2008年09月28日

【訃報】ポール・ニューマン氏死去

ハリウッド俳優のポール・ニューマンさんが亡くなったそうです。

「明日に向って撃て!」のポール・ニューマン氏死去

 【ロサンゼルス27日共同】AP通信によると、映画「明日に向って撃て!」「スティング」などで知られる米国の俳優、ポール・ニューマン氏が26日、がんのため、東部コネティカット州ウェストポート近くの自宅で死去した。83歳だった。同氏は今年6月、がんで闘病中と報じられていた。
 1925年、米オハイオ州クリーブランド生まれ。第二次大戦に従軍後、エール大などで演技を学んだ。ブロードウェーの舞台で注目され、ボクシングの世界チャンピオンの半生を演じた映画「傷だらけの栄光」(56年)で一躍スターとなった。 (00:28)


ポール・ニューマンの映画といえば、オイラは「ハスラー2」が印象的ですね。

もっとも、モースポファンのオイラにとって、ポール・ニューマンといえば、アメリカのレーシングチーム「ニューマン・ハース」の方が印象的です。

1970年代にカール・ハース氏と結成し、CARTに参戦。オイラがインディーを見始めた1980年代後半は、マリオ・アンドレッティ(元F1チャンプ)がエースドライバーで、ペンスキーのエマーソン・フィッティパルディ(元F1チャンプ)、リック・メアーズ、ギャレスのアル・アンサーJr、ボビー・レイホール(チーム忘れた^_^;)らと熾烈なデッドヒートを繰り広げていました。とにかく、マリオが速かったわけで、オイラはマルボロカラーのペンスキーを駆るエマーソンを応援しまくっていたという(^_^;
そのころのF1は、マクラーレン・ホンダがマルボロカラーだった時代。F1では「壊れろ(爆)」とかさんざんけなしてたマルボロカラーの車を、CARTでは思いっきり応援するという訳のわからんことをやってました。

ニューマン・ハースチームにはその後、マイケル・マリオ親子をドライバーに据えたり、F1チャンプを取ったナイジェル・マンセルを受け入れ、ルーキーチャンプを取らせるなど、なかなか話題性が豊富なチームでした。

CARTがIRLとチャンプカーに分裂したあとは、チャンプカーシリーズに参戦。近年はセバスチャン・ボーデが所属し、2004−07年まで4年連続チャンピオンをあげたのが記憶に新しいところです。(その後、赤牛2号からF1参戦)

あ、そうそう。昔のスカイラインR30型(6代目)のCMに出演してましたね。このため、R30の通称が「ニューマン・スカイライン」ですから。(後期型RSの「鉄仮面」は別にして)。

そんな感じで、ポール・ニューマンを俳優ではなく、レーシングチームオーナーとしてとらえていたオイラ。これでいいんだろうかと思ったりして。


とにもかくにも、ご冥福をお祈りします。合掌。


komelong_01-160.gif
posted by こめろんぐ at 15:26 | Comment(3) | TrackBack(0) | モースポとバイクと佐藤琢磨と | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月23日

あの名カメラ「ペンF」、現代に復活か!? オリンパスが「マイクロフォーサーズ」規格の試作機を発表

ドイツで開催中の見本市「フォトキナ2008」で、オリンパスがレンズ交換式カメラのプロトタイプのモックアップを発表しました。

こ、これは( ・∀・)イイ!!


oly-mft1-001.jpg

写真は
http://www.dpreview.com/news/0809/08092208olympus_micro_four_thirds.asp
より。ほかにも何枚もありますよん。
http://a.img-dpreview.com/news/0809/Olympus/mft3.jpg とか( ̄ー ̄)ニヤリ

これ、先月に発表された、レンズ交換式カメラの新規格「マイクロフォーサーズ」に則ったオリンパスの第一号となるべく開発されているそうです。

これはコンパクトでかっこいいカメラですわ。思わずよだれが(^_^;

マイクロフォーサーズは、オリンパスとパナソニックが発売中の一眼レフの規格「フォーサーズ」と同じ撮像素子を使い(35ミリフィルムの1/2サイズ)つつ、レンズから撮像素子までの距離を半分に短縮。この結果、レンズマウント口径やボディーサイズそのものを小型化でき、一眼レフに必要なミラーを省くことでレンズの設計の自由度を増して、よりコンパクトなカメラを作ることができるようにした規格です。動画撮影にも対応しており、レンズアダプターを介して、一眼レフのフォーサーズレンズをそのまま使うことができます。
詳しくは
http://www.four-thirds.org/jp/microft/
http://www.olympus.co.jp/jp/news/2008b/nr080922mfourthirdsj.cfm
などをご覧ください。

ちなみに、この規格でパナソニックがすでに「世界最小一眼カメラ」(一眼レフではない)を発表していますが、いまいちデザインにセンスがないし、ファインダーもEVFで意味ないし、あれじゃ規格の意味なしですわ。



さて、そのマイクロフォーサーズの規格の趣旨、そしてオリンパスが今回発表したレンズ交換式コンパクトデジタルカメラをみて、私は往年の名機「オリンパス・ペンF」を思い出さずにはいられませんでした。


知ってる人は知っているでしょう。昭和の一時代を築いたカメラシリーズ、オリンパス・ペン。

電池いらずなのに自動露出が可能で、ピントはパンフォーカス。ボディーサイズも超コンパクト。

通常の半分のフィルム面積しか使わないため、24枚撮りのフィルムで48枚も撮れるという、画期的なシリーズでした。

その「ペン」にはレンズ交換式の一眼レフが存在しました。それがペンFです。

pen_fmukasi.jpg
http://www.olympus.co.jp/jp/corc/history/camera/pen.cfmより

1963年に発売された、世界最小の一眼レフカメラシステムです。この、ペンタプリズムの飛び出しがない設計は、後にオリンパスE-300にも生かされ(とオイラは考えます)、交換レンズは20本も発売。しかも、OMレンズアダプターで、オリンパスの一眼レフ・OMシリーズのレンズも使えました。


コンパクトなレンズ交換式ボディー、一眼レフカメラの子分的存在で規格、レンズの下位互換性…

まさに、45年前に発表されたペンFそのものではないですか!


しかも、かっこいい!!!


このカメラ、このままの形で設計されて、コンパクトなレンズで12ミリF2.8とか出たら…


マジで買いますわ( ̄ー ̄)ニヤリ


名前はもう、決まりでしょ?

オリンパス ペンFD ですよね( ̄ー ̄)ニヤリ


できれば、フォーサーズでOM→フォーサーズアダプタがあったように(持ってます)、こちらにも「ペンF→マイクロフォーサーズアダプタ」を出してもらえないでしょうか…オリンパスさん(爆)

いや、ペンF用のレンズ、持ってないけど(^_^;


komelong_01-160.gif
posted by こめろんぐ at 23:48 | Comment(2) | TrackBack(1) | ニュースに一言! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月19日

「紅の琢」予告編始まる。久々に琢磨がF1に帰ってきた!

現在、スペインのヘレスサーキットで行われているF1合同テスト。先日のイモラで「ミラクル」を見せた赤牛2号ことトロロッソのマシンを、我らが佐藤琢磨がドライブしました!


110222takuma.jpg


…あのヘルメット、あの目つき、間違いねぇ。ヤツだ! アラバマのおふくろにいい土産ができたぜ!


110211takuma.jpg


T.SATOだと!? あの赤いマシン、あの野郎が帰って来やがった!


110187takumaa.jpg


「タク、あなたなの? そう。よかった。探しにいくところだったのよ」
「程よくやせたぜ。何せ、5ヶ月もサーキットから離れていたからな。これからマシンを転がしにヘレスにいってくる。あの野郎が店に来たら伝えてくれ。また、会おうぜってよ」
「なによヽ(`Д´#)ノ!! あなた達ドライバーは、女をピットのロリーポップか何かとしか思ってないんでしょ! もう、いい加減無茶はやめて。お願いよ。こんなことばっかり続けてたら、タクの丸焼きになっちゃうんだから。いやよ私、そんなお葬式」
「…走らねえタクは、ただのタクだ」
「バカァ!」ガチャ



110191takuma.jpg



そして、そのテストタイムは果たしてどうなった!?



ヘレス - スペイン 18 09 2008
Pos.ドライバーコンストラクターズTimeLaps
1 S・ヴェッテルレッドブル01:18.00137
2 N・ハイドフェルドBMW01:18.16770
3 L・ディ・グラッシルノー01:18.99936
4 P・デ・ラ・ロサマクラーレン01:19.28139
5 A・ブルツホンダ01:19.49979
6 佐藤 琢磨トロロッソ01:19.57449
7 小林 可夢偉トヨタ01:19.86347
8 中嶋 一貴ウィリアムズ01:21.89260


赤牛本家をドライブしたヴェッテル君、勢いがありますね。

肝心の琢磨は49周で最速ラップが01:19.574。前日にドライブしたGP2ドライバーのブエミよりもコンマ7秒近く速いタイムをたたき出しました。今季初ヘレスでさすが! といってもいいでしょう。
これで、来季のシートがぐっと近づいたかも!?

で、今さら気づいたんですけど、この日は可夢偉とカズキもドライブしたのね。ぱっとしませんが。


20080918takuma.jpg


意外とこのスーツ、似合うじゃないですか。

あとはオーナー次第ですな。



ベルガーさん!

よろしくお願いしますよ!




<追記>
琢磨のコメントキタ――(゚∀゚)――!!

http://f1-gate.com/sato/f1_1741.htmlより

「午前中のセッション開始直後は空力データを収集していた。その後、セッションの終わりまでタイム計測走行を行ったので、クルマの感触を実際に確かめることができた。楽しく走ることができたよ」

「残念ながら午後は雨が降り始めたので走行をストップした。午後は本格的に走る予定だったので楽しみにしていたが、本当に残念だった。天気のコンディショ
ンが悪くて最後まで走ることはできなかったが、STR3を運転するのは本当に楽しかった。今回の素晴らしい機会を与えてくれたレッドブルとチームに心から
ありがとうと言いたい」

雨降ったということは、周回の多いチームはウェットを試したってことね。琢磨ほかが何かトラブったのかと思っちゃったりして(^_^; 雨なら納得です。ちょっと残念かも?


以上、写真はhttp://f1.gpupdate.net/ja/より!


佐藤琢磨を応援しています!
trt-mini-200-40.jpg
komelong_01-160.gif
posted by こめろんぐ at 01:00 | Comment(7) | TrackBack(8) | モースポとバイクと佐藤琢磨と | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月15日

F1イタリアGP決勝で「紅の牛」のヴェッテルが快挙!

あれだけの走りを見せられると、もう、フロックとは言えません。波乱となった雨のイタリアGP決勝。
予選で初ポールをとった「赤牛2号」こと、トロロッソのセバスチャン・ヴェッテルが、見事なポールトゥウィンを達成しました!



もちろん、史上最年少優勝記録(これまではアロンソ)も更新。前身のミナルディから数えても、チーム初優勝。っていうか、初表彰台ですし。イタリアのちっぽけなチームが送り出した車が、ミナルディ発足から数えても23年目で初の「勝利の美酒」を味わうことになりました。

ミナルディといえば、日本人の片山右京、中野信治両氏がドライブしたチームでもあります。レッドブルに買収されてトロ・ロッソになっても工場は同じで、メカニックもほとんどそのまま引き継がれたそうです。今回のフジテレビ地上波の解説を務めた右京さん、半分泣きかけでしたね。自分のいたちっぽけなチームが、こんなでっかい仕事をやってのけたんですから。ミナルディは、トゥルーリ、アロンソがデビューしたチームでもあり、決して「弱小」の一言で片づけられるチームではありません。

ま、本気を出せばこんなもんよ。

ジャンカルロ・ミナルディはこんな風に思ってたりして(爆)


それはともかく、レースは雨が降りしきる中、昨年の富士と同じく、セーフティーカー先導によるローリングスタートとなりました。ポールのヴェッテルは、去年の忌まわしき富士の思い出が頭をよぎったでしょうけど、あのときさんざん惑わせてくれたハミルトンは、はるか後方です。セーフティーカーが3周目で引っ込み、レースがスタート。ここからヴェッテルは2位のコヴァライネン以下を全く寄せ付けず、見事に逃げ切りました。

跳ね馬エンジンのセッティングも決まり、マシンのセットアップも完璧。ピット作戦も大当たり。ヴェッテルのためのイタリアGPとなりました。4位スタートだったチームメートのボーデは、スタート直前にエンジンストールでレースを失い、赤牛2号の2人に明暗がくっきりと。ああ、もったいない。


昨今のF1は、強豪チームしか上位に入れない、ある意味おもしろくない状況でした。トロ・ロッソって、ちょっと前はスーパーアグリと肩を並べるチームだったんですぜ。そんなちっぽけなチームが、兄貴分(レッドブル)はおろか、並み居るワークスチームを蹴散らしてしまうなんて、痛快痛快! こんな番狂わせなら、もっと見てみたいモノです。


さて、チャンピオンシップでポイントリーダーのハミルトンは1ストップ作戦が奏功し、一時はトップを伺いますが、雨がやんだことで作戦は不発に。
というより、罰が当たったとしか思えないのは私だけ?

まあ、ハミの走りの汚いこと汚いこと。堂々とパッシングすればいいのに、わざわざ車をアウトに振って幅寄せして、相手をコースアウトさせること数度。前走のベルギーではシケインをショートカットした後、自分は路面の良いところをキープしながらライコネンに一度道を譲ったふりをして、再度抜き返すというあくどいやり方をしてペナを食らいましたが。今回の幅寄せも結構、ひどいよね?

あんなのにチャンプをとって欲しくないなぁ。

かつてのアイルトン・セナも、ナイジェル・マンセルもアグレッシブではありましたが、あんな汚い抜き方はしなかったよね? ハミは一度、焼きを入れられないとあきまへんな。

もう一つのサプライズは、BMWのクビサ。11位スタートだったのにあんた、いつの間に3位に上がってた? この「いつの間にか上位」スタイルは、かつてのラルフ君を彷彿させます。あと何度かこんなことがあるのなら、「2代目いつの間にか君」と命名しましょうか( ̄ー ̄)ニヤリ

さて、勝利の味も知ったトロ・ロッソ。今週行われるヘレス合同テストで、18日にトロ・ロッソのマシンを転がすのは、我らが佐藤琢磨です! このテストで何とかいい走りを見せて、来期のシートを確定させてほしい! 心からそう願います。



佐藤琢磨を応援しています!
trt-mini-200-40.jpg
komelong_01-160.gif
posted by こめろんぐ at 17:40 | Comment(3) | TrackBack(10) | モースポとバイクと佐藤琢磨と | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月14日

紅の「牛」が快挙なり! F1イタリアGP予選

結果を見てびっくりしましたよ。ええ。ウエットコンディションならではの出来事とはいえ、とんでもないことになりました。イタリアGP予選。


「ねえ、お願いよ。無茶をしないで。今にバーベキューになっちゃうんだから。私イヤよ、そんなお葬式」
「…走れない牛はタダの牛だ」
「バカぁ!」
がちゃん。

こんな会話が彼女と交わされたんでしょうか。赤牛2号ことトロ・ロッソのセバスチャン・ヴェッテル君がとてつもない偉業達成です。


本家をさしおいて、初ポールですよ。
ハミルトンを差し置いて史上最年少記録ですよ。
すばらしい。

前身のミナルディ時代から数えても、初ポールです。(金曜予選でのトップタイム、というのはありましたが)
とってもすばらしい!

赤牛2号は近い将来、琢磨が乗るであろうチームです(勝手に断言)。
本家をさしおいてこのような戦績を残せる、というのは、スーパーアグリに通じるモノがありますね。
すばらしい!

まあ、ハミ野郎がQ2で落ちるとか、地元ライコネンがQ2でこけるとか、波乱の要素はありましたよ。
そんな中で中島JrはいつものようにQ1落ち、馬豚・バリチェロのHONDAコンビもそろってQ1落ちする「定番」もあったわけですが…。

それにしても、赤牛2号=心臓は跳ね馬=の「セバスチャンず」がそろってQ3に進出したのもすごいわけで。そいや、赤牛2号はイタリアのチームですので、地元でっせ( ̄ー ̄)ニヤリ イタリアンは大喜び?

正真正銘の地元チーム・フェラーリは、マッサがなんとか、6位に飛び込みました。これは地元の人気チームの「エース」の意地、なんでしょうか。ずいぶんマッサも成長しましたな。去年までなら真っ先にこけてたでしょうに。

で、予選結果を見てみると、2列目までの4台中、3台が赤牛勢という、とんでもないことになりました。

まもなく地上波の決勝スタート。注目してみたいと思います。


komelong_01-160.gif
posted by こめろんぐ at 21:40 | Comment(0) | TrackBack(3) | モースポとバイクと佐藤琢磨と | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月01日

8月のアクセス解析

さて、月初め恒例のアクセス解析です。
先月は7月に続いてエントリー数が少ない月でした。結構アクセス数も落ちてるんだろうなぁ…と思ったのですが…今回もやや、簡略版にて。

●アクセス数
訪問者数=6,709(前月比-310)
ページビュー数=8,271(同-331)

やっぱり減りました。すいません(^_^; もうちょっとしたら、もうちょっと書ける環境になると思うんですが。

何せ、未完の連載もあります。必ず書き遂げたいと思ってたりするんですが(^_^;

●ページタイトル別アクセス数

順位タイトルPV閲覧時間
1この際、言いたい放題=別冊版:トップ1,9550:02:22
2室伏広治のWikiがすごすぎる9190:04:36
3SIMカードを入れ替えてみた【emobile H11T&EM-ONE】1990:05:32
4「自作着うた」に成功!ただし時間限定付き…。ほかいろいろ【emobile H11T】1790:05:22
5マイクロSD→メモリースティックデュオ変換アダプタをゲット!1680:08:08
6なんなの。この「犯罪予告で逮捕」の雨嵐は。1660:04:41
7カテゴリ: お気軽モバイラー生活1630:13:58
8インストールして動いたアプリたち!【emobile H11T】1480:05:00
9天皇陛下の御料車「プリンスロイヤル」が引退へ1090:05:44
10カテゴリ: モースポとバイクと佐藤琢磨と1070:02:14
(以下は100PV以下により省略)

室伏のWikiの話がスゲーことに(^_^; 一体何ごと??


●検索ワードベスト20
1室伏広治595
2室伏256
3H11T119
4広治91
5フリーオ88
6wiki84
7スバル83
8h11t80
9ディーゼル80
10メモリースティック79
11emobile66
12ゴルゴ63
13イーモバイル53
14御料車50
15変換49
16マイクロSD48
17パソコン45
18エネルギー回生システム42
19うるさい40
20レガシィ39

け、検索で「室伏広治」がすごいことに…試しにググってみたら、6番目に出てくるし(^_^;

それをのぞくと、イーモバイルH11T関連が絶好調で、長らく上位をキープした「御料車」関連を凌駕しそうです。


てなわけで、ではまた!

komelong_01-160.gif
posted by こめろんぐ at 02:03 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記なのか? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。