2008年06月29日

室伏広治のWikiがすごすぎる

今日まで、陸上の日本選手権が川崎市の等々力陸上競技場で行われていました。

この大会は北京五輪の選考会も兼ねて開催されており、「優勝」と「参加標準記録A突破」を果たせば無条件で日本代表に内定したわけですが…。

この大会に出場した選手の中で、当該種目ですでに五輪代表を内定していた選手もいます。その一人が男子ハンマー投げの室伏広治。まあ、当然のことなんですが、今回も楽勝で14連覇を達成。もう、向かうところ敵無しです。

彼の記録ってどれくらいなんだろうと思って、Wikipediaを調べてみたら、記録よりもすごいことがいろいろ書かれててビックリしましたよ。

室伏広治、とんでもない超人でしたよ(爆)

室伏 広治 Wikipedia

一部を抜粋しますと…まず冒頭で、

アテネオリンピックの男子ハンマー投金メダリスト。陸上・投擲種目で金メダルを取ったのはアジア史上初。 身長187cm。体重99kg。握力100kg以上(計測不能)

のっけから「計測不能」って一体…。


で、続いての「身体能力」の項目で、室伏の隠された超人ぶりが明らかに!


身体能力
100m10秒台、立ち幅跳びでは360cm以上を飛ぶ人間離れした瞬発力を持つ。

ちょ、ちょっと待て!100メートル10秒台って、ちょっと練習すれば末続並みじゃないか! 末続は200の選手だけど。
で、立ち幅跳び3.6メートルって…、この種目の公式世界記録は3m47cmなんですが(爆)
人間離れっていうにもほどがある!


(高校2年生のときには既に体力測定で立ち幅跳び327cm、30m走は3秒79、立三段跳10m10cm、立五段跳17m06cmを記録している。)

…あのー、なんでこの記録を持ってて、本職がハンマー投げなんでしょうか…。高校生の時点ですよ。
普通に幅跳びとか100メートル走でもオリンピックねらえるレベルです。


高校時代、初体験のやり投で国体2位になる。初めてやり投に挑戦する際は、小石を数回投げて勘をつかみ本番に挑んでいたとジャンクスポーツで照英が語っていた。

おい! 初体験のやり投げで2位って…。そういえば、そのときにやり投げのコツを教えたのが照英で、室伏はその照英を上回る結果を出したという話もあるそうです…。


長野五輪前、東京ボブスレー・リュージュ連盟が選手発掘のために行った運動能力テストに参加しズバ抜けた成績を叩き出し、日本代表候補に選ばれる。(後にハンマー投へ集中するために辞退)


…開いた口がふさがらないとはこのこと。

確か、リュージュやボブスレーは瞬発力とバランス感覚が重要とされるようですが、それで「素質」のみで日本代表候補って…。そのまま出てれば、マジでメダル取れたんじゃないの?(爆)確か、冬季五輪のソリ種目で日本のメダルは一つもないはず。


TBS系列放送のスポーツマンNo.1決定戦で2002年の総合No.1に輝いた。競技の1つ、砲丸投やハンマー投の五輪メダリスト達も参加した『ザ・ガロンスロー』では世界記録8m25cmを持つ。また彼はこの2002年大会で、パワーだけでなく抜群のスピードを発揮。スピード系競技であるビーチフラッグスでは、上位経験者のスピード自慢が揃う中でダイブもせずに種目No.1を勝ち取り、ショットガンタッチでは12m90cmという記録を作る。

だ、ダイブもせずに…並み居るスピード自慢を子供扱い…。あの体で、なんという運動神経なんでしょうか。


モンスターボックス(跳び箱)では18段を越えるなどの活躍をした。

あのー、何メートルあるんですか?それ。

で、室伏のすごいのは陸上とか身体能力だけじゃないです。野球でもこんな話が…


2004年11月12日の日米野球の始球式では、当日まで投球練習はしていなかったが、129km/hを計測。 2回目の2005年4月5日のプロ野球横浜-巨人戦の始球式では131km/hを計測した。この時の打者は室伏と交友関係のある仁志敏久(当時巨人)だった。球筋は二回ともストライクで、コントロールも抜群であった。


練習しないで130キロ弱って…。

プロでも120そこそこの人がいるのに。てか、素人なら打てませんって。そんなタマ。短距離走も早いし、草野球最強の助っ人?(爆) いえいえ、星野ジャパンでクローザーに使ってもいいんじゃないですか
(爆)


ただし、マラソンなどの長距離走は苦手で、学校のマラソン大会でもスタート直後は断トツだったが、いつもゴールする頃には殆どビリであった。


ようやく人間らしいエピソードが出てきました(爆)
てか、長距離走以外での超人ぶりがすさまじすぎる…。


その他のエピソードも面白いですよ。


漫画家のさいとう・たかをは、今新しく実写映画化するのであれば、ゴルゴ13役は室伏広治以外にいないと言っている


確かに(爆)


血筋といい、身体能力といい、リアルゴルゴそのものですわ。
しかも、(これがもとでバラエティー番組の企画で室伏がゴルゴ13の格好を実際にした事が有る、本人も御満悦の様子)という注釈まで付いてたりしますし。引退後の最初の仕事は、いきなり映画主演?


格闘技好きでもある。

…レスリングの選手よりも筋骨隆々ですもんねぇ…。体重制限ででられないと思いますが、柔道100キロ超級なら、あるいは(爆)

これだけの身体能力を持ちながら、筋肉バカではないのが室伏のすごさです。


現在はミズノ所属(同時に中京大学大学院体育学研究科に研究生として在学中)。博士号取得。研究テーマは「ハンマー頭部の加速についてのバイオメカニクス的考察」。

…人間離れしたとてつもない身体能力に優れた頭脳、非凡な運動センス…。



もう、陸上の短距離種目と投擲種目の全種目と幅跳びに、「室伏広治」をエントリさせても良いんじゃないでしょうか(爆) あと野球と。


日本のメダルの数が北京では予想を下回るんじゃないかといわれていますが、室伏をいろんな種目に出せば、2つか3つ増えるのではないか。ハンマー投げ1つじゃもったいない! そんな気がしてなりません。


komelong_01-160.gif
posted by こめろんぐ at 21:02 | Comment(6) | TrackBack(0) | ニュースに一言! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月26日

憧れ女性ちぇっく

またまた、面白いものを見つけました。

名付けて憧れ女性チェックだそうです。

女性が調べられる「憧れ男性チェック」というのもあります( ̄ー+ ̄)ニヤリッ


いくつかの設問に答えるのですが、早速やってみました。








こめろんぐさんの好みのタイプの女性を診断しました。


まず、ロリコン属性評価ですが、こめろんぐさんの場合ちょっとだけロリコン傾向にあるようです。可愛い感じが好みですか?

次に知的属性評価ですが、割と知的な女性が好みなようです。学校の先生に憧れたり、上司の女性に憧れる傾向があります。

そして、かなり明るい女性が好みなようです。服装も割と派手な感じが好きな傾向があります。

女性の胸に関しては、まあそんなにはこだわりは無いようです。あればあったで良いけど、無くても全然問題ないと言った感じでしょうか。

さて、見た目からみた性格的な傾向ですが、相当優しい女性が好きなようです。女性に優しくしてもらうことしか考えていません。

外見的な部分で言うと、女性の身長にはほとんどこだわりはなく、高くても低くても自分より小さければ良いようです。

長めの髪が好みなようです。風に揺れる長い髪が好きなタイプです。

そんなあなたにピッタリなアイドルは・・・?



1位:蒼井優 (スコア268.3点)

2位:市川由衣 (スコア266.3点)

3位:皆藤愛子 (スコア265.1点)






…やべぇ…




完全に大当たり(爆)



一つだけ外れてるのは「学校の先生に憧れたり、上司の女性に憧れる傾向」という点ですね。

オイラは先生は苦手です(^_^; 上司の女性でいい人に巡り会ったことがありません(^_^;

ああ、長い黒髪の美女に憧れる…。オイラ、日本人だなぁ...( = =)トオイメ




で、えーっと、で、現在の妻ですが、ほぼこのまんまですよ。妻は栗色の髪の方が似合いますので、髪は黒くないですが。

え? 妻の性格?










聞かないでil||li _| ̄|○ il||li


昔は性格もかわいかったんですよ。ええ。

それ以上は言わせないで…。


皆さんも試してみてはいかがでしょうか?( ̄ー+ ̄)ニヤリッ

komelong_01-160.gif
posted by こめろんぐ at 17:54 | Comment(8) | TrackBack(5) | 日記なのか? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

さ〜て。

某所のリクエストに応じて出してみた昨日のエントリですが、実は24時間タイマーを仕込んでいました( ̄ー+ ̄)ニヤリッ

もう、そのころには見たい人は見てるだろうという考えからです。


基本的に著作権もくそもへったれもない当ブログですが、ま、その辺は武士の情け?


ところがうっかり、コメント欄を開けちゃったものだからさあ大変。
せっかくいただいたコメントも非公開になっちゃうことになりました(^_^;



というわけで、頂いたコメントは後ほど、このエントリに転載しておきます(爆)
つまり、それだけのためのエントリ( ̄ー+ ̄)ニヤリッ

で、このエントリは自動的に出現する予定( ̄ー+ ̄)ニヤリッ

komelong_01-160.gif
 続きを読む
posted by こめろんぐ at 15:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記なのか? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月23日

F1フランスGPは、トゥルーリが魅せた!

この週末に行われたフランスGP。結構面白かったですね。
主役がコロコロ変わって、マニクールらしいといえばマニクールらしいレースでした。



このレース。予選までで光っていたのは地元ルノー勢。他チームが三味線ひいていたとはいえ、ピケJrまでトップタイムを出しましたから。今回は地元スペシャルで臨んだんでしょう。アロンソが3番グリッドからスタートというのも久々です。何かを期待させてくれましたが…。

それにしても決勝前のインタビューでマクラーレンのハミルトンの一言がむかつきましたねぇ。

「ルールだから従うけど、厳しいレースになるよ」

…自分で信号無視をしておいて、他人に迷惑をかけた男の言いぐさかね? これが。
反省しろよ。反省。

そのハミ君。オープニングラップで赤牛2号のヴェッテル君をパスした際、直後のシケインにオーバースピードで突っ込んでショートカット。これがペナの対象になります。そりゃそうだ。ざまあみろ。

それにしても、クリーンに走っていればどんどん印象がよくなるのに、最近のハミ君はダーティーな面ばかりが目立ちます。オイラは去年から「ダーティーだ」といってましたが、ますます磨きがかかった感じがしてなりません。

で、スタートでトゥルーリが頑張り、3番手に浮上。ルノーのアロンソも抜き返せません。最初は面白いバトルをしていましたが、徐々に離れていきます。

前2台はポールスタートのライコネン、マッサが独走態勢。

ところが、ライコネンの右側エキゾーストパイプが折れた?ため、ライコネンは失速。マッサが労せず首位に変わります。

トゥルーリはピットワークもよく、軽タンだった割には堅実に3位をキープ。
一方、ルノーのアロンソはピットワーク後、なかなか上位に上がることができず、入賞圏内外を行ったり来たりするだけになります。ハミはもう、めためた。

その後は、いつの間にか4番手に上がってきたコヴァライネンとトゥルーリが壮絶なバトルを開始します。これは見応えがあった。

コヴァライネンが刺した! と思ったら、トゥルーリが根性で粘り、イン側のラインをキープ。サイドバイサイドでホイール同士が衝突! 万事休すかと思いきや、両者ともきちんとリカバリーしてレースに復帰する。これはすばらしいバトルでした。結果はトゥルーリが3位に。
先日、事故で亡くなったラリーストのオベ・アンダーソン氏に捧げるポディウムとなりました。

一つの目標に向かってチームが一丸となり、結果を残す。それを体現した2年2カ月ぶりの表彰台でした。まるで、SAF1のような雰囲気の盛り上がりがありましたね。

最近の盗用多は、なんだかレーシングスピリットに目覚めたかのように現場とトゥルーリがかみ合い、安定した好成績を残していますね。グロックはもう一歩ですが。
ちょっと驚きです。上はアレですが、現場の空気は良いようですね。「あHONDA」と違って。

今回のHONDAは…全然ダメポでしたな。馬豚は気がつくとフロントウィング壊して消えるし、バリチェロはただ、走ってただけ。覇気がない。SAF1じゃなくてオマイらが撤退すればよかったよ。

ウィリアムズもここは苦しかったのか、ロズベルグもカズキもダメダメでした。全然写らなかったし。竹下アンダーソンは「不可解な2ストップ!」とカズキをかばいだてましたが…フジ地上波も大型スポンサーへの気遣い、ご苦労さんですねぇ(イヤミ) 実際は、最初から変形2ストップのつもりだったようですよ。
フジの竹下君の間抜けさだけが際だったかと思いきや…


ブルデー,中嶋を1ストップと勘違い Formura Web
フランスGP決勝序盤,トロ・ロッソのS・ブルデーはウィリアムズの中嶋一貴をオーバーテイクしようと厳しいオーバーテイクを仕掛けていたが,どうやら,これは「一貴は1ストップ作戦」と勘違いして前に出ることを焦っていたようだ。ブルデーはオーバーテイクを果たしたものの,一貴は実際には2ストップ作戦であった。



ま、赤牛2号の立場ではあらゆる可能性を考慮しないといけないですもんねぇ。
カズキは結局、抜かれたし。しかも、カズキは2ピットでしたから、絶対に抜かれちゃいけない場面だったのに。ウィリアムズのセッティングが決まってなかったとはいえ、これでは「最速DNA」の二つ名が泣くぜ(爆) 琢磨なら絶対に行かせなかった。間違いない!

で、勝ったのはマッサ。ポールスタート以外で勝ったのは久々かな…と思ったら、今年のマレーシアで2番グリッドから勝ってた(^_^;
とはいえ、今回はライコネンのマシンのおかげで勝ったようなもんですし。

チャンピオンシップはマッサがトップになりましたね。ブラジル人のポイントリーダーはアイルトン・セナ以来のこと。(バリチェロってトコトン、セカンドだったんですねぇ…)とはいえ、クビサ、ライコネンらがひしめく激戦です。今年も去年同様、おもしろいことになりそうですよ。

次戦は2週間後のシルバーストンですね。そろそろライコネンの逆襲が始まるんでしょうか。去年はここから猛チャージをかけて、ラストに逆転チャンプですから。追うときのライコネンは強烈ですよー。また、今回はセッティングが決まらなかったBMW勢も次とドイツは取り返してくるでしょう。その辺りを注目しましょうか。


komelong_01-160.gif
posted by こめろんぐ at 15:10 | Comment(8) | TrackBack(6) | モースポとバイクと佐藤琢磨と | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月22日

佐藤琢磨、カートイベント開催だそうです。

久々に佐藤琢磨の話題が飛び込んできました。ま、期待した「シート決定」とかではないんですが…


佐藤琢磨、カートイベントを開催 F1-Gate.com
佐藤琢磨が、カートイベントを開催することが発表された。
佐藤琢磨は、8月9日(土)に富士スピードウェイ・カートコースにてレーシングカートを用いた参加型イベントを開催する。
このイベントは、初めての方にも楽しく安全にカートに乗れることを目指したもの。
実際にカートに乗る方以外もこのイベントを楽しむことのできる観戦チケットも用意される予定。


うーむ…(;´Д`)

カートイベントなんてやってる場合じゃないんですが…。琢磨の公式サイトで発表されたのを受けたニュースだとは思うんですが。それにしてもやるせない気持ちがもやもやと。

スーパーアグリが消滅してからもうすぐ2ヶ月がたちます。グランプリは粛々と日程が進み、今ごろはフランスGPのまっただ中。フジテレビ地上波のオープニングは今や、中嶋カズキのPVと化し、去年あれほど琢磨ファンが求めていたのに、ほとんど流さなかった「レース後コメント」を毎回、予選と決勝ごとに流すという、トヨタへの気遣いぶりにはあきれ果ててる昨今。

元チームメートのアンソニーはHONDAでテストドライブを担当。しかし、これがレースにつながるわけでもないわけで。また、元チームメートで今はルノーのテストドライバーの左近くんが、どっかのタレントとチューしてるのがフライデーされたりするバカなニュースも流れましたが…。

とにかく、琢磨のニュースがぴたっ、と途絶えた中、最初に飛び込んできた「確定的」ニュースがこれというのは、ちょっとがっかりかも。ハイ。



正直言って、私たちファンが今、望んでいるのは、琢磨との交流イベントではなく、「琢磨、F1へ復帰決定」の一報です。マネジャーのアンドリューさん、イベントなんかほっといて、琢磨のシート確保に全力投球、頼むぜ!







それにしても、イベント会場が鈴鹿ではなく富士スピードウェイですか…



琢磨、本気でHONDAと決別する気ですね。


ホンダとのパーソナルスポンサー契約が残ってるから、まだ何ともいえない段階ですが。

もし、HONDAとやり直すのなら、SAF1撤退直前の「2009年に鈴鹿に帰ってきたい」のコメントもあったように、ここで「お先に戻ってきました」でもいいでしょ。まあ、サーキット自体が改修工事中で、日程がとれなかったのかもしれませんが、鈴鹿なら西コースor東コースのいずれか片方だけ、というやり方もできるわけで、ホンダ系の琢磨が鈴鹿を選ばなかった理由が、「決別」以外に思い浮かばないんですよね…。

そういえば、アメリカでセカンドチームの噂も立ちましたが、「コンストラクター」規定で難しいでしょうね。

そんなにホイホイとF1シャーシができるのなら、デビッド・リチャーズは今年からちゃんと、参戦してましたよ。かつて、CART時代に自社制作のシャーシでCARTチャンプをとったペンスキーだって、F1は作ったことないですしね。もとい、F1シャーシを作ってたのって1970年代のお話ですし。
アメリカチームは「ガセ」の公算が大きいように思います。


さて、F1のある週末にF1に触れないのもあれなので、明日にフランスGPの感想は書こうかな…。いや、バタバタしてて書かないかもしれない(^_^;


佐藤琢磨を応援しています!
trt-mini-200-40.jpg
komelong_01-160.gif
posted by こめろんぐ at 22:15 | Comment(6) | TrackBack(0) | モースポとバイクと佐藤琢磨と | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月20日

ほーら、オイラの言ったとおりになった。グリーンピース幹部がタイ━━━━||Φ|(|゚|∀|゚|)|Φ||━━━━ホ!!!

珍しく、オイラの予告があたりました(爆) ま、当然の決着ですな。


グリーンピース:鯨肉持ち去りでメンバー2人逮捕 毎日jp
 国際環境保護団体「グリーンピース・ジャパン」(GP)=東京都新宿区西新宿8=のメンバーが4月、調査捕鯨船「日新丸」乗組員の鯨肉横領を裏付けようと、宅配途中の鯨肉入り段ボールを無断で持ち去った事件で、青森県警と警視庁は20日朝、GP海洋生態系問題担当部長、佐藤潤一容疑者(31)=東京都八王子市みなみ野3=ら2人を窃盗と建造物侵入の疑いで東京都内で逮捕した。
 他に逮捕されたのは、GPメンバー、鈴木徹容疑者(41)=横浜市金沢区野島町。
 調べなどでは、2人は4月16日午前8時40分ごろから午後2時半ごろにかけて、日新丸に乗船していた「共同船舶」(東京都中央区)所属の乗組員1人が北海道の自宅に宅配便で送った鯨肉23.5キロ入りの段ボール1箱を、経由地の西濃運輸青森支店の配送所に侵入して盗み出した疑い。西濃運輸(岐阜県大垣市)が5月16日、青森署に被害届を出し、県警警備部と警視庁公安部が合同で捜査していた。(以下はリンク先参照、写真もリンク先に)


オイラ、以前のエントリでハッキリと「これは建造物侵入と窃盗罪が成立する」と書きました。

参考エントリ:グリンピース、泥棒しておいて「捕鯨船員を刑事告発」。お馬鹿すぎ。(追記あり)

もう、そのエントリに書いたとおりです。あえて繰り返しません。この逮捕は当然のことです。別に、言論弾圧とかそんなのは一切ありませんから。ハイ。

この逮捕劇を受けて、当事者のグリーンピースが、英語で寝言をほざいたそうです。


即時釈放求める  グリーンピースが声明 47news
 国際環境保護団体グリーンピースは20日、「グリーンピース・ジャパン」の幹部ら2人が窃盗容疑などで青森県警と警視庁の合同捜査本部に逮捕されたことを受けて、「無実の人間が逮捕されたことは驚きだ。即時に釈放されるべきだ」との英文の声明を東京発で発表した。
 声明は、「日本の捕鯨は国際的に批判されている。逮捕された活動家には、捕鯨で誰が得をしているか知る権利がある。(逮捕は)脅迫行為だ」と非難した。(共同)



…は?

どこをどうみても、無実ではないんですが。この2人の「心神喪失」が認められて無罪があり得るとしても。(この2人はグリーンピースに洗脳され、判断能力がなかったと認定されるとか(爆)
外形的に2つの罪が成立する以上、無実はないです。ハイ。

しかも、英文っていうところが姑息。日本人に理解されないから、海外に発信してみたっていうことなんでしょうけど、アフォ過ぎです。

あ、身の程をわきまえたって言うことでしょうか。日本人に相手にされないのを自覚した、と。

で、「正当な理由があるので罪に問われない」といってますが、オイラが先のエントリで指摘したとおり、彼らの行動は憲法35条に違反する重大な行為です。
日本国民である以上、日本国憲法は絶対遵守しないといけないわけです。
彼らの支援者には、普段から「9条守れ」とか言ってる人々が多いと思いますので、そこはわきまえなきゃいけないはず。
日本人である以上、憲法は絶対です。間違いなく。

であれば、彼らの行為を正当化する理由は何一つないんです。

憲法を守らず(しかも、基本的人権の部分)、寝言をほざくグリーンピース。お馬鹿すぎ。単なる環境テロリストに過ぎない存在だと言うことが改めて分かりました。


で、彼らが犯罪を犯してまで告発した「事件」ですが…


鯨肉横領容疑の告発、調査船乗組員12人を不起訴処分 asahi.com
 調査捕鯨船が捕った鯨肉の一部を乗組員が無断で持ち出したとして、環境NGOグリーンピース・ジャパンが業務上横領容疑で告発していた問題で、東京地検は20日、共同船舶(本社・東京)所有の調査捕鯨船「日新丸」の乗組員12人について、同容疑の嫌疑なしとして不起訴処分にした。
 東京地検の説明によると、鯨肉の所有者である共同船舶は、乗組員が土産などの名目で鯨肉を持ち帰ることを承諾しており、同容疑にはあたらないと判断したという。また、これらの鯨肉は、土産用や、商品加工できずに海上に投棄する分、乗船中の食料分だったという。 (以下はリンク先参照)


ハイ。嫌疑無しで決着です。

検察庁が事件を処理する際、大きく分けて「不起訴」「起訴」の2つで処分します。

不起訴の場合は3つの理由に分類されます。重い順に

●起訴猶予=犯罪事実はゆうに認められるのだが、被害が軽微で、さまざまな事情などから刑事処分するほどのモノではない場合
●嫌疑不十分=犯罪をやったかどうかというと、かなり黒に近いんだけど、証拠が足りなかったり、事件そのものの成立が微妙な場合
●嫌疑無し=告訴・告発を調べたけど、事件ですらなかった。単なるイチャモンであった場合。

があります。今回は嫌疑無し、ですから

グリーンピースの「単なるイチャモン」と認定されたわけですな(爆)


ま、単なるイチャモンだわ、憲法違反だわ、自ら逮捕されるわ…。


グリーンピースにつける薬なしですな。

ウチの地元紙を始め、各紙はこの逮捕劇を微妙な空気で報じてますが…、なんで遠慮してるの?

犯罪は犯罪。言い訳はできない。組織的な関与すら疑われる、とハッキリ書けばいいじゃないですか。

グリーンピースのような、百害あって一利なしの環境テロ団体がこの世から消えてくれることを、オイラは強く望みます。いっそ、破防法の対象にしてもらってもいいくらいですよ。ええ。


komelong_01-160.gif
posted by こめろんぐ at 23:55 | Comment(4) | TrackBack(0) | ニュースに一言! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「リサイクル」はやっぱ似非エコだよね。レジ袋廃止、ハイブリッド車、燃料電池車も同じさ。

ハイ。またタイトルで世間にケンカを売ります(爆)

よく、エコの活動の象徴として「リサイクルしましょう」と言われますね。

ビン、空き缶、ペットボトル、紙。果てはプラスチックや生ゴミまで。

「捨てればゴミ。リサイクルすれば資源」

確かにその通りだと思います。この言葉にはウソはありません。

しかしですよ。あくまで資源なんですよ。「資源」。

資源っていうのはそのまま使えるシロモノじゃないですよね。
原油、鉄鉱石、ボーキサイト…、そういうのが「資源」です。

資源は多大なエネルギーをつぎ込んで、製品に変えてやらないと使えないんです。

しかも、ペットボトルはリサイクルしても、ペットボトルに作り直すことはできません。フリースの服は作れますけどね。ペットボトルは必要なわけですから、新しい石油から、ペットボトルは作られ続けます。
フリースの服は他の素材でも代替ができます。しかし、ペットボトルは代替できません。結局、ペットボトルのリサイクルは片道切符であって「サイクル」が成立していないんです。

空き缶の鉄、アルミはどうでしょうか。こちらは理論上、もう一度「缶」を作ることは可能です。しかし、そのためには膨大なコストをかけて不純物を取っ払わないと、缶に加工できるだけの「いい鉄」「いいアルミ」はできません。鉄鉱石から作った鉄の方がコストが安く、エネルギーロスも少なく缶を作れます。こちらのリサイクルも「片道切符」です。

もっと言えば、牛乳パックや雑誌はもう一度雑誌や牛乳パックにはできません。ほとんどがトイレットペーパーか新聞紙です。牛乳パックは新品のパルプから作るしかありません。ガラス製品も色というy問題があり、同じモノを再生するのは困難です。まあ、紙やガラスの場合はまだ、エネルギーロスが少ないので、効率よく再利用しているといえますが…。

ほとんどのリサイクルは、多大なコストとエネルギーを必要とする上、「片道切符」です。それでいいんですか?

「製品」をリサイクルして、比較的低エネルギーで同じ製品を作ることができる、という完全なリサイクルが可能な製品もあります。これが意外なものなんですよ。なんだと思います?






実は、ポリエチレンのレジ袋なんですよ


そう。リサイクル業界から「資源の無駄遣いの象徴」と思われているレジ袋は、中身を洗うだけで「レジ袋の高品質な素材」として再利用ができます。地元紙の記事で知ったのですが、中部地方のスーパー「ユニー」ではレジ袋を自主回収しており、それがレジ袋工場に持ち込まれて、もう一度レジ袋の材料になってるんです。スーパーのレジ袋が一度家庭に行き、それがスーパーに戻されて、工場に戻り、レジ袋になって帰ってくる。これがホントのリサイクルでしょ。

この、もっとも効率のいいリサイクルが可能な製品・レジ袋が、一番悪者扱いされているのですから、リサイクル運動を推進している輩は、バカとしか言いようがありません。


燃料電池車やハイブリッド車がエコだといっているのは大嘘だ、と以前のエントリ「本当にそのクルマはエコロジー? エコカーのウソとは。」でも書きました。ハイブリッド車について補足しておきますと…。

ハイブリッド車に使われるニッケル水素バッテリーや鉛蓄電池(リチウムイオンバッテリーも近く搭載されるようですが)が劣化が早い、と書きましたが、以前のエントリでは「廃棄に伴う環境負荷」を理由としました。
それだけではありません。
劣化したニッケル水素バッテリーなどをリサイクルするには、合金をもう一度溶かしてバラバラの素材にし、再度合金として作り直すしかありません。そのエネルギーロスたるやひどいものですよ。そこまでで節約できたガソリンの分の燃料と同じか、より多くの燃料(あるいは電気エネルギー)を消費しないとできないんですから。

ハイブリッド車には、原発がエコでないのと同じ、「隠れたエネルギーの無駄」が潜んでいるんです。


とにかく、リサイクルには無駄が多すぎるし、一部を除いて「サイクル」が成立しません。(サイクルが成立するモノはエコの対象とせず)

リサイクル事業は「エコ」ではない、とオイラは断言します。


じゃあ、エコを効率よくやることはできないのか。


ありますよ。


「リユース」。あるいは「リターナブル」という言葉を知ってるでしょ。それこそ、エコです。

文字通り「もう一度使う」ことがリユースなんです。

もっとも身近なリユースは、「ビールビン」。あるいは「コピーのトナーカートリッジ」「ビールの業務用樽」「業務用ガスボンベ」などなど、さまざまなリユースが行われています。

ビールのビンは、洗って返せば、そこにもう一度ビールを入れて売られます。エネルギーロスはありません。昔はコーラやファンタ、リボンオレンジなど、清涼飲料水でも「ビン」がありました。あ、そう言えば「ラムネ」なんていうのは、フタまでリユースでしたね。ビー玉の(爆)

ビンはリユースするモノでなく、リサイクルに回るモノもあります。あれは、もう一度溶かして整形し、新品のビンに作り直しています。手間もエネルギーも何もかも無駄が多い。「洗ってラベルを貼り直すだけ」のリユースに比べ、どちらがエコかは一目瞭然です。

また、車などを修理する際に「中古部品」を活用することは、これもリユースで「エコ」なことの一つです。もっと言えば、車を買うときに新車を買わず、中古車を買えば、新車一台分の資源・製造エネルギーを節約できます。これは大変なエコですよ。パソコンだって買い替えるのではなく、中身だけを最新のボードに更新し、最新のOSを入れれば、筐体やモニター、キーボードなどの製造にかかわる資源とエネルギーの節約になります。いわゆる「リサイクルショップ」は、実は「リユース」の究極です。


なのに、とある団体は「エコ替え」なんて言う馬鹿げたことを推進しています。あ、盗用多でしたっけ(爆)
「まだ使えるけど、省エネのモノに買い替えるのがエコ」なんだそうです。



ふざけるな!



今あるモノを使い続けることが、一番の資源の節約だろうが!




気分だけで新品に買い替えて、ゴミを増やしたり、「リサイクル」でエネルギーを消費することこそ、究極の資源の無駄だろうが! 大ウソを吐くのも大概にしろ!



省エネの電化製品に買い替えるのなら、こまめに電気を消す方がよっぽどいい。車だって、アクセルを踏みすぎないようにしたり、荷物を軽くしたり、ガソリンを満タンにしたりしない。それで、資源を無駄にしないためにも、今あるモノを使い続ける。当たり前のことをきちんとしていればいいんです。


もう一つ、ついでに言うと、燃えるゴミの中にプラスチック分が減ったため、ゴミ焼却施設の燃焼カロリーがぐっと減りました。今のゴミ焼却施設はダイオキシン対策で高温で焼却しないとならないため、減ったカロリーを補充する必要が出てきています。どうするかというと、ゴミの中に重油を入れて炊いているそうです。このため、プラスチックのリサイクルで目指す「石油資源の節約」は、全然達成できていないんですよ。それどころか、プラスチックのリサイクルに余計なエネルギーを使う。これじゃ、プラスチックゴミをそのまま燃やした方がいいわけで。これもリサイクルがもたらした「無駄」の一つです。


地球を大事にしたいのなら、もっと「リユース」を推進すべきだと思います。
例えば、ペットボトルのリユースを認める、あるいが義務づける法律を作れば、相当エコですよ。今の法律では、ペットボトルのリユースは法律違反なんですよ。あんなに丈夫で軽い容器が「使い捨てないといけない」なんて変でしょ?

なんでこんな話にも出てこないんでしょうか。おかしいでしょ。

このことも、リサイクルばかりを唱えている人が「似非エコ」ロジストであることを示す一例だと思います。

以上、「お前が言うな」エントリでした(爆)


komelong_01-160.gif
posted by こめろんぐ at 02:00 | Comment(10) | TrackBack(1) | ニュースに一言! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月19日

「オービス無謬伝説」は海外でも健在なのね…。ブラジルでとんでもない切符を切られた人

日本で自動速度取り締まり装置「通称・オービス)に引っかかった場合、余程のことがない限り、否認しても「オービスが狂うことはない」ということで罰金を食らいます。

オービスは絶対に間違えない、とぃう「オービス無謬伝説」が日本の警察と裁判所にはびこっているのが現状です。赤いフラッシュが光ったら最後、絶対に赤切符を切られます。「そんなに出してねぇよ!」といって裁判になっても、100%有罪になっています。
私の知る限り、仙台高裁秋田支部で一度だけ、「オービスが正確かどうかを示す科学的データはない。オービスに記録された速度を被告人が出していたという証明がない」として無罪判決が出ましたが、最高裁で差し戻しとなり、「逆転有罪」となりました。

いろいろ話を聞くと、裁判になって被告人が「オイラはそんなにスピードを出してない。オービスが間違ってる」といくら主張しても、オービスのメーカーの人が「ウチの機械は完璧です」といい、お巡りさんが「ちゃーんとテストしました」といえば、「オービスが正確であることは証言で明らかであり、被告人の方がウソをついている」と判断される。これが日本の裁判です。


ところで、海外からトンデモニュースが流れてきました。ネタ元が「新華社通信」というのが眉唾ですが…


監視カメラの故障?時速880キロも出たフツーの車 2008年06月17日16時42分
新華社リオデジャネイロ(ブラジル):ブラジルの首都ブラジリアのあるドライバーが先ごろ、自分が時速880キロという世界最高時速で車を運転していたことを告げられた。しかしこのドライバー、せっかく「世界最速の男」になったにも関わらず、あまり嬉しくないという。
この男性の名はラファエル。職業はエンジニアだ。彼は交通局に年に1度の自動車保有税を支払いに行ったとき、速度超過の罰金を払うよう言われた。監視カメラに、ラファエルさんの運転する車が、時速60キロの道路を時速880キロで走り抜けているのが記録されていたからだ。もしそれが本当なら、彼は飛行機と同じ速さで道路を走っていたことになる。
ラファエルさんは監視カメラを所有しているリオデジャネイロ州ニテロイ市の交通部門に行き、監視カメラがおかしいんじゃないかと訴えたが、「監視カメラはどこもおかしくない」と言われてしまった。そして罰金を必ず支払うようにと要求されたという。
現在、世界で最も速い車はフランス製の「Bugatti Veyron」。最高時速は407キロだ。
【翻訳編集:JCBB(H.A)/G-SEARCH】



をい!

F1ですら、時速350−380キロだぞ! インディーだってそんなもんだ。
オープンホイールで、空力をいろいろ計算してその程度だぞ! ブガッティーのヴェイロンは確かに、そんな数字がカタログに出てるけど、どこで出すんじゃ。まったく。

ちなみに、クローズドボディーの車が高速で走ると、こんなことになることも…


http://jp.youtube.com/watch?v=8M3NQeDzedk&feature=related



ちなみに時速800キロも出せる車がこの世にないか、というと、一応存在はします。
アメリカのボンネビル・スピードウェイという、「最高速だけ」を競い合うレースに出てる車です。ここには音速近い速度で走る、お化けのような車が競い合っています。

世界で最初に音速を超えた車が「スラストSSC」という車ですが…




thrustssc-kowa.jpg



どうみても車に見えません(爆) 翼のない飛行機です。断じていいますが。

ボディーの両脇にあるエンジンは、マクドネルF4戦闘機(ファントム)のピュアジェットエンジン。まさしく化け物です。

オイラ、日本のドラッグレースでロッキードF104(スターファイター)のエンジンを1機積んだ「ジェットカー」を見たことがありますが、多分それよりすさまじいものだと予想できます。

タイヤもゴムタイヤでは遠心力でバラバラになってしまうので、鉄のホイールそのままなんだそうです。ステアリングなど、若干の微修正用にあるだけで、曲がるなんてとても無理。ブレーキは逆噴射装置に地面を引きずるパラシュート。全然車といえませんわ。


走っている動画もありましたが…


http://jp.youtube.com/watch?v=LKQ-xj5C2m8&feature=related





やっぱり車に見えない(爆)


話は横にそれましたが、こんなクラスでないと時速880キロなんて無理です。

ブラジルのラファエルさんは現地で裁判やらないんでしょうか。やったら、100%勝てると思うのですが、ここでも「オービスに間違いはない。こいつは880キロ出してたと合理的に認められる」なんて判決が出た日にゃ、世界の笑いものですぜ(爆)


なにより気になるのは、罰金がいくらだったのか。免停の期間はどれくらいだったのか。


そして、


ラファエルさんの車種はなんだったのか(爆)


あああ、気になる気になる!

ブラジルだったら、現地生産の旧型フォルクスワーゲンビートルとかもありそうだし(爆)

それにしても、「オービス無謬伝説」がワールドワイドなものだったとは、驚くやらあきれるやら…。

komelong_01-160.gif
posted by こめろんぐ at 18:45 | Comment(3) | TrackBack(1) | ニュースに一言! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月18日

ハト弟さん、アンタ、何分かったようなことを言ってるんだ?(修正)

昨日、あの宮崎勤死刑囚の刑が執行されました。


宮崎勤死刑囚ら刑執行  「自信持って」と鳩山法相  47news
 鳩山邦夫法相は17日、東京、大阪両拘置所で幼女4人連続誘拐殺人事件の宮崎勤死刑囚(45)ら3人の死刑を執行したと発表した。宮崎死刑囚の裁判は刑事責任能力が争われ、約16年に及んだが、執行は確定から約2年4カ月後だった。
 発表会見で鳩山法相は「慎重の上にも慎重に検討した結果、絶対に誤りがないと自信を持って執行できる人を選んだ。数日前に執行を命令した。正義の実現のためには粛々とやるのが正しいと信じている」と述べた。(以下、リンク先参照)



まあ、オイラも宮崎勤が死刑相当だというのは賛成ですし、裁判が長かった割には確定後の期間が短かったな、としか思えません。

ただ、今回の記者発表でハト弟がろくでもないコメントを吐いています。上記の一部を再掲しますと…


「慎重の上にも慎重に検討した結果、絶対に誤りがないと自信を持って執行できる人を選んだ」





この台詞は、法務大臣としておかしな発言なんですよ。

そもそも、なんでこの事件が死刑になったか。

検察庁が残忍な事件を起こしたとして起訴し、法廷内でその犯罪を立証し、自信を持って死刑を求刑したからです。

検察庁は法律上、法務省の管轄です。つまり、検察が死刑を求刑した以上、法務大臣としては「まず間違いない。自信を持って死刑を求刑した」というスタンスでなければならないわけです。その求刑を受けて裁判所が「死刑」を判決したわけですから。

なのに「絶対大丈夫な人を選んで吊った」です。

すると何か。

他の102人については、自信がない。死刑を求刑した話は別次元の話、とでも言うのか? おっさん。

あり得ません。

ハト弟は今回の一言で、無知さをさらけ出しただけでなく、身内の検察官や身内でない裁判官すべてを敵に回したともいえます。


アフォ過ぎ。


まあ、無知にもほどがあるので、。きちんとした人に法務大臣をやってほしいものです。そうでなくてもこの半年で13人。ペースだけは最速ラップを刻んでますな(爆)


できれば、「アルカイダ」などのバカ発言ばかりを繰り返すハト弟はもう、罷免の方向でよろしくお願いしたいのですが…。法務大臣のなり手がないんでしょうか…


komelong_01-160.gif
posted by こめろんぐ at 02:04 | Comment(0) | TrackBack(1) | ニュースに一言! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月17日

ようやく集団提訴。昨年の日本GPの観客が富士スピードウェイを「訴えてやる!」

今年の2月に当ブログで取り上げました「富士スピードウェイ訴訟」の動きですが、先日ようやく提訴に至ったそうです。


渋滞でF1観戦できず  富士SWに109人が集団提訴  47News
 静岡県小山町の富士スピードウェイ(FSW)で昨年9月、30年ぶりに開かれたF1日本グランプリ(GP)をめぐり、運営上のミスから渋滞に巻き込まれ十分に観戦できなかったとして、観客109人が16日、FSWにチケット代や慰謝料など計約3200万円の損害賠償を求め、東京地裁に提訴した。
 FSWは「訴状を確認し、適切に対応したい」としている。
 訴えによると、FSWは昨年9月28−30日の3日間、日本GPを開催し、計約28万人が観戦。会場への交通手段は、駅や周辺駐車場などからのシャトルバスに限定されていたが、大渋滞が発生。数万人の観客が、トイレや救護所などが不足した劣悪な環境で長時間待たされ、レースに遅れるなどしたとしている。
 FSWによると、レースの一部が見えなかった仮設スタンドの客に計約3億5000万円を、渋滞で30日の決勝に間に合わなかったと認定した観客に入場料などを既に返金したという。


この記事、取材が甘い部分もあります。「決勝に間に合わなかったと認定された」のは、入場門に来た時点で間に合わなかった人を指しており、入場門をくぐれたとしても、そこからスタンドにたどり着けずにスタートを見逃した人の救済措置はなかったわけで。そこをきちんと伝えないと、原告の人たちは単なる「イチャモン付け」に見えてしまいます。まあ、モースポの素人記者が書いてるんでしょうけど。

オイラはこの提訴の件に関しては、既に過去エントリ「富士スピードウェイ、訴えられるか?」でも書いています。

オイラの見解は、そのときと変化はありませんので、ここで改めて書くのはよしておきます。

やっぱ、勝つのは難しいだろうな、と。

ただし、富士スピードウェイ側が裁判で今後出してくると思われる、非人道的な主張を書いた書面をWebでどんどん情報発信していくことで、「フジのアフォ過ぎる姿勢を世にアピールする」ことが、実質的な勝利になると思います。

提訴した原告の方は、それなりの銭を払っているはずで、であれば、せめてその分の足跡をWeb上に残して、いかに富士スピードウェイと盗用多がロクデナシかを世に問うた方がいいと思うんですが…。

どうでしょう? 原告さん。やってみませんか? 無責任な立場ですが、当ブログはそうした動きがあれば全面的に支援したいと思います。


komelong_01-160.gif
posted by こめろんぐ at 23:59 | Comment(4) | TrackBack(1) | モースポとバイクと佐藤琢磨と | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月15日

ATOKを持ち運んでみたい! で、UbuntuをUSBに入れてみた。

オイラは普段、外出先のインターネットカフェなどでメールチェックやちょっとした作業するために、「Firefoxポータブル」(ブラウザ)、「OpenOfficeポータブル」(ワード、エクセル、パワポなど)、「GIMPポータブル」(画像編集ソフト)「nPop」(簡易メール閲覧)などの、USBメモリ上から起動できるフリーソフトをインストールしたUSBメモリを持ち歩いています。普段から使っているブックマークをそのまま、外出先でも起動できるので、便利なんですよ。

しかも、ネットカフェで、そこのインターネットエクスプローラーにクッキーを残さずにすむので、セキュリティー上もよいわけで。

ただ、これにも欠点があります。

それはIME(日本語入力)。

オイラは家パソコンや仕事パソコンでは、ジャストシステムの「ATOK」を使っています。こいつは非常に頭がいいシステムで、話し言葉もちゃんと変換できるし、一度使うと二度と「MS-IME」には戻れません。

ただ、外出先のネットカフェなどではATOKなどインストールされているわけがなく、お馬鹿で使い勝手の悪いMS-IMEを使わざるを得ない。これがつらかったんです。何とかならないかなぁ…と思ってたんですが、先日ふと思いつきました。



USBメモリに使いやすいLinuxをインストールして、そこから起動できるATOKを入れれば、ATOKを持ち歩ける、と。


で、使いやすいLinuxというと真っ先に思い浮かんだのが「Ubuntu」。こいつをUSBメモリにインストールする方法は…ググれば出てくるもんですね(爆)

まず、
http://www.ubuntulinux.jp/products/JA-Localized/download
ここから、Ubuntu「日本語ローカライズドDesktop CD」のISOイメージをダウンロードし、それをCD書き込みソフトでCD-Rに焼きます。

次にパソコンをいったん、シャットアウトし、このCDからブート(起動)します。

あとは…
https://wiki.ubuntulinux.jp/UbuntuTips/UsbInstall/UsbFlashBootableCdrom
ここに出ているやり方で、2GBのUSBUSBメモリへのUbuntuのインストールを行いました。オイラはパーティーションを作成するのに、「システム」→「システム管理」→「パーティーションエディタ」を立ち上げ、最初のパーティーションを700MB、残りすべての領域をを2つめのパーティーションに充てました。

USBへのインストールは、起動用CDを作成。うちの環境では起動用CDのISOファイルをいったん、パソコンのハードディスクにコピーし、Windowsを立ち上げてCDを焼きました。

これで、USBメモリから立ち上がるLinux環境ができました!

で、起動した後、「システム」→「システム管理」→「ユーザーとグループ」をクリックして起動します。で、自分のユーザーを「Administrator権限で作成しておきます。

ちなみに、Ubuntuには標準でFirefox、OpenOffice、GIMPなどが標準搭載されており、使い勝手が非常によいのが特徴です。これに加え、メーラーとしてサンダーバード、Windowsアプリを動かすための「Wine」、PDF再生用「XPDF」、動画用コーデック各種、2ちゃんねるブラウザ「JD」を「アプリケーション」→「追加と削除」からインストール。ブラウザでググって見つけた「Adobe Flash Player」も入れました。

さて、ここからが本番。

そう、ATOKをここにインストールするのです。

まず、ATOK X3をダウンロードで購入し、ファイルを展開してCDに焼きます。

その後、
http://support.justsystems.com/faq/1032/app/servlet/qadoc?QID=037228
ここに書いてあるとおりにしました。


すると! 画面下に見覚えのある、IMEのツール箱が!

ubuntu7-10-usb-1.jpg
(わかりやすいようにATOKのツールバーを上に持って行きました^_^;)

これで、外出先でもATOKを使って、ブログの更新や文書作成ができるようになりました! こりゃいい。

UbuntuはフリーのOSです。メディアを入れたらデスクトップにポンっと現れたりするなど、マック的な部分もありますが、Windows的な要素も多く、使い勝手もいいです。ドライバーもネット経由で自動的に落としてくるし、アプリケーションも簡単に探せてインストールできます。

もう一つ、これは便利と思うのが、2画面機能。

画面右下にあるゴミ箱の隣のボタンですが…

ubuntu7-10-usb-2.jpg
(下の右端がゴミ箱、その隣の2つのボタンが画面切り替え)

この薄い方のボタンを押すと、もう一枚のデスクトップが現れ、もう一つの作業ができるんです。この2画面は行き来自由。片方でブラウザを使ってて、もう一つでOpenOfficeで文書作成、なんてことも簡単です。



ホント、優れもの過ぎるOSですわ。これで動作が軽く、容量も食わないのだから驚きです。

てか、高度な機器や専用ソフトを使うなどの用事がなければ、Windowsいらないかも。
このUbuntuで十分。無料だから余計に驚きです。今回、ATOKは買いましたが(^_^;

こうなると、うちの押し入れで眠っている東芝リブレットffを生き返らそうかな、という気持ちが沸々わいてきたのですが、これが一筋縄ではいかなかったりします。現在挑戦中です。うまくいったらちゃんと、エントリを書きます。


以上、マニアックすぎて、興味のある人は少ないかも、と思う話題でした(爆)


komelong_01-160.gif
posted by こめろんぐ at 20:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | お気軽モバイラー生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月12日

NHK番組改編訴訟で、原告逆転敗訴だけど…

NHKが昔、「従軍慰安婦民衆法廷」みたいな馬鹿げたイベントを取材して放送した件について、主催者の団体が「ちゃんと放送してくれなかったのはずるい! 政治家の圧力に屈するなんてあんまりだ」とNHKなどに損害賠償を求めた裁判の最高裁判決がありましたね。


NHK番組改変訴訟:市民団体側の敗訴が確定…最高裁判決 毎日jp
 戦時下の性暴力に関するNHK番組の取材に協力した市民団体が「事前説明と異なる番組内容に改変された」として、NHKと制作会社2社に1000万円の賠償を求めた訴訟の上告審判決で、最高裁第1小法廷(横尾和子裁判長)は12日、「取材対象者の番組内容への期待や信頼は原則として法的保護の対象にならない」との初判断を示した。その上でNHK側に200万円の支払いを命じた2審・東京高裁判決(07年1月)を破棄し、請求を棄却した。団体側の逆転敗訴が確定した。
(以下はリンク先参照)


これについて、市民団体の名を借りた、偏った思想団体の人々は、「政治家の圧力の影響を考慮しない判決だ。不当!」といっているようですが…。

いや、これが認められたら、ヤバイですって。

「俺の期待通りに書かなかったらダメだ。もし、こっちの意図通り書かなかったら、賠償請求する」なんて要求がまかり通ったら、世の中の「言論の自由」が完全になくなりますよ。

報道機関は、取材先の言うことを1から10まで、相手の意のままに報道しなければならないなんて、そんな話はありませんって。バカすぎ。

万が一そんな判決が出た日にゃ、バカ団体のもっとも忌み嫌う「権力者」に濫用されますって。そんなことも考えずにNHKを訴えたバカ団体は愚かとしか言いようがありませんな。つける薬がない。

バカ団体がこの問題を司法にかけるのなら、NHKに圧力をかけた安倍ちゃんや中川(酒)を訴えるべきでしたね。考えが浅すぎるんですよ。ええ。

判決要旨がここに出てますが…。一部を抜き出しますと…。

 番組は放送事業者の内部でさまざまな立場、観点から検討され編集されるのが当然で、その結果最終的な放送内容が当初の企画と異なったり、放送に至らなかったりする可能性があるのも当然だ。このことは国民一般に認識されている。
 放送事業者は番組制作に当たり、自ら、あるいは協力を依頼した制作業者とともに放送の可能性がある素材を広く集めて取捨選択し、意見、論評を加えた上で公表する。その編集は自律的判断に委ねられており、取材を受けた対象者が、取材担当者の言動などから、素材の使われ方や内容などに期待し、信頼したとしてもそれは原則的に法的保護の対象にならない。


そりゃそうだ。めずらしく、正論です。

オイラはNHKの受信料を払ってないから、NHKの報道になんの期待もしませんし、それを求める方が間違ってる、と思いますけどね。

判決はまた、こんな風にも言ってます。


 原告の主張する本件番組の内容についての期待、信頼は法的保護の対象にはならない。こうした場合、放送事業者側と取材対象者の側に、番組内容の説明について合意があったり、説明を約束するなど特段の事情がない限り、途中で内容が変更になっても放送事業者側に法的な説明義務はない。


これも正論。そんな説明義務があったら、汚職疑惑なんかの報道は全部、つぶされますやん。
それどころか、警察や検察が作った「冤罪」事件をまったく報道できなくなります。だって、警察や検察は「冤罪なんてこの世にない」って本気で思ってるんですから。また、「冤罪の存在」そのものを認知してはいけないんです。警察や検察は常に無謬でなければならないから。アホみたいですけど。

なので、今回の判決は「あんたらみたいな偏向団体の理屈に付き合ってたら、日本は暗黒時代になるから、それは許されませんよ」ということを判示したに過ぎないんです。

「どうしても理屈を通したければ政治家を訴えろ。話はそれからだ」

判決要旨の行間からは、そんな裁判官のつぶやきが聞こえてきます。

報道は、取材者だけでなく、編集者のバイアスがかかって報じられている。そんなことは世の中の人は100も承知ですよ。

今回の件のNHKの報道については、放送倫理委員会だかなんだかが「NHK、あんたダメだよ」とくぎを刺しています。お灸はその辺で十分でしょう。金をせびるほどのモノではない。その点でもこのアホ団体の人格を疑います。

報道の自由もあるけど、ユーザーには購読・視聴の自由もある。ユーザーは受信設備の設置をもってNHKと受信契約を結ぶことが法的に義務づけられてますが、罰則はありません。NHKと受信契約を結ぶ義務を果たさない代わりにNHKの放送を受信する権利を放棄する。それでいいと思いますよ。

NHKにむかついて受信料を払うのがイヤになったら、NHKに電話して

「テレビ壊れました。地デジ見ないので、もう買い替えません。解約します」

この一言で解約なんて簡単にできます。

かのバカ団体もそうすればよかったのにね。周りに声をかけて、数千人単位でこれをやったら、効きますよ…。



komelong_01-160.gif
posted by こめろんぐ at 23:28 | Comment(3) | TrackBack(0) | ニュースに一言! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

気がつくと… さーど・あにばーさりー!

おお。またしても気付くの遅すぎ。

エイプリルフールは絶対に忘れないのにね(爆)


えー、こほん。

当ブログはこのほど、開設3周年を迎えました!


いつもご愛読ありがとうございます。


推敲もせず、校閲もせず、言いっ放しの駄文を書き続けて早三年。3と言えば「るぱん・ざ・さーど」。書いたエントリはこれまで854本になりました。

去年の「あにばーさりー」では522本と書いてますので、この一年で332本のエントリを上げたことになります。てか、書きすぎだろ。

当ブログの名前の由来、去年までの歩みはこれこれをご覧いただくとして…

カテゴリ別のエントリ数は以下の通りです。

日記なのか?(235)
モースポとバイクと佐藤琢磨と(257)
ニュースに一言!(233)
STOP!共謀罪(17)
実録!?裁判傍聴日記(32)
大人限定の法廷(10)
気まぐれ読書感想文(15)
ラリージャパン2006観戦記(10)
お気軽モバイラー生活(30)
灼熱大陸単車紀行(13)


ここから読み取れる、この1年間のトピックスは…

●カテゴリ名が一部変化。

☆「日記」→「日記なのか?」 これは日常雑記の他、アクセス解析を始めとするノンセクションネタが入るため、このようにしました。
☆「F1とバイクと佐藤琢磨と」→「モースポとバイクと佐藤琢磨と」 はい。琢磨がF1のシートを失ったことも大きいですが、モースポネタもここで扱っているので、実態に即した形としました。

●大人法廷のエントリがこの一年、ゼロだったil||li _| ̄|○ il||li
あのー、あまり期待されてないかなーって(^_^;
ちなみに、共謀罪も1本しか書いてません。
裁判傍聴記も3本だけ ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…
今度、書きます。といいながら記憶が曖昧になってきてる事件も多かったりして…。

●ペースがよかったのはモースポ、モバイル
やはり、佐藤琢磨の去就が注目された一年だっただけに、ここの伸び率が断トツです。一方、昨年までで10しかなかった「モバイラーズ」は昨年1年だけで20件を稼ぎました。これもイーモバイル効果でしょうか(爆)
また、単車旅もなかなか書かないようで、意外に書いてます(^^)v
あ、読書感想文は少ないなぁ…。書きたいネタはあるんですよ。「破裂」とか「深度ゼロ」とか…。本はちゃんと読んでるんです。ハイ。

●新ジャンルはなし…
ただし、今年秋には「ラリージャパン2008」を開設予定です! 絶対見に行きます!


さて、アクセス数ですが、毎月公表している「アクセス解析サービス」ではなく、Seesaaデフォルトのアクセス解析によると、シーサーでの当ブログ開設から6月10日までのアクセス数の累計は…(ケータイ、RSSへのアクセスも含めた総合計)






102万5552ページビュー!




スゲー(爆) オイラもビックリ。

去年は累計43万(1年半で)とか言ってますから、この一年のペースは半端じゃないです(^_^;

ちなみに6月1日に累計100万ページビューを突破しました!



まあ、RSSへのアクセスも含んでますから、ウチのような弱小ブログでもこれくらいの数字は行っちゃうんでしょうね。実は皆さん、集計してないだけで、結構ありふれた数字なのかも知れませんよ( ̄ー+ ̄)ニヤリッ

あ、アクセス数の割にはコメント数が少ないんですが(^_^; この辺もオイラの「言いっ放し」に要因があるんでしょうね。何せ、SPAMコメントも滅多に飛んでこないし(爆)


でも、こうした数字は励みになります。

読者の皆さん、今後ともよろしくお願いします。


komelong_01-160.gif
posted by こめろんぐ at 00:00 | Comment(7) | TrackBack(0) | 日記なのか? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月11日

カナダGPで、あHONDAらなことがあったらしい…

ここんところ、SAF1と琢磨を評価しまくってる今宮雅子さんのブログで、面白い?話が取り上げられました。

モントリオールで鮮やかに蘇った、スーパーアグリに可能だったこと 

去年の琢磨の走りを忘れないファンが、2コーナーに陣取って旗やバナーを出していたこと、同じレースを戦っていたドライバーにもまた、琢磨の快走が記憶に残っていることが冒頭で紹介されています。

去年の琢磨の快進撃は、「セーフティーカー走行中に、不利なスーパーソフトを使い切り、ソフトでレースを終始戦う」という奇想天外な作戦でなしえたモノです。すでにあちこちで報じられているし、当ブログでも紹介したとおり、琢磨のとっさの思いつきにピットクルーがほぼ完璧に応え、成功させた作戦だったのですが…。


今宮さんブログによると、今年のカナダGPでこの作戦をパクろうとした人がいたそうです。

その名は全損・馬豚(爆)

この週末、予選もロクに走れず、決勝もピットスタートという散々なことになった馬豚。ここから起死回生を狙うには「琢磨作戦」をやるしかない、と事前に打ち合わせてもしていたようです。

そして重めの燃料を積み、スタート。最初のSC(17周目)で、すかさずタイヤをソフトからスーパーソフトに交換。で、燃料が重め(44周分)積んでいるのでもう一周回ってすぐにソフトにチェンジすれば(無給油)、そのあとの「ピットレーンオープン」で入る上位陣を出し抜けたのに、そうはせず、結局馬豚は上位陣と同じタイミングでピットに入り、いろいろ台無しだったという話です。




アフォか!


なんのために、どういう効果を狙ってやるか、チームも理解せずに作戦に臨んだんでしょうね…。


もう、バカすぎて話になりません。SAF1のお下がり作戦すらまともに遂行できないHONDA。


天国のオヤジさんが健在なら、間違いなくスパナが(ry


打ち合わせ無しの突発作戦で成功させたSAF1と琢磨。入念な打ち合わせの末、空振りさせた馬豚とHONDA。

どっちが本家なんだか分からなくなりますね。


今宮さんも「事前に作戦を決めていても、ひとりひとりがドライバーと一緒に走っているくらいのスピリットがなければ、チームワークは成立しないという一例だった」と、「あHONDA」を酷評しています。

また、昨年のカナダで、琢磨とメカニックが抱き合って喜んでいるところに、ノックもなく突然、HONDAの肉揚がずかずか入ってきて、通り一辺倒の「お褒め」を乱発して、とっとと帰って行ったそうですが…、改めて、あのバカの愚かさ加減を知りましたよ。今宮さんも「こういう人の下では、チームはけっしてまとまらない」とぼろくそです。


今宮さん、よく言った! すばらしい! GJ!



もう、惚れた(爆) 人妻だけど…。


でも、ホントに改めて実感しますね。F1が失ったモノの大きさを。

ルノーさん、SAF1のチームクルーと琢磨をセットでいかがです? いい仕事しますぜ!


komelong_01-160.gif
posted by こめろんぐ at 15:59 | Comment(11) | TrackBack(2) | モースポとバイクと佐藤琢磨と | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月09日

F1カナダGPは、昨年地獄を見た男の初勝利!

日本時間の今日未明に行われたF1カナダGP。琢磨が出ないので、起きてみる価値無し、と録画で見たんですが…。


びっくりしました。勝ったのがまさか、彼とは…。



PDriverNat.CarGoalTime/DelayPit
1R.クビサPOLBMW Sauber1:36:24.4472
2N.ハイドフェルドGERBMW Sauber16.4951
3D.クルサードGBRRed Bull Renault23.3521
4T.グロックGERToyota42.6271
5F.マッサBRAFerrari43.9343
6J.トゥルーリITAToyota47.7751
7R.バリチェッロBRAHonda53.5971
8S.ベッテルGERToro Rosso Ferrari54.1201
9H.コバライネンFINMcLaren Mercedes54.4332
10N.ロズベルグGERWilliams Toyota57.7493
11J.バトンGBRHonda1:07.5403
12M.ウェバーAUSRed Bull Renault1:11.2292
13S.ボーデFRAToro Rosso Ferrari1L2
G.フィジケーラITAForce India Ferraiアクシデント2
中嶋 一貴JPNWilliams Toyotaアクシデント2
F.アロンソESPRenaultアクシデント1
N.アンジェロ・ピケBRARenaultブレーキ2
K.ライコネンFINFerrariアクシデント1
L.ハミルトンGBRMcLaren Mercedesアクシデント1
A.スーティルGERForce India Ferraiギアボックス



なんと、BMWザウバーのクビサが初優勝ですよ!


ヾ(〃^▽^)ノ{オメデトー♪)★。、:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'




昨年のカナダGPで、壮絶な大クラッシュをしてしまった彼がですよ。普通はトラウマになりますよ。それを克服しての優勝。すごいの一言です。

毎年セーフティーカーが入る波乱のカナダですが、今年は予選時に「ヘアピンでアスファルトが剥がれる」という事態が発生。決勝までにアスファルト舗装をやり直したとはいえ、滑りやすいのは滑りやすいです。ヘアピンでトラクションがかからないわけで、これだとバトルポイントが一つ減ることになります。
すなわち、このヘアピンをうまく立ち上がって前の車のスリップに入り、最終シケインのブレーキ勝負でパッシングする、というバトルは無理そうだということで…。

さて、ポールはハミ。2番手にクビサ、2列目にライコネンとアロンソが並ぶ面白いグリッドです。3列目前にロズベルグ、マッサは6番手。カズキ君は今回こそQ2に進んだものの12番手でした。

さて、スタートの混乱で多少の順位変動がありましたが、面白かったのはスーティルのマシンストップでセーフティーカーが入ったあとです。

ソフトタイヤでセーフティーリードを稼ぎ、勝ちパターンに持っていきたかったハミ君は、SCが入ってそのリードをつぶされました。しかも、そのタイミングが上位陣の1回目のピット時間と重なったため、SC後半の「ピットレーンオープン」と共に上位の車が隊列を組んだまま全部ピットに向かうという面白い事態に。

で、そのピット作業でマクラーレンにミスが出たのか、ハミ君のピットアウトはライコネンとクビサに後れを取ります。


が…


ピット出口は赤信号でした。


ライコネンとクビサは並んで信号で停止。そこに焦ったハミ君が信号を見ないで飛び出してきて…


ライコネンにドッカーンと特攻(爆) しかも、ロズベルグも信号無視気味で突っ込んできてぶつかる始末。あかんやん…。

そういや、レース前にハミパパも事故ってなかった? ポルシェのロードスターで(爆)


信号無視はどうやら、バリチェロだけではなかったようです。┐(´ー`)┌ヤレヤレ。


ハミはあとで「スマンカッタ」と謝ってましたが…、信号を守ったがためにとばっちりを食ったライコネン。ちょっとかわいそうです。次のレースでハミのポイントを半分あげるとか、そういう救済措置があってもいいのでは…と思っちゃいました。
【ハミとロズベルグはペナを食らいましたね】

さて、地上波のトンチンカンな解説が耳障りな中、(ノーピットだったカズキ君が2位を走行しただけで大騒ぎ。「優勝の可能性もある」とかいう始末。上位陣は当然、このSCでピット作戦を変更してるっつーねん)上位陣がピットに収まると、ホンダのバリチェロがラップリーダーに!

ホンダのラップリーダーって、2006年ハンガリー以来? バリチェロのラップリーダーってホンダでは初めて?

とにかく、ホンダのバリチェロが先頭を走っているってすごいことなのに、盗用多に肩入れする地上波は、後ろから突かれるカズキの姿ばかりを偏向実況。ダメじゃん。

まあ、最後の方では「ゴボウ抜かれ」したわけで、この辺の冷静さは「見識」だったのかも知れませんが…。


そうこうしているうちに、ピケJrがリタイア。ハイドフェルドに仕掛けようとしていたアロンソもスピンしてリタイア。

そして、例のヘアピンでカズキ君が馬豚に追突。さらに落ちた自分のウィングを車体下に巻き込んでコントロール不能になり、壁にヒットしてリタイア。
ヘアピンでトラクションがかからなくなり、失速した馬豚に突っ込んだようです。ま、若さがでましたな。

で、気がつくとクビサ先頭のまま、最終ピットインも終了し、クビサ、ハイドフェルドのBMW1−2体制に。3位がなんと、赤牛1号のクルサード(爆) 成績不振でシート入れ替えの噂もありましたが、よたよたしながらも懸命に3位をキープし続けました。

1−3位は単独走行でゴールまで走りきりましたが、4−6位と7−9位が最後まで熾烈なポイント争いを繰り広げる展開でした。
中でもマッサは、下位からの追い上げがすごかったですね。今回、もっともレースをしていたドライバーです。技ありのオーバーテイクもあり、ちょっとマッサを見直しましたよ。


クビサのF1優勝は、自身初というだけでなく、ポーランド人でも初の歴史的快挙となりました。
もちろん、BMWザウバーにとっても記念すべき初勝利です。

初物づくしですなぁ。すごい。

ポイントランキングでも、クビサが首位に立ちました。リタイアのハミルトンは4ポイント差の2位に下がり、3位に頑張ったマッサが上がりました。4位ライコネンはクビサと7ポイント差で、まだ追いつける状況です。
コンストラクターズでは今回1−2のBMWが1位のフェラーリに3ポイント差に迫りました。(3位マクラーレンとBMWの差は17ポイント)

F1はいよいよ、2強ではなく「3強」と呼ぶべき時代に突入したようです。

次は2週間後のフランス・マニクール。BMWの快進撃はどこまで続くのか。

そして、琢磨の電撃復帰はいつ!?


komelong_01-160.gif
posted by こめろんぐ at 19:11 | Comment(9) | TrackBack(8) | モースポとバイクと佐藤琢磨と | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月08日

「居酒屋タクシー」問題って、論点が的はずれのような気がする

最近話題の「居酒屋タクシー」。オイラは今イチ、何が悪いのか分からないんですよね。

巷でいわれているこの問題、オイラなりに整理してみますと…。

1)官僚どもが残業で終電がなくなるとタクシーで帰宅する。この際、チケット使用はOK。
2)霞ヶ関から遠いところに住んでいる官僚も多く、こういう官僚を乗せると、運ちゃん(゚Д゚)ウマー
3)タクシーの規制緩和で売り上げが減りまくった個人タクシーは考えた、
4)「官僚の人にお得意さんになってもらおう。ケータイ番号渡すだけじゃダメだ。なんかサービスしよ」
5)「え? ビール出してる車あるの?じゃ、俺も」「ウチはつまみもつけますぜ」
6)「うちはポイント制にして、ポイントたまったら商品券でどうだ!」
7)法人タクシー「それってずるくない?」
8)国会議員「これ、役得じゃないの? モノもらうのは公務員としていかがなものか」
9)調べてみたら、あそこもここもみんなもらってた! キャッシュバックもあったぞ! これは問題だ! ←今ここ

と言うことでいいんですよね?

これで、「官僚が運ちゃんにタクシー代を水増し請求させて、差額をキックバックさせている」なら大問題ですよ。官僚もアウトですが、タクシーの運ちゃんも法に触れます。(道路運送法でしたっけ?)今のところ、それは民主の長妻さんが「という疑惑もある」といっているだけです。

今分かっていることはそうではありません。あくまでタクシー代の請求は正規の額。ポイントに応じてキャッシュバックを受けたとか、金券をもらったとか、そういう世界です。

すると…ただ、単にタクシーの運ちゃんが上得意客に「サービス」を提供しているだけの話です。便宜供与というほどのものでもない。第一、官僚どもとタクシーの運ちゃんの間に直接的な利害関係はありません。賄賂にも当たらないわけです。

官僚の方から「ビールを出せ」といったという報道もありますが、どっちかというと「あそこはビールとつまみも出してるよ」と情報提供をし、「このままではよそにおいしい客を取られる」と焦ったそのタクシーが自主的にビールを用意するようになった、ポイントでキャッシュバックするようになった、というところなんじゃないですか? 実際は。


新聞各紙は一斉にこの問題を似たような論調で叩いています。例えば産経。

【主張】居酒屋タクシー 公務員に常識はないのか

この中でこんなくだりがあります。


 国家公務員倫理法に違反するとの指摘があり、職員の処分も検討されている。タクシー業者の方も、金券や現金の提供が運賃の割り戻しを禁じた道路運送法違反に当たる可能性がある。


国家公務員倫理法では、管理監督や入札など、直接の利害関係が発生しうる関係業者との飲み食いなどを禁じているんですよね。タクシーの運ちゃん、国交省の出先と警察など以外、利害関係が発生する役所はないと思いますよ。少なくとも、霞ヶ関の役人とはなんの関係もない。

「運賃の割り戻しを禁じた道路運送法違反にあたる恐れ」って…。じゃあ、オイラが手元に持っている、タクシーのポイントカードって、あれはアウトなの? スタンプ10個で1000円引きになるポイントカードなんだけど。しかも、オイラも缶コーヒーやあめ玉、お菓子をごちそうになったことありますよ。新聞だって読ませてもらってたことだってあります。
さらにすごい主張も。


 しかし、公務員が特定の運転手と癒着することになり、行き過ぎると、汚職の温床にもなる。

どこがどう行き過ぎると、汚職になるんでしょうか。タクシーの運ちゃんが財務官僚(それもぺーぺー)にサービスして、その見返りに何を求められるんでしょう。なんもないって。運ちゃんって入札に関与するわけでないし、霞ヶ関のぺーぺー役人に「免許よろしく」といったって鼻で笑われるのがオチです。

そうそう、大残業して帰宅するのって、官僚のぺーぺーとかですよ。管理職は黒塗りが付いてきますから。権限なんてないに等しい「国家の歯車の一つ」です。しかも個人レベルのサービス。大げさだって。単にタクシーの営業努力でしょ。
さらに産経はこう続けます。


 職員数、回数ともに財務省が圧倒的に多く、現金を受け取っていたのも財務省の職員だった。それだけ財務省は忙しく残業の多い役所なのだろうが、仕事を能率良く片づけ、連夜のタクシー帰りを少しでも減らす努力が必要だ。経費節減にもなるし、職員の健康維持にも役立つ。


それ、国会議員の先生に言ってあげてくださいな。財務官僚のぺーぺーが残業する最大の理由は「国会待機」と「予算編成」でっせ。彼らに早く帰ってほしいのなら、以下の3点を国会にいわなきゃいけません。

夜中に国会するな。国会議員は余計な質問をするな。官僚が組んだ予算にケチつけるな。

そこまで国会にいうのなら、「早く帰れ」という理屈もわかりますが、そんなわけにはいかないでしょ? むしろ、国会では昼夜を問わず、がんがんやってほしい。そのための多少の税金の無駄遣いは大目に見ましょう。それがオイラの考えです。


 一度、上客をつかまえると、次回からその役人の呼び出しを受けられるように携帯電話番号入りの名刺を渡す。役人もチケット支払いだから高額な運賃を気にせずタクシーを使う。


…オイラも仕事で大残業したら、会社のチケットを遠慮なく使いますよ。なるべく最短ルートでは行ってもらいますけどね。仕事だもん。遠慮なんかしてられませんよ。だから、官僚どもがちゃんと仕事をしているなら、その程度は許容します。
そうそう、オイラもタクシーの運ちゃんから名刺をもらったこと、何度もありますよ。これっていけないこと?

だらだら残業しているのなら、「税金の無駄遣い!!」と糾弾されて然りですが、今のところはそうではないでしょ?

それを言ったら、新幹線通勤をしている首都圏の人々は「会社の金で遠慮なく、毎日新幹線に乗っている」ことになりますが。ひょっとすると公務員にもいる? すると「税金で遠慮なく、毎日…」ということにもなります。新幹線のない北国から見ると、とてつもない無駄遣いに感じますよ。



そういえばオイラ、ちらっと目撃しただけですが、某大手量販店のポイントカードで「ピーポ君」のマークが入ったの、見たことがありますよ。あれってまさか、お巡りさんだけポイント上乗せ、とかじゃないよね?

そうだとしたら、それも大問題でしょ。個人レベルのサービスでなく、組織ぐるみだ!!ってなもんで。でも、それは問題になってません。

個人タクシーがおいしい客をつかむため、サービス合戦をしただけ。それも、規制緩和とやらで競争が激しくなったせいでね。ぺーぺーの官僚どもがとがめ立てされることは何もありません。しかも、彼らも「サビ残」やってるわけだし(ぺーぺーはそんなもんらしいですよ)。

産経のとどめの一言はこれです。


 細かいことに対し、目くじらを立てるつもりはない。要は公務員としての自覚の問題だ。


十分細かいことに目くじら立ててるだろ。その程度で増長して、ホントの汚職をやらかす官僚がいたら大いに叩くべきだけど。

結局、役人がうざいだけなんですよ。あと、その方が受けやすいから、でしょうね。

アホらしい。

この問題の論点が「残業しすぎで税金を無駄遣いしている」という点なら、オイラも「そーだ、その通り!」と乗っかりたいところですが、(先ほどの産経の文章にケチをつけてますが、それに対する反論もふくめて、ね)そうではなく、「役人だけサービスを受けててずるい」でしょ? それじゃ、ことの本質を突いていない。論点がずれすぎている。

官僚どもの残業を減らすにはどうすればいいか。タクシーの行き過ぎた競争を沈静化するにはどうすればいいか。そこを語るメディアはどこにありますか?

この問題の本質をもっときちんととらえ、語るべきだと思います。


komelong_01-160.gif
posted by こめろんぐ at 13:03 | Comment(3) | TrackBack(1) | ニュースに一言! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月06日

今週末はF1カナダGPですが…レーザー・レーサーが気になるぞ(愚痴、もうちょい追記)

とにかく、最近F1観戦に力が入ってないオイラ。

今週末がカナダGPだったことを、今朝のFormuraWebさんのメルマガで思い出したほどですから、ダメすぎですな(^_^;


おまけに、今回のカナダGPは北国では予選中継も無し。(;´o`)ゞ トホホ…

昨年のカナダGPといえば、クビサの大クラッシュよりも、日本のエース・佐藤琢磨のとてつもない大激走が印象に残っています。テールエンドばかりを走っていたチームで、チャンピオンチームのマクラーレン・アロンソをオーバーテイクしたんですから。テレビに向かって大声で叫びましたよ。脇坂と共に(爆)


今回は琢磨もいないし、大深夜だし。全然モチベーションが上がりません。


普通に録画観戦しますかね。ここは。

あ、決勝直前の特番「F1徹底ガイド〜歴史を駆け抜けるデザイン〜」は見ようかな。1:10からだし。面白そうだし。


ところで…

カナダGPの戦績次第では、ルノーのピケJrを巡り、ドライバーがガラポンされる可能性があるという噂が飛び交っているようですが…ま、噂ですよね。所詮は。

噂がホントなら、琢磨がとっくにルノーでテストして、ピケJrと入れ替わっているはずですし(爆)


そうなったらいいのにな!なんて思うのですが、なかなか難しいんでしょうね。


ホンダはどうやら、琢磨を使う気はさらさらないようです。
Autosport Webは、来季のホンダのドライバーについて、バリチェロに代えてGP2のマイク・コンウェイを起用する可能性を伝えています。こないだのモナコで勝ったことも要因と言ってますが…。あれ、第2レースですよね。第1レースが8位で、リバースグリッドがPP。トラブルなくスタートすりゃ、そりゃ勝てますよ。
その程度のドライバーでいいんだ。「ワールドチャンプを目指しているから、琢磨はイラン」(福井社長)といったチームが、その程度の意識で次のドライバーを選ぶとはね…。アホらしくて、応援する気にもなりませんわ。

F1は道具が大事。琢磨はそういい、上位チームを常に目指してましたね。
その初志を貫徹して、ここまで頑張ってきた琢磨。いつの日かSAF1での経験が生きる日が来るよ。
ファンは、いつまでも待ってるから、今は彼には焦ってほしくないですね。


ところで、道具が大事と言えば、水泳がすごいことになっています。

今日から始まった水泳の「ジャパンオープン」で、着たら速くなると評判のスピード社の水着「レーザー・レーサー」を着た選手が大活躍してます。

女子200フリーで上田が、男子200バタでは松田が、男子200フリーで奥村が、女子100バックで中村が、それぞれ日本新ですよ。五輪代表の彼らの体調はまだ、ピークじゃないんです。今回は本気でも何でもなく、ただ調整で出てるだけ。本番に最高潮を持ってくるために、今は力をセーブしているはずなのに…。それで日本記録が出るってどんだけ〜なんでしょうか。

しかも、松田ってミズノ所属で、本番では自分のところの水着を着なきゃいけないと思うんですが…どうするんでしょうか。



てか、国内メーカーがレーザー・レーサーに負けないための水着を開発したんじゃなかった? その改良水着の立場って一体…。

それより、日本の技術がイギリスに負けるって、すっごい悔しいと思ったりもします。


しかし、ここまでの結果が出てしまうと、本番で国内メーカーの水着を着る選手はわずかでしょうね。「あそこでレーザー・レーサーを着ておけばメダルだった」なんていわれたくないでしょうし。メンタル面でも外国に負けないために、着ちゃうでしょう。ミズノやアリーナなど、メーカー所属の選手は別でしょうけどね。

日本水連との契約なんか、メダル取りのためにはどこかへ放り出す方がいいんでしょうね。残念ですが。


ところで、レーザー・レーサーって普通に売ってるんですか?(爆)


<追記>

男子100ブレで北島康介までこの時期に日本記録…どうなってるんでしょう。

すさまじいなんてもんじゃないぞ。レーザー・レーサー。


「着なければ勝負にならない」スピード水着 日本新5連発の爆発力 MSN産経ニュース

その北島がえらいことを言ってます。
「水着は体に合ってなかった。それでも速い。何かある」

おいおいおいおい。こりゃ、本物ですぜ。

F1に例えると、昔のウィリアムズの「リ・アクティブサス」みたいなもん?
あるいはルノーの「マス・ダンパー」?
あるいはフェラーリなどの「フレキシブル・ウィング」?

とにかく、とてつもないデバイスだと言えそうです。レーザー・レーサー。



<さらに追記>

北島、200バタで世界記録を1秒近く更新。


ありえねー。この時期に。
北島ほどの選手なら、ますますあり得ない出来事です。

これ、水着がすごいとばかりいわれてますが、「水着で速い」のではなく、選手の100%の実力をロスなく引き出している、っていうだけのものなんでしょうね。

本番になったらどうなるんでしょうか…。



komelong_01-160.gif
posted by こめろんぐ at 18:22 | Comment(9) | TrackBack(0) | モースポとバイクと佐藤琢磨と | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月05日

地デジのコピー規制、アフォ過ぎ。だからオイラは…(ちょい修正)

最近のテレビは、地デジ地デジとうるさいですね。
地デジのテレビが売れてないから焦ってるんだそうですが、わが家のように
「今あるテレビが壊れてないから、あと3年使う」という家庭が圧倒的多数だと思うんですよ。

だって、地デジのテレビ、べらぼうに高いし。

わが家のブラウン管、25型で39800円で買ったんですよ。

テレビって本来はそれくらいの値段でしょ。なに、昨今の「37型が今なら大特価・16万円」とか。
一般家庭なめるな。

で、も一つ腹立つのが「コピーワンス」(コピワン)ですよ。

事実上、地デジの放送はコピーできない仕組み。あれ、消費者をなめてますね。
「デジタルは劣化がないから、コピーされてばらまかれると困る。著作権を守るため」
というお題目ですが、おかげで私の実家で録画した番組をDVDメディアで持って帰ってきても、うちのDVDで再生できないし(旧式なんです)、番組をパソコンでDVD-Rに焼こうと思っても焼けないし。コピワンがかかっていると、ハードディスクからDVDメディアに焼いたあと、そこから別のメディアに移し替えることもできません。これ、DVDメディアが劣化したらもう、見られないってことですわ。

挙げ句の果てには、ハードディスクレコーダーからDVDに焼いたら、元データが消えるんです。焼く動作が失敗しても、元データは消えます。

つまり、「愚民どもは番組を保存するな」といってるようなもの。どんだけ上から目線やねん。

まあ、地上波番組の大半は、一回見たらもう十分。残す必要なし、なんですけどね。

ごく希に「ずっと置いておきたい」っていう番組があるでしょ。例えば、去年のF1カナダGPとか。

それを保存したくてレコーダーを買っているのに、「ずっと残せません。下手すると一瞬で消えます」なんてアリ? それは詐欺だろ。

そもそも、DVDメディアには「私的録音録画補償金」がかかっていて、法律で許されている「私的なダビング」にすら金取ってるんですよ。「デジタルの劣化しないダビングをされると、私的であっても著作権侵害になるから、それを消費者は補償しろ」的な言い訳で。無茶苦茶な理屈です。

100歩譲って、一般消費者の法的に許される録画、複製が著作権侵害になるとしても、それを金銭的に補償しているのだから、「コピワン」はおかしいでしょ。むしろ、「コピーしてください。補償金もガバっといただきます」の方がすっきりしている。「金は取ります。でもコピーは認めません」って何それ。人をバカにしてるの? 

まして、無料放送している地デジ放送にコピー規制かけるなんて国は世界広しといえどもこの日本だけですわ。アホすぎる。

で、コピワンがあまりに不評で、デジタル機器の普及が進まないので、「10回までダビングを認めましょう」という「ダビ10」という新しいコピーガードに変えようとしているようです。

これも、「大元からコピーを取るのはいいけど、そのディスクをコピーすることはできないよ」っていう、コピワンと本質的に同じシロモノです。まあ、DVDメディアへのコピー失敗でいきなり消えることはないっていうだけ。事実上「コピーするな」という技術に変わりはありません。

これでも、著作権管理団体と家電メーカーが大もめ。「ダビ10」は導入先送りになりました。どういう理屈なのかは、NHKの解説委員室ブログがとっても詳しく、分かりやすく説明しています。ぜひ、ご覧になってください。

要は「補償金をハードディスクレコーダーやiPod、カーナビ、その他諸々のハードウェアにも課せ。でないとダビ10は認めん」と著作権管理団体がごねており、家電メーカーが「なにいうてる。コピーガードは完璧や。四の五のぬかすな」と反論しているということなんですが…。

iPod(などのMP3プレーヤー)に課金するってふざけてるだろ。
だって、その曲は既に消費者が購入したデータやCDなわけで、消費者が購入した時点ですでに著作権者に金は入っているわけです。さらに金をせびるのはお門違いだろ。普通に考えて二重取りだろ。ふざけるな。「コピーガードは完璧」という家電メーカーの言い分の方が、筋は通っていますよ。腹立つくらいにね。ええ。


で、オイラが思うに…

コピーガードと「補償金」を両方やろうとするからおかしなことになるんで、この際コピーガードはやめて、メディアへの「補償金」一本でいった方がすっきりすると思うんですよね。メーカーはコストダウンできるし、機器が普及して著作権者にも利益になる。一方、著作権者は自らの作品を公表する機会が増え(機器の普及で)、コピーすればメディア代から「補償金」がたっぷり入る。だれか損してますか? しないよね。


カスラックとBカス以外は(爆)


そもそも、地デジは無料放送なんだし。そこを出発点に考えれば、何が合理的に正しいのかは明白です。

コピーしない人は余計な金を払う必要はなし。コピーする人は著作権者に補償金を払う。それでいいじゃん。

日本の著作権管理団体には、その「筋」を通すような懐の深さや思慮はないようです。文化庁もね。




そんなアフォどもに付き合ってられません。




なので、オイラは…









765557071_86.jpg



friio買いました(爆)

これが何者か、詳しくはググって見てください( ̄ー+ ̄)ニヤリッ

komelong_01-160.gif
posted by こめろんぐ at 05:35 | Comment(7) | TrackBack(0) | ニュースに一言! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月03日

「破産チェッカー」をやってみた

面白いものを見つけました。「破産チェッカー」http://hantei.jp/というものです。これ、ケータイでもできるようですよ。

で、オイラも早速やってみました!











こめろんぐは破産します

負債額:-7279万円
79329位/111070人中

何でコンナ結果なの自分に聞いてみ。ちなみに、アナタは怨まれるかもしれないよ…。

 赤裸々な人生明細
適正年収
369万円
死ぬまでに得るお金
1億7585万円
死ぬまでに使うお金
2億4865万円
お金の使い道
 クリーニング代:60%
 消費税:15%
 焼肉:14%
 :11%
 破産しない方法はコレだ
やるべきこと
 親孝行
おまもりアイテム
 馬券
 理想の結婚相手
 福武さんのムコ養子になって
 福武ろんぐになれば
人生チョット良くなるヨ
 アナタにピッタリなお仕事
指揮者
声優
( ̄□ ̄;)!ホエー!!
 余計な判定結果
有名人になる確率
 2%
犯罪者になる確率
 42%WARNING
愛されるアダ名
 ミスターこめ
 パパイヤこめ
 スキャンダルこめ








ひどいorz



てか、もうちょっと金の使い道を工夫しようよ。俺(爆)

クリーニング代にいくら使ってるんだか…。

お守りアイテム「馬券」って、それだから破産するんじゃ…

犯罪者になる確率も工エエェェ(゜Д゜;)ェェエエ工 

パパイヤこめって頭はもじゃもじゃ?(爆) それでもダメなもんはダメジャン!


ちなみに、本名でやっても破産でした(爆)
http://hantei.jp/copy.php?h2=13c99d844eb4cf70cd0e4d11970bf0cd
しかも、本名の方が金の使い道がひどい…。


お、おいら、こんなひどい使い方はしてないやい!


というわけで、ネタにはぴったりのこの遊び。皆さんもやってみては?


komelong_01-160.gif
posted by こめろんぐ at 17:59 | Comment(9) | TrackBack(2) | 日記なのか? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月02日

こいつら、何寝言いってんの? 大阪府職員労組の団交で公務員のお馬鹿さ加減発覚。

いやあ、当ブログの読者の方で公務員の方、このエントリは読まない方がいいと思います。思いっきり貶しますので。




さて、注意書きも終わったとことで、このニュースに脊髄反射してみます。


橋下知事、初の団交出席 職員「私たち悪いことした?」 asahi.com
 2008年06月02日11時59分
 「私たち、何か悪いことをしたでしょうか」――。大阪府の352億円にのぼる大幅な人件費削減案をめぐり、橋下徹知事は2日、職員労組との初めての団体交渉に臨んだ。職員からは切実な訴えが相次いだが、橋下知事は「今回は緊急避難的にやむを得ない」と理解を求めた。
 橋下知事は午前中、府労働組合連合会(新居晴幸委員長、約1万8千人)との交渉に20分余り出席し、職員の生の声を聞いた。
(中略)
 今年度で定年退職を迎えるという別の男性職員は、退職金が今年度から5%削減されることを「後出しじゃんけん」と批判。「42年間、私なりに前向きに仕事をしてきた。最後のしっぺ返しがこれかと。後出しじゃんけんが悪いことは子どもでもわかりますよ」と怒りをぶつけた。
(以下はリンク先参照)



(゚Д゚)は?


大阪府ってめっちゃくちゃ、借金あるんですよね? 財政再建団体一歩手前ですよね? 自治体の財政再建団体って民間企業でいうところの「倒産」でっせ。

「会社が倒産寸前だから、社員の給料減らす」なんてどこの会社でもある話ですよ。
うちの会社だってここのところ、「かろうじてベアゼロ」「期末手当は毎年大幅減」でっせ。わが家では、ぼちぼち住宅ローンの支払いにも影響が出てきましたよ。子供の習い事も減らしましたよ。長男の散髪はオイラがやってますよ。オイラ、散髪は5カ月に1回だし、歯医者にも行ってませんよ。車に乗る回数もぐんと減りましたよ。でも、不景気だし、会社の売り上げも上がってないのだから、しょうがないといえばしょうがない。世の中そういうもんです。会社が潰れるよりマシですから。

なのに、大阪府職員さんと来たら、「給料減らす」といったら「私たち、何か悪いコトしました?」だと? 「退職金が減るなんてずるい」だと?

お前ら、寝言は寝てから言え!

給料が減ったところで、民間よりはるかに給料がいいじゃないか!(大企業と比べるなよ?)退職金がたった5%減らされるだけで「しっぺ返し」だと? 倒産寸前の会社で、退職金がもらえるだけありがたいと思え!

しかも、お前らは共済年金という超優遇年金がもらえるんだよな。
民間の厚生年金よりもはるかに安い掛け金しか払ってないクセに、厚生年金より高い年金を受け取れる仕組みなんだよね。税金から補助をもらって。

お前、民間企業に勤めてるサラリーマンの前でそんな愚痴をこぼしてみろ! 袋だたきの目に遭うのがオチだぞ。

公務員が給料減るといえば「悪いことをして処分された」以外の場面は今までなかったんでしょうね。

世の中知らなすぎなんですけど。

お前ら、だれが払った税金で飯を食ってんだよ!

ちょっとは立場をわきまえろ!

そりゃね、サービス残業しまくりのトンデモ部署もあるでしょう。
苦情処理で胃がきりきりする人もいるでしょう。
国家公務員のキャリアともなれば、大半の人が定年退職できない事情も承知してますよ。

それでも、民間企業と比べたらあんたたちは天国で暮らしてるに等しい待遇なんだぞ。それを自覚しろよ。


公務員のお前ら、いっぺん、一般企業の底辺で地獄を見てこい。

自分がどんだけすばらしい待遇かよくわかるはずだ。

あああ、腹立つ。公務員がみんながみんな、こうじゃないと信じたいですけどね…。


komelong_01-160.gif
posted by こめろんぐ at 21:29 | Comment(10) | TrackBack(1) | ニュースに一言! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。