチ、ピンとこないのですが…。だって一年前はルノーの秘蔵っ子で、






http://komelong.up.seesaa.net/image/0318221501_11.jpg


こんな紹介をされていたのに…。この二人がチームメートになるとはねぇ…。



さて、我らがスーパーアグリですが、この日はアンソニー君が「RA107もどき」をドライブし、そこそこのタイムにまとめました。

それにしても、本家HONDAさん…


レギュラードライバーが2人ガンクビを並べて、旧型車とどっこいのタイムってどうよ?


今年もダメなんでしょうか。ロス・ブラウンの手によるマシンは来季からとはいえ、ちょっとひどすぎ。


そのHONDAは21日に今シーズンの活動発表を行うことになっていますが…


SAF1,ホンダ会見にドライバー同行させず F1NEWS

今月21日,ホンダは都内にて今シーズンのモータースポーツ活動報告会見を開催するが,同会見に参加予定のSUPER AGURI F1 TEAMからはドライバー達は出席せず,鈴木亜久里代表のみが出席する見込みとなった。SUPER AGURI F1 TEAMは未だにドライバー・ラインナップを決めておらず,参加させるドライバーがいないために代表のみとなる。
なお,ホンダからはJ・バトンとR・バリチェロが参加し,今シーズンに向けた抱負を明らかにする。







…をい。


この期に及んで、まだ「ドライバーが決まってない」ってどうよ? もう、2人でテストを走り込んでいるというのに。

インド資本を入れた暁に、インドカレー1号を乗せるの?そうなると、ピンチなのはアンソニー君ですな。

まさか、琢磨を下ろすことはないでしょう。うんうん。

その琢磨ですが、ヘレスでautosport.comの取材に答え、以下のようにコメントしたそうです。(ソース:F1通信さんのこのエントリ

「でも僕たちはこれまでの数年間いろいろな困難を乗り越えてきました。このチームは過去数週間の遅れを取り戻すことができると思います。次のテストはうまく行ってほしいですね」
「望んでいた冬季テストプログラムを始めることができず、かなりイライラしました。でもチームはすべてを用意するためにとても頑張っています。このチャレンジに立ち向かう用意はできています」
「僕らは常にマイナスをプラスにしてきました。できれば、次のテストではメルボルン向けに何か見つけたいですね」


ここまで琢磨が言っている以上、琢磨を載せないということはないよね? アグリさん!


それにしても、ほんっっっっとに琢磨ってポジティブだなぁ。こんな状況なのに。

こんな状況だからこそ、とことん前向きな思考で活路を見いだそうとしているんでしょうね。

だからこそ、応援のしがいがあるってもんです。ハイ。


佐藤琢磨を応援しています!
trt-mini-200-40.jpg aguribanerlogo.jpg aguribarogo.jpg
komelong_01-160.gif
posted by こめろんぐ at 15:23 | Comment(6) | TrackBack(3) | モースポとバイクと佐藤琢磨と | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月13日

琢磨、ヘレスで再起動! しかし…

スペインのヘレスサーキットで行われているF1冬季合同テストに、我らがスーパーアグリが久々に参加。エースの佐藤琢磨がステアリングを握り、主に「2008年式標準ECU」の特性把握や、複数のシャーシセットアップにチャレンジしたとか。

F1 Live.comさんにリポートが出てましたが…他のサイトはまだですねぇ…。

初日のタイムは以下の通りです。

ヘレス* - 02/12/2008
1. ルイス・ハミルトン - マクラーレン・メルセデスMP4-23 - 1:19.102(+0.000) - 89周
2. ペドロ・デ・ラ・ロサ - マクラーレン・メルセデスMP4-23 - 1:19.287(+0.185) - 88周
3. ロバート・クビサ - BMWザウバーF1.08 - 1:19.539(+0.437) - 91周
4. 中嶋一貴 - ウィリアムズ・トヨタFW30 - 1:19.601(+0.499) - 93周
5. ネルソン・ピケJr. - ルノーR28 - 1:19.660(+0.558) - 120周
6. ニック・ハイドフェルド - BMWザウバーF1.08 - 1:19.958(+0.856) - 94周
7. マーク・ウェバー - レッドブル・ルノーRB4 - 1:20.013(+0.911) - 113周
8. ニコ・ロズベルグ - ウィリアムズ・トヨタFW30 - 1:20.029(+0.927) - 125周
9. セバスチャン・ベッテル - トロ・ロッソ・フェラーリSTR2B - 1:20.105(+1.003) - 53周
10. デビッド・クルサード - レッドブル・ルノーRB4 - 1:20.176(+1.074) - 111周
11. セバスチャン・ボーデ - トロ・ロッソ・フェラーリSTR2B - 1:20.418(+1.316) - 71周
12. ルーベンス・バリチェロ - Honda RA108 - 1:21.133(+2.031) - 71周
13. ルーカス・ディ・グラッシ - ルノーR28 - 1:21.200(+2.098) - 92周
14. 佐藤琢磨 - SUPER AGURI Honda SA07 - 1:21.400(+2.298) - 90周
15. ビタントニオ・リウッツィ - フォース・インディア・フェラーリVJM01 - 1:21.553(+2.451) - 103周
16. アレキサンダー・ブルツ - Honda RA108 - 1:21.950(+2.848) - 86周
* タイムリザルトはヘレス・サーキットより。


さて、琢磨公式サイトで琢磨自身が

「これからへレスに向けて出発します。
今季初のテストですが、これから3週間連続で行います。
開幕まで1ヶ月と迫ってしまったけど、

できるだけのことはやって行きたいと思います。

それでは行ってきます!」

とメッセージを残すほど意気込んで乗り込んだヘレス。事前に「スーパーアグリの新車SA08がクラッシュテストに合格!」というニュースも流れ、今シーズンをようやく、まともな形でスタートできると思ったのは、オイラだけではないはず。(参考ニュース;GPUpdate.netなど)

で、今回のテストでスーパーアグリが持ち込んだのは、SA07B…





sato-test-z-16_120208.jpg






…てか、RA107もどきじゃん…






91994takumausson.jpg


Σ( ̄ロ ̄lll) ガーン
(写真とテキストは無関係です。爆)


昨年のこの時期、スーパーアグリがテストしてたのが、RA106=栃研仕様でした。これがほぼ、そのままSA07になったわけです。

この時期にこれを持ってくるということは…やっぱSA08の正体は…


タイムも平凡ですしねぇ…。トップ3に食い込んでいた昨季とはエライ違いです。
あ、本家のヴルツはん、もっとダメでしたかそうでしたか(爆)

まあ、そこは割り切って、ここでマシンの熟成度を高め、こんなボロマシンであっても「戦える」セッティングを見つけてほしいものです。
このチームと琢磨になら、それができるはず!


来週の新車発表をワクワクしながら待とうと思ったら…


SAF1,新車発表会を延期 F1News

SUPER AGURI F1 TEAMはリリースを発表し,今月19日に予定していた新車発表会を延期することを決めた。当日は鈴木亜久里代表とM・プレストンが会見の時間を設け,プレスとのミーティングを行う。最終的なドライバー体制発表やカラーリングについては開幕直前まで掛かる見込みだ。
なお,
ニューマシン自体は19日のバルセロナ・サーキットに持ち込まれ,シェイクダウンが行われる予定となっている。




…を〜い。



この期に及んで、まだドライバーとの正式契約を交わしていないの?大丈夫か?

未だにインド企業の買収話とか、借金?の話とか、インドの力のイチャモンとかいろいろありますが…


これじゃ、去年と同じパターン? いや、去年より悪い?










91996takumaonegai.jpg


頼みますよ!アグリさん!!





佐藤琢磨を応援しています!
trt-mini-200-40.jpg aguribanerlogo.jpg aguribarogo.jpg
komelong_01-160.gif
posted by こめろんぐ at 16:42 | Comment(0) | TrackBack(5) | モースポとバイクと佐藤琢磨と | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

これがホントの雪上自転車。その名は「Ktrak(ケイトラック)」

さて、この週末は法事もかねてお出かけし、ゲレンデで遊んできました。
といっても、オイラはいつものように、スノーモトで目いっぱい遊んできました(^^)v

緩斜面でバックで滑る練習や、くるっと一回転する練習もしてみましたが、なかなかうまくいかないものです。
結構すっ転びました(^_^;

周りを見回してみると、オイラのあとのモデルのスノーモトも増えてますし、座席のないスノースクートもよく見かけます。この「雪上自転車(下り専用)」はすっかり、ゲレンデでの市民権を得たようですね(と勝手に断定)。


で、また見つけました。これぞ「The 雪上自転車」と呼ぶにふさわしいシロモノです。


その名は、「Ktrak」(ケイトラック)


決して軽トラではありません(爆)


どういうものかというと…

ktrak-1.jpg


これは普通の自転車(マウンテンバイク)。これにKtrakを取り付けると…















ktrak-2.jpg





こうなります!


前輪をモノスキーに取り替え、後輪をキャタピラーに!(足こぎはそのまま)

しかも、ちゃんと6段変速機は生きたままになるんだそうです。キャタピラーは幅5センチ、接地面は長さ40センチ以上。通常の自転車の2・5倍のトラクションを得られるとか。

こりゃすげえ…。

うちのような雪国では、マジでこれ、乗れますって。だって、今でも家の前の道路、全面圧雪アイスバーンで、ゲレンデ状態ですもん。トラクションが2・5倍なら空回りもしないでしょうし、ブレーキも抜群に利くはず。冬季の自転車にスパイクタイヤを履かせて乗っている人もいますが、こっちの方がはるかに安全に走れそう。

今のところ、26インチのマウンテンバイク(並びに29インチディスクブレーキ車)に対応したモデルがあります。それ以外のサイズも開発中だとか。


これ、動画もありました。YouTubeのを拝借…
http://jp.youtube.com/watch?v=HP4VwaD7rd4


すっげぇ楽しそう!

さて気になるお値段ですが、発売元のKtrak cycle社のサイトによると、前後コンプリートキットが399米ドル。リアのキャタピラのみで349米ドル。フロントのスキーのみで109米ドルだそう。これ、海外発送してくれないのかなぁ…。



と思ったら、日本でこいつを輸入販売する店が登場しました。


ただし…



前後コンプリートキットが84000円!(今だけ70000円)
後部キャタピラーのみで75000円!
フロントスキーのみで26000円!

と、少々高すぎるような価格設定に…。

関税とか輸送費用とかがあるとはいえ、原価の倍ってどんだけー!


これ、原価で誰か譲ってくれませんかねえ(爆)
ゲレンデで遊ぶのはさすがに無理ですが、マジでほしいかも。ああああ、物欲が(^_^;


komelong_01-160.gif

 おまけのスゲエ映像
posted by こめろんぐ at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | ニュースに一言! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月12日

田中将大 ヒーローのすべて(黒田伸著、北海道新聞社)=ちょっと追記

ハイ。全国的には人気。東北以北では超大人気。ご存じ、田中マー君の本です。
1400円にしては出来がいい。田中君ファン必見です。

田中将大 ヒーローのすべて
田中将大ヒーローのすべて黒田 伸

おすすめ平均
starsとてもおもしろかったです

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

グラビアページでは、甲子園で吠える田中君だけでなく(オイラはあえて、マー君とは呼びません。だって、甲子園の時から「田中君」なので)、リトルリーグ「宝塚ボーイズ」の頃の、キャッチャー姿の田中君、もっとチビっ子の頃のバットを振り回す田中君など、秘蔵写真がたっぷりです。子供の頃からあんな顔だったんですね。田中君。

著者の黒田さんは北海道新聞の記者です。高校時代からずっと追っかけて取材をしてきた、その目線で田中君のこれまでの野球人生を描いています。

関西在住なのに巨人ファンだった幼少期。宝塚ボーイズで培った負けん気、そして偶然に決まった駒大苫小牧への進学、そして甲子園での活躍と名勝負、栄光とどん底。「楽天社長、空気読め」ドラフト(爆)、そしてプロ野球新人王獲得…。

田中君の必殺・高速スライダーの誕生秘話は、関西人には意外な話かも(^_^;

やはり圧巻なのは、あの夏の甲子園決勝戦の場面。高熱を押して甲子園を戦い抜いてきた田中君と、前年の神宮大会での完敗の雪辱を期して勝ち上がってきたハンカチ・斎藤。力と力、気迫と気迫のぶつかり合い。あのときの息詰まる接戦が甦ってきます。

意外な事実も。ドラフト前日の寮のおばちゃんとのやりとり。「ホントに入りたい球団をこの色紙に書きなさい」と聞くおばちゃんが差し出した色紙に、田中君は「巨人」と書いたとか。この色紙は封印されているそうですが…。「日ハム」って言ってほしかったなぁ…。

これ以外にも、随所に「田中君裏話」が満載。特に、甲子園での「ハンカチ・斎藤がスクイズを読んで外したとされるあのワンバウンド投球」についての、スポーツライター木村修一さん(故人)とのやりとりはおもしろい!

また、あの夏の駒苫快進撃に感激した人は覚えているだろう3人の、現在の写真が掲載され、甲子園ファンには涙ものかも。2004年夏のイケメンキャプテン・佐々木君、2005年夏のサイクル安打男・林君、2006年夏の主将にしてハンカチ・斎藤のもう一人のライバル・本間君。特に亜細亜大に進学した本間君がやせててワロタ。

続きはぜひ読んでみてほしいと思います。

それにしても、田中君は指導者に極めて恵まれていたようです。

小学校時代の少年野球チーム監督は元甲子園球児。
中学時代に所属した「宝塚ボーイズ」の監督は、元イチローのバッティング投手。
駒大苫小牧高校では高校野球ファンにその名を知られる香田誉士史さん。
そして、プロ野球・楽天で野村克也さん。

才能や努力だけでなく、指導者に恵まれた運も、田中君に備わった天性のものだったんでしょうね。


さて、この本は3つの視点から描かれています。これがまたおもしろい。

1つは新聞記者として事実を描いた部分。2つ目はスポーツライターとしての思い入れを書いた部分、最後の1つは「一ファン」としての視点です。著者の黒田さん、相当な田中君ファンなのが分かります。

この3つの視点が、田中君の呼称で見事に使い分けられているのです。

1つめの視点では「田中」「田中将大」と呼んでいます。
2つめの視点では「将大」と呼びます。
最後の視点では「マー君」とあえて表記しています。

全体を通じては、どういう視点で書かれているのか。冒頭の文章がすべてを語っています。

「札幌・円山球場の
 阪神・甲子園球場の
 仙台・宮城球場の
 世代から新世代の
 ヒーローになった
 そんな、マー君の物語」


<追記>ちょっと残念なのは、おそらくもっとも彼に影響を与えたであろう、駒苫の香田さんのインタビューがなかったこと、2006年秋の国体でのエピソードがなかったことくらいでしょうか。

それ以外はもう、お腹いっぱい。高校野球ファン、田中君ファンはきっと幸せになれる本です。

komelong_01-160.gif
posted by こめろんぐ at 11:30 | Comment(2) | TrackBack(1) | 気まぐれ読書感想文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月11日

WRCに新しい風! ラトバラが22歳で史上最年少V!(追記あり)

そういや、当ブログで書くのを忘れてましたが、今年のWRCは既に開幕しています。
開幕戦・モンテカルロで「WRCのシューマッハ」と化したセバスチャン・ローブがダントツ優勝したので、今年も強いのかなーと思ったら、第二戦のスウェディッシュで驚異の新星が現れました。



ヤリマティ・ラトバラ。フィンランド出身なのに「ネン」じゃない(爆)。一昨年はスバルから、昨年はフォードからP−WRCに参戦し、新井さんたちと熾烈な首位争いをしていた選手です。2006年オーストラリアラリーでP−WRC初優勝。フォードに移籍した昨年はP−WRC総合8位でした。フォードのベテラン・グロンフォルム引退に伴い、WRCへのステップアップを果たしました。

ちなみに、フォードのエース、ミッコ・ヒルボネンも元スバル、フィンランドドライバーです。
22歳での初優勝はスゴイの一言。F1最年少優勝のハミ君はトップチームからですが、ラトバラは2番手チームからです。大したモンです。

それにしても、F1といいWRCといい、若手の超新星が次々と現れてますなぁ。
それで、レースがおもしろくなるならなおヨシです!



今回はフォード勢が1,2,3を独占。スバルのペター・ソルベルグが4位に入りました。シトロエン勢よりペターが先着したことにちょっと驚きも。まあ、シトロエン勢は文字通り、大ゴケしまくった結果でもあるんですが(爆)

スバルは今年序盤を旧型インプで戦い、中盤で新型のハッチバックを導入予定です。ここ2年は不振のスバル。今季はF1をあきらめたデビッド・リチャーズも戻ってきますし(爆)、新型での巻き返しも要チェックですよ!

で、今回のスウェディッシュで新井さんがP-WRCに新型インプを持ち込み、総合6位。さて、WRC仕様はどのタイミングで、どの程度の熟成を経て投入されるのか。楽しみではあります。

スバルさん、たのんまっせ!


<追記>
AUTOSPORT WEBのこの記事(ログイン必要)によると、ペターは苦しんだ末での4位だったようですね。一部を引用しますと…

総合4位は、ラトバラから2分59秒4遅れでペター・ソルベルグ(スバル・インプレッサWRC2007)。デイ3ではSS15と19でセカンドベストタイムを刻むも、ラリーを通してマシンに自信を持てないまま戦い続けた。現在ソルベルグは、ガリと同点の9ポイントでドライバー選手権4位につけている。


タイム差はボロボロではないにせよ、タダでさえ不安定な旧型ですからねえ…。


早く新型マシンをぷりーず! スバルさん!

komelong_01-160.gif

posted by こめろんぐ at 12:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | モースポとバイクと佐藤琢磨と | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月09日

うひゃあああ。オイラも涙目(爆)「燃費向上グッズ」に排除命令

まあ、やっぱりとは思いましたけどね。世の中にあふれてる「燃費向上グッズ」に公取のメスが入りました。

朝日新聞のこの記事などによると…19社に「燃費アップ」などの表示の停止や再発防止を求める排除命令を出したそうです。理由は


 公取委によると、これらの商品はカー用品店や通信販売などで売られ、「マイナスイオン」や「セラミック鉱石」「磁石」などの作用によって、燃費が向上すると表記されていた。
 公取委は、各社に根拠となる資料の提出を求め、複数の専門家から意見を聞くなどして調べていた。その結果、各社から出された試験データの走行条件が不明だったり、原理について検証可能で合理的な説明がなかったりしたため、不当表示と判断した。
(中略)
 これらの商品は「マイナスイオンの力」「電磁波」など科学用語を多用している。大阪大学の菊池誠教授(物理学)は「科学的に全く無意味な表記。消費者は、商品の効果を科学的に確認するすべがない。メーカー側が表示の根拠を示し、効果を証明しなければならない」と話している。


だそうで。

で、その記事に、排除命令が出たグッズの一覧表が載ってるんですが…。


オイラのレガシィに入れた「ランナップ」もしっかりと入ってたil||li _| ̄|○ il||li


まあ、商品説明には、燃料の何かをそろえることにより、燃費1−4割アップ、馬力もトルクもアップ、排ガスもクリーンに、とありました。オイラのレガシィの燃費の悪さは想像以上だったもので、気の迷いもあったのだと思います。

http://www.youneeds.com/runup_top.htm などに商品説明は出ていますが…なんか、冷静に考えると「ねえよ!」とか思えるんですが。うっかり買っちゃったんですよねぇ…某黄色の店で。


オイラのレガシィには全然、効果がありませんでした。燃費もパワーもトルクも。

まあ、壊れもしないので、入れっぱなしにしてましたけどね。

冷却水に入れれば燃費アップとか、シガーライターソケットに刺すだけでOKとか、常識ではあり得ないですよねぇ…。そういうのには手を出さなかったんですが…ランナップはうっかり、手を出しちゃいました。反省してます。ハイ。

それにしても、累計売り上げ20億ですって。すごいわ。みんな、燃費を少しでも安くしたいのね…。


komelong_01-160.gif
posted by こめろんぐ at 12:50 | Comment(5) | TrackBack(2) | ニュースに一言! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。