2008年11月29日

どうなる、トロ・ロッソと琢磨のシート

F1のトロ・ロッソの50%の株を持つ共同オーナー、ゲルハルト・ベルガー氏が、自分の持ち株分をレッドブルグループに売却したそうです。来季、ベルガー氏はこのチームに一切関わりません。つーか、レッドブルグループにはすでに直参の「レッドブル・レーシング」があるので、レッドブル・グループは2つのチームを持つことになります。

これっていいんだっけ?

ベルガー氏は今回の売却について、「2009年のレッドブルは、トロへの支援が少なそう。せっかく今年は大躍進できたのに、また最下位転落なんてやってられない。だから降りたよ」的なコメントを残していますが…。
http://fmotorsports.cocolog-nifty.com/f107/2008/11/post-82b3.html

まあ、ミナルディに戻るだけなんだから。そこからまた、たまに上位陣を脅かす渋いチームであってほしいと思うんですけどね。

で、レッドブルがトロをわざわざもう一度、100%自分のものにした理由なんですが、レッドブルは近い将来にトロ・ロッソを売却したい意向なんでしょうね。2010年とかに。

これまでは2チーム4台で、マシンの熟成度も上げやすかったし、自前で育てた若手ドライバーのシートも確保できたけど、もういいよ、と。

ミナルディから続く、ちっぽけなファクトリーの伝統が今後も続くのであれば、売却もまた、よしかもしれませんね。


いや、それはともかく、すでにレッドブルの総帥、マテシス氏は、「トロのドライバーの1人はセバスチャン・ブエミで決まり」という始末。まあ、1席はそうなるだろうなと思ってはいましたが。

残る一席です。

これを争うのは我らが佐藤琢磨とセバスチャン・ボーデ、そして、HONDAをクビになりそうなルーベンス・バリチェロも交渉している、との話も。
http://fmotorsports.cocolog-nifty.com/f107/2008/11/post-ab29.html


先日の冬季テストでは琢磨はボーデに勝ってます。残る不安材料は「名前」だけ。どーもマテシスさん、セバスチャンが好きだからな〜(爆)

で、現時点で強力なライバルになりそうなのがバリチェロですね。HONDA時代はボロボロでしたが、腐っても元フェラーリのNo.2。腐っても267戦9勝。実績「だけ」は琢磨より上ですからねぇ…。

とっとと引退してくれればいいのに。まったくもう。

その琢磨、今週は日本のファンの前でトロ・ロッソの手応えを語りました。
詳しくはF1Gate.comの以下の記事か…
佐藤琢磨 トロロッソのテストを語る
佐藤琢磨 2009年のF1マシンを語る
佐藤琢磨 持参金について語る


beachさんのブログの
Takuma Club Meeting in 東京
Takuma Club Meeting in 東京 U
Takuma Club Meeting V
TCMに参加して


が詳しいです。

あと、ほんわか柔らかめなのがguwaさんのブログの
Takuma Club Meeting in 東京プチレポ。

そんなに速いんだ。トロの車。ぜひとも乗ってほしい! そう思うんですけどね…。

こればっかりは、マテシスのご意向の話だからなぁ。何とか支援する方法はないものでしょうか。
そのドライバーは12月中旬には発表されそうです。


ところで、レッドブルのマーク・ウェーバーがイベント中の事故で骨折し、冬季テストを担当できなくなったとか。これにより、レッドブルはヴェッテルとブエミの「セバスチャンず」を起用するようです。
http://f1-gate.com/redbull/f1_2407.html

すると、12月のトロのテストは誰が? ブエミが取られるから琢磨&ボーデか琢磨&バリチェロ!?

いや、そもそもその前にドライバーの発表でしょ。ホントにどうなるんでしょ。


願わくば「紅の琢」実現を! 



佐藤琢磨を応援しています!
trt-mini-200-40.jpg
komelong_01-160.gif
posted by こめろんぐ at 15:24 | Comment(5) | TrackBack(0) | モースポとバイクと佐藤琢磨と | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月23日

定額給付金ってそんなにありがたい?

なんだかよく分からないうちに、「定額給付金」なるものが支給されることになりましたね。

麻生さん、これで「貧乏人に優しい自公政権を、今後もよろしく!」ということなんでしょうけど、以前のエントリ「更迭する人間はどっちが先だろうか。」でも書いたとおり、国民をなめすぎでしょ。

一人あたり12000円。子供と年寄りは8000円加算。我が家の場合は84000円が来る計算です。地域振興券の時よりも額はでかい。しかも、現金らしいとの話もありますし。

確かにありがたいですよ。


けどね。


麻生さん、国民はバカじゃないのよ。あんた、消費税の値上げを公言してるだろ。

「やった! 金もらえてラッキー」って心底思える国民が何人いますかね。

しかも、最近では「3年をめどに」といっていたのが、「景気回復すれば直ちに」で消費税を上げるそうですから。税率10%にされたら、1年で元を取られますやん。

おまけに、「所得制限とかの支払い基準は市町村に任せる」ですと。

国の施策なのに、なにをやってるんでしょうか。同じ境遇でもらえる人ともらえない人が出てくる、そんなばかげた制度は今まで聞いたことがありません。法の下の平等って基本的人権の中に入ってませんでしたっけ?

市町村の首長からすら
「こんなの経済効果があるわけない」
「基準を市町村に任せるなんて、無責任もいいところ」
などと苦情が出る始末。

市町村からしてみれば、変な責任はかぶせられるわ、支給のために余計な経費はかかるわ(主に人件費)、具体的な経済効果がないことは地域振興券で実証済みだわ、いいことは何一つありません。まさか、市町村職員に「おまえら、サービス残業しろ」とでもいうんでしょうかね。公務員が率先して労働基準法違反推奨ですか。ますます、世の中の民間企業にサビ残が横行し、天下に金が回らなくなりますよ。ええ。


ただ、これだけはいえます。

今回のばらまきは単に、公明党の「ウチの党が実現しました!」と威張れるネタを増やしただけ。

2兆円の借金してくれ、なんて誰も頼んでないんだけどなぁ。


おまけに、「住所地で受け取る」だから、ホームレスの人とか、ネットカフェ難民とか、児童虐待受けてて親と別居中の子供とか、DVで配偶者から逃げている人は恩恵を受けないわけです。一番困ってる人が受け取れない「給付金」。弱者救済ではなく、「持っている人」への単なる「ばらまき」。それがこの給付金の正体です。

麻生さんや鳩弟が豪邸をうっぱらって財源に、というなら自民党を見直してもいいんだけど。



あ、そうそう。





我が家の場合、84000円は…











全額、「ローン返済に充当」と決定しましたが何か?


もちろん、オイラのところには一銭も来ませんil||li _| ̄|○ il||li


komelong_01-160.gif
posted by こめろんぐ at 19:16 | Comment(5) | TrackBack(0) | ニュースに一言! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月21日

来季のF1らしいものが見えてきたかも。バルセロナテスト終了

さて、F1冬季合同テスト第一幕が終わりました。

このテストで早くも、来季のマシンっぽいものが出てきましたね。まず、見た目ですぐに分かるのは…


115919bmw.jpg

BMWザウバーですな。てか、このフロントウイングはやっぱ、でかすぎとしか言えない…。
それに、リアウイングの小ささ、ボディー回りのシンプルさを兼ね備え、まさに来季用マシンでしょうね。
このフロント回りの造形が、昔のFW26に似てるような気がするのは気のせいでしょうか。


115923williams.jpg

ウィリアムズはフロントウイングがBMWほど目立って幅広なわけではないんですが、やっぱ、リアウイングの小ささが目を引きます。


115889honda.jpg

ボディー回りとフロントウイングだけ、来季のレギュレーションに合わせてみました、といわんばかりのHONDA。フロントウイングの取り付けは、上の2つに比べて洗練されていますね。


続いて、ちょっとした小物を。



115827feraka.jpg


シート後ろに「高圧電流注意!」のコーションマークが。電気式KERSがこの辺に積み込まれているんでしょうか。そういえば、バッテリーってどこに積むんでしょうね…。



115841bmwka.jpg

よく見るとBMWザウバーのインダクションポッドのとこにも「高圧電流注意」が。

確か、シーズン中のテストでも感電事故があったんでしたっけ。こわいですね。


そういえば、機械式KERSを積んだ車ってまだ、走ってないんでしたっけ?これがどんな形で収まるのか、早く見てみたいですね。

そして、トロ・ロッソのニューマシンはどんな風に仕上がってくるんでしょうか。楽しみです。



komelong_01-160.gif
posted by こめろんぐ at 01:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | モースポとバイクと佐藤琢磨と | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月19日

F1バルセロナテスト2日目 もう、琢磨は「当確」でいいんじゃない?

さて、スペイン・カタロニアサーキットで行われているF1冬季合同テスト2日目ですが、佐藤琢磨は昨日に続いてトロ・ロッソをドライブし、チーム内で最高タイムを取りました。


No.DriverNat.CarTestTimeLap
1S.ベッテルGERRedBull Renault1'19.751 70
2佐藤 琢磨JPNToro Rosso Ferrari1'20.017 79
3S.ボーデFRAToro Rosso Ferrari1'20.034 48
4S.ブエミAUSToro Rosso Ferrari1'20.223 99
5G.パフェットGBRMcLaren Mercedes1'21.340 31
6R.クビサPOLBMW Sauber1'21.521 76
7N.ロズベルグGERWilliams Toyota1'21.525113
8J.バトンGBRHonda1'21.770110
9A.スーティルGERForce India Ferrari1'22.073 58
10L.ディ・グラッシBRAHonda1'22.283110
11N.アンジェロ・ピケBRARenault1'22.348 85
12L.バドエルITAFerrari1'22.425127
13M.ジェネESPFerrari1'22.772 31
14N.ハイドフェルドGERBMW Sauber1'22.945 81
15G-V.デル・ガルデHOLRenault1'23.250 37
16P.デ・ラ・ロサESPForce India Ferrari1'23.499 86
(結果はFmotorsportより)

115866takuma.jpg


この日は午前中だけのドライブでしたが、それでもきっちり結果を残しました。新人ブエミは言うに及ばず、今季のレギュラーだったボーデすら振り切るタイムです。ボーデは琢磨と同じマシンで、ラバーの乗った状態でのドライブだったわけで、それでも鼻差で振り切った琢磨。


どうでもいいですがこの日のトップ4が


♪セバスチャンのなっかに〜 たっくま〜がひっとり〜!

状態でワロタんですが(爆)

そういえば、昨日レッドブルをドライブしたWRCチャンプもセバスチャンだし。
ホント、好きなんですね(違うか)

何はともあれ、琢磨ができるパフォーマンスはすべて見せられたと思います。



あとはベルガーさん!

決断の時ですよ( ̄ー ̄)ニヤリ





あ、後ろの方をみて、なんじゃこりゃ状態を発見。

15位って、あの2重契約野郎のギドじゃねーか。
ワールドシリーズ・バイ・ルノーの今季チャンプのご褒美らしいですが…。あの2重契約事件でF1からは完全に遠ざかってしまい、久々の、下手すると最後のF1ドライブか。ご愁傷様です。

16位にテストではおなじみのデ・ラ・ロサがいるんですが、なぜかチーム名が「フォース・インディア」。これ、本当にマクラーレンのレンタルだそうで…。いよいよ、インドの力=マクラーレンBの関係が始まったわけですな。マシンの開発は遅れるそうですが、どうせMP4-23のモディファイなんでしょ?


さて、テストはあと一日ありますが、琢磨は走らないので、明日は来季仕様のマシンについてちょくちょく、チェックしてみたいと思います。

今日のエントリの最後に、琢磨のコメントを紹介しておきます。(ネタもとはFmotorsportより)

 「今回はほんとうにトロ・ロッソのテストを楽しむことができたよ。なぜなら前回(9月)の時は午後になって雨に見舞われて、たった3時間のドライブに留まってしまったからね。7か月ぶりの本格F1ドライブはトータル200ラップにも及ぶもので、マシンは素晴らしい信頼性をみせてくれた。新しいチームで走るという経験はとても楽しいもので、エンジニアがどのように働くのかを見るのは僕にとってもとても興味深いもので感動的ですらあった。こうした機会を与えてくれたトロ・ロッソの全員、そしてレッドブルのディートリッヒ・マテシス/オーナーに深く感謝したい」

オイラたちもうれしいよ!
そして、来季は「紅の琢」がみたい!


佐藤琢磨を応援しています!
trt-mini-200-40.jpg
komelong_01-160.gif
posted by こめろんぐ at 13:21 | Comment(2) | TrackBack(0) | モースポとバイクと佐藤琢磨と | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月18日

F1バルセロナ合同テスト始まる。琢磨だけでなく、注目ドライバーも登場!(追記あり)

F1冬季合同テストがスペイン・バルセロナサーキットで始まりました。

このバルセロナテストには、オイラ一押しの佐藤琢磨がトロ・ロッソから走るのですが、まずは注目ドライバーから紹介しましょうか。(写真はGPUpdate.netより)

まずは、ラリー界からこの人。

115742roub.jpg

今年のWRC世界チャンピオン、セバスチャン・ローブです。ラリーでもターマック(舗装路)SSを得意としてますから、F1でもそこそこ走るでしょうね。ちなみに、これはWRCチャンプとなった「ご褒美」だそうで。
でも、ローブは普段、ジェットヘルメットなので、フルフェイスのメットは窮屈そう(^_^;


次に、注目の新人になるのか。この人です。


115764senna.jpg

このデザインのヘルメット。バイザーのHONDAの文字。
80年代後半と90年代前半を思い出します。これで顎とこめかみのところに「ナシオナル」のロゴとマークがあったら完璧。

そう、この男はブルーノ・セナ。あの、故アイルトン・セナの甥っ子です。モースポを初めてたった4年。今シーズンのGP2ではシリーズ2位となり、HONDA入りが噂されます。


115765senna.jpg

青い帽子をかぶってこの角度だと、アイルトンにちょっと似てる…。

マジで、ブルーノをHONDAが起用するのなら、当ブログでの表記も「ホンダ」に戻すかも(^_^;


そして、我らが佐藤琢磨も登場!


115700takuma.jpg


115786takuma.jpg

「紅の琢」に一歩一歩、近づいていますね!

今日、明日のバルセロナは晴れだそうです。軽タンで一発、とてつもないタイムを出して、赤牛軍団首脳のド肝を抜いてやれ!


ところで、BMWザウバーが早くも、来季仕様のマシンを投入してきてるんですが…


115749bmw.jpg



なんだ、このフロントウイングのでかさは…



まるでミニ四駆(爆)



いや、ローラーがついてそうな勢いなんですもん。ええ。


リアウイングの小ささもすごいですなぁ…。ボディーのシンプルさはいいけど。


また、タイムなどの情報が入ったら、このエントリに追記します。


<追記>


琢磨、初日トップタイムキタキタキタキタ━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━!!


No.DriverNat.CarTestTimeLap
1佐藤 琢磨JPNToro Rosso Ferrari1'20.763121
2S.ブエミAUSToro Rosso Ferrari1'21.071117
3A.ブルツAUTHonda1'21.198 77
4P.デ・ラ・ロサESPMcLaren Mercedes1'21.417 65
5L.バドエルITAFerrari1'22.038 93
6G.パフェットGBRMcLaren Mercedes1'22.235 47
7R.クビサPOLBMW Sauber1'22.341 56
8S.ロウブFRARedBull Renault1'22.503 82
9N.アンジェロ・ピケBRARenault1'22.560 80
10C.クリエンAUTBMW Sauber1'22.883 53
11N.ヒュルケンバーグGERWilliams Toyota1'23.467116
12V.リウッツィITAForce India Ferrari1'23.794 86
13A.スーティルGERForce India Ferrari1'23.832 88
14M.ジェネESPFerrari1'24.117 32
15B.セナBRAHonda1'24.343 39
16G-V.デル・ガルデHOLRenault1'24.908 27
17L.ディ・グラッシBRAHonda1'25.512 48
結果はFMotorsportより


まあ、来年用のマシンのテストをしてたり、ご褒美だったり、今年のマシンをベースにした暫定テスト車だったりの中での、今年仕様マシンを駆った結果なので、単純に喜べるものではないですが、それでも1番時計は気分がいいものです。あと半日残ってますが、ここで決定的な差を見せつけてやれ!


がんばれ琢磨!!




佐藤琢磨を応援しています!
trt-mini-200-40.jpg
komelong_01-160.gif
posted by こめろんぐ at 00:27 | Comment(3) | TrackBack(8) | モースポとバイクと佐藤琢磨と | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月17日

F3マカオGPで国本くんが優勝! 琢磨以来の快挙達成!

やった。やりました!
週末にマカオで行われたF3世界一決定戦・マカオGPで日本の国本京佑くん(トムス)が優勝しました!マカオGPで日本人が優勝するのは佐藤琢磨以来2人目。全日本F3から出た日本人としては初のおまけ付きです!(annoさん、情報ありがとうございました)=ちょい修正しました

FMotorsport Kaigaiより記事を紹介します。

TDP国本京佑、初参戦でマカオを制し「F3世界一」に

 11月12日(木)からの4日間に渡り、中国特別区マカオの市街地コース、ギア・サーキットにて第55回マカオグランプリが開催された。今年もヨーロッパの強豪チームから気鋭のF3ドライバーが参戦、日本からは、TOM'Sがカルロ・ヴァン・ダム、TDP(トヨタ・ヤング・ドライバーズ・プログラム)の国本京佑を擁して参戦。また、ナウ・モータースポーツからTDPケイ・コッツォリーノが初参戦。また、嵯峨宏紀(ル・ボーセ)も参戦した。そして昨年マカオグランプリ3位表彰台を獲得したTDP大嶋和也が、所属するマノーチームより3度目の参戦を果たした。
(中略)
 国本は、落ち着いた走りで最後まで他を引き寄せず、初参戦で見事に優勝を飾り、「F3世界一」の座に立った。国本はマカオGP史上最年少(19歳)での優勝。日本人としては2001年の佐藤琢磨以来二人目、またTDPドライバーとしては初の快挙となる。
TOM'S ドライバー 国本京佑:
トップに立った時点で絶対に抜かせないと思いながら、最後まで練習のつもりで、平常心で走りました。世界一決定戦のマカオで表彰台、しかもその真ん中に立てるなんて出来すぎだと思います。実感はあまりないですが、優勝することができてここまで支えてくれたみなさんに感謝しています。
(省略部はリンク先参照)

これまで、全日本F3からマカオに出て優勝したドライバーは4人いましたが、いずれも外国人でした。また、これらのドライバーはいずれもF1までは行けませんでした。っていうか、マカオ勝者がF1に行ったのって、琢磨が最後なんですね。マイク・コンウェイはテストドライバーで頑張ってはいますが。

国本君はTDPドライバーではありますが、関谷コーチがいい仕事をしたんでしょうか。今や、HONDAを上回る人材養成期間となっていますね。できれば盗用多以外での活躍を望みたいんですが…。

まだまだ若い19歳。今シーズンのF3はシリーズ2位。まあ、でもマカオで勝った以上、全日本のタイトルにこだわらないでいいので、来季は海外F3かGP2で修行を積んでほしい。できれば、小林可夢偉とともにGP2に旋風を巻き起こしてほしいものです。

そして、某ジュニアを超える活躍をキボンヌ! 某ジュニアは何のタイトルもなしにF1に行っちゃいましたからね…。琢磨くらいの実績を残してF1に行ってくれれば、オイラも安心して応援できます。

でも、同じ年に英国F3チャンプ、マスターズF3、マカオGPの両方を優勝。こんなこと、なかなかできませんよね。やっぱ、琢磨はすげーや。


komelong_01-160.gif
posted by こめろんぐ at 22:46 | Comment(3) | TrackBack(0) | モースポとバイクと佐藤琢磨と | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ちょっと待った。何のための三審制なのか!裁判員裁判で「控訴審は一審尊重」

最高裁の司法研修所が最近、トンデモ報告書をブチあげたようです。
裁判員制度に絡むモノですが、これはまずい。

裁判員制度:「控訴審は1審尊重」 3審制に波紋−−最高裁司法研 毎日新聞

 裁判員が加わって出した1審の結論を控訴審はどう評価すべきか−−。最高裁司法研修所は11日、来年5月に始まる裁判員制度の下での控訴審の在り方について研究報告の骨子をまとめた。「国民の視点、感覚、経験が反映された結果をできる限り尊重する必要がある」と指摘し、1審の判断を重視すべきだと提言している。
 裁判員の参加は1審だけで、控訴審は従来通りプロの裁判官だけで審理される1審判決を破棄して差し戻せば再び裁判員を選び直すなど国民の負担も大きく、高裁の裁判官は頭を悩ませていた。司法研修所の研究報告は全国の裁判官が審理を進める参考にしており、日本の3審制の在り方にも大きな影響を与えそうだ。報告書では、「1審判決の内容に誤りがないかどうかを記録に照らして事後的に審査する」という控訴審本来の位置付けを明確にし、より徹底すべきだとした。
 その上で事実認定については「証人や被告の供述の信用性の判断が客観的な証拠と明らかに矛盾したり、事実を見落としている場合でない限り」、量刑も「よほど不合理でない限り」は、1審の判断を基本的に尊重すべきだと指摘。1審判決の破棄は、争点や証拠の整理が適切でないケースなど例外的なものに絞り込まれると思われると結論付けた。(以下はリンク先参照。太字はオイラ)


オイラは裁判員制度の導入については賛成ですが、来年5月から始まる裁判員裁判の仕組みには問題があると思っています。
その問題とは「公判前整理手続き」。これ、膨大な事件の証拠資料や弁護側と検察側が主張し合い、裁判所が審理する「争点」を裁判前に絞り込んでしまうこと。裁判期間を短縮するのが目的です。
これが行われると、すべての証拠を見ないでその事件について判断を下すことになります。下手すると、被告人に死刑を言い渡さないといけないのに、その根拠も不十分なまま、判断を迫られることになります。そんなんでいいのか?
いわば「不完全な裁判」を強いるのが公判前整理手続きだと思うのです。
また、この整理手続きにより、一般市民の裁判員の審理内容の方向が一定程度、誘導される可能性があるのではないかと疑っています。たとえば、「アリバイについて争いの余地なし」と裁判所が判断し、アリバイの証拠は排除されたけど、実はその時は弁護士も裁判所も気づかなかった決定的な矛盾があって、有罪無罪を考える余地が生まれるかもしれない。なのに、裁判員は排除された証拠が見られないから、「アリバイなしか」と結論づけざるを得なくなるわけです。これはまずいでしょ。

ただ、一審が不完全裁判でも二審できちんと審理すれば、不完全さは補完されるわけです。私はそういう解釈でした。日本の刑事裁判の控訴審は「事後審」で、一審の判断の誤りをチェックする機能があるわけですから。

にもかかわらず、その二審すら「一審に従え」とはどういうことか。一審の「不完全裁判」をひっくり返す手だてが、被告人にも検察側にも、あるいは被害者側にもなくなる、ということです。

また、この報告書では「争点や証拠の整理が適切でないケースなど例外的なもの」と言ってますが、証拠整理が適切に行われることなど、私にはあり得ないと思えます。証拠整理は事実上、検察側の主導で行われており、現行裁判制度ですら「検察に不利な証拠は隠す」という行動が日常茶飯事なのですから、証拠整理はもっとえぐくやるでしょう。それを「例外的なモノ」と言ってのける司法研究所さん。何か感覚がずれているのではないでしょうか。

感覚がずれていると言えば、たまに「お馬鹿下着」を試作することで有名な、天使のブラのトリンプが衝撃的なブラを発表しました。名付けて「裁判員制度ブラ」なんだそうですが…。

























これです。

081105saibanninbura.jpg





…カップをはずすと天秤になるそうです。



ライブドアニュースの「トリンプの面白ブラ、最新作は「裁判員制度ブラ」」に写真がおっぱいもとい、いっぱいありますが…

上着?とスカート?は本物の法服(裁判官が来ている黒い上着)と同じ黒の羽二重で、黒のパンティの後ろには「平等」の2文字。

いやはや。裁判員制度そのものを象徴しているかのようなふざけっぷりでワロタ(爆)


それはともかく、私はこれから行われる裁判員裁判自体をきちんと行うためにも、控訴審ではしっかりと審理し、安易な「一審追従」は避けていただきたい、と願います。
もし、一審追従が基本というのなら、公判前整理手続きなどという馬鹿げたことはやめ、裁判員がすべての証拠を見て判断するようにすべきではないでしょうか。せっかくの「司法への国民参加」という貴重な機会なのですから、意義ある制度にしてほしいのです。このままでは「異議あり!」といわざるを得ません。


komelong_01-160.gif
posted by こめろんぐ at 18:03 | Comment(3) | TrackBack(0) | ニュースに一言! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月13日

さて、どうなる来年のF1

2008年シーズンはチャンピオンが誰だったかすら忘却の彼方に消し去ることにして、2009年に頭を切り換えましょうか。

そろそろ、F1の冬季合同テストが始まるころです。来季のF1がどうなるかもぼちぼち見えてきました。以下、列記してみたいと思います。


●どうやら、日本GPの地上波生放送は消滅かな。また、ナイトレースも増えるし!

来季のF1カレンダーが発表されました。以下の通りです。

1 3月29日 オーストラリア
2 4月5日 マレーシア
3 4月19日 中国
4 4月26日 バーレーン
5 5月10日 スぺイン
6 5月24日 モナコ
7 6月7日 トルコ
8 6月21日 イギリス
9 7月12日 ドイツ
10 7月26日 ハンガリー
11 8月23日 ヨーロッパ(バレンシア)
12 8月30日 ベルギー
13 9月13日 イタリア
14 9月27日 シンガポール
15 10月4日 日本(鈴鹿)
16 10月18日 ブラジル
17 11月1日 アブダビ

この通り、アブダビがラインナップに加わり、フランスが消滅しました。いいのか? グランプリ発祥の地だぞ。まったくもう。

で、開幕2連戦のオーストラリアGPとマレーシアGPのスタート時刻が午後5時になるそうです。シンガポールと合わせてナイトレース、もとい疑似昼間レース3本ですか。地球環境に厳しいF1ですなぁ。

そして気になる鈴鹿の復活ですが、なんとスタート時間が午後3時。これ、見に行く人は泊まりがけ覚悟か? 名古屋あたりで? それも大変ですが、テレビ中継が気になります。日曜日の午後3時といえば、フジテレビは競馬の放送時間です。この時期はG1レースをやってるので、これをはずすことはないでしょう。どうやら、録画になっちゃいそうですねil||li _| ̄|○ il||li


●エンジンは3レース1機に

FIAはレースカレンダーの発表と同時に、このレギュレーションを発表しました。
さあ、だんだんコストアップになってきますよー。
エンジン全開でストップアンドゴーを繰り返して1000キロ弱持たせろ、というわけです。
そんな無茶をしたら、市販エンジンでも持たないって。
市販エンジンより頑丈なものでレースをしろとでも!?


●KERSは2種類? つーか、導入されるのか?

来季からF1に導入される運動エネルギー回収システム(KERS)は、チームにより異なったシステムになりそうです。フライホイールを回す「はずみ車式」(または機械式)と、電動モーターと組み合わせた「ハイブリッド式」(または電気式)です。ウィリアムズやフェラーリ、マクラーレンは「はずみ車式」、HONDAや盗用多、BMWザウバー、レッドブルは「ハイブリッド式」のようですね。ルノーとトロロッソはよく分かりません。インドの力は後述する通り、親チームに従うんでしょ。でも、方式によって差が生まれるから、どっちかが規制されるんでしょうね。
もっとも、2009年は義務ではないので、各チームも様子見して導入しないかもしれませんね。


●スリックタイヤが復活

トップフォーミュラなんだから当たり前だと思うんですが。むしろ今までの「溝付き」が異常だったわけで。
ソフト側タイヤのマーキングはどうするんでしょうね…


●フォース・インディア、マクラーレンのBチームに

…。お前ら、いい加減にしろよと。お前らのせいでスーパーアグリが苦境に立たされ、プロドライブはF1三参戦を断念したんじゃないか。
その元凶たるコリン・コレスと、技術屋のマイク・ガスコインをクビにしましたが…これで何を言っても「マクラーレンB」のレッテルを消すことはできなくなりましたね。ざけんな。


●琢磨の来季のシートは?


来週のヘレステストで琢磨はトロ・ロッソのテストを担当します。17日と18日の前半で、18日後半と19日はセバスチャン・ボーデが担当するとのこと。これは明らかに「どちらにしようかな」テストですね。もう一台は3日間ともセバスチャン・ブエミが担当するそうなので、こちらはどうやら、決まりのようです。
さて、ボーデか琢磨か。いざとなったら、「セバスチャン・琢磨」と改名するか(爆)


●空力パーツが禁止になり、90年代前半風のスマートボディーか

今年のF1は、車体のあちこちについた細かい空力パーツが特徴的でした。お前はナマコか!くらいのモノもついてたりしましたね。
来季からはそうした細かい空力パーツは禁止され、リアウイングもちっちゃくなります。とあるチームは「来季のマシンを見たら絶望するのでは」といいましたが、むしろシンプルでかっこよくなると思うのですが。




また、気がついたら続編を書きたいと思います。

komelong_01-160.gif
posted by こめろんぐ at 23:25 | Comment(5) | TrackBack(0) | モースポとバイクと佐藤琢磨と | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月11日

いささか間違ってます。空将!

きょう、参議院で例の「論文でクビ」になった田母神前空幕長の参考人招致が行われたそうです。


「言論の自由」「ネットで支持も」田母神氏、強気に持論 朝日コム

 先の戦争を正当化する論文を書いて更迭された田母神(たもがみ)俊雄・前航空幕僚長が11日午前、参院外交防衛委員会の参考人招致に立った。自ら希望していた答弁。自衛隊のかつての実力者は、歴史認識や自衛隊のあり方を問われ、強気に持論を披露した。
(中略)
 質疑が進むにつれ、言葉はなめらかになる。「私の書いたものは、いささかも間違っているとは思っていない」「自衛隊が動けなくなる。言論統制を徹底した軍にすべきではない」と述べた。
(以下、リンク先参照)

えーっと、空将。あなたの論文、いささか間違ってますよ。

結論はともかくとしてもね。ちょっと見逃せませんわ。オイラの認識と違う点を列記しますと…
(産経新聞のhttp://sankei.jp.msn.com/politics/policy/081031/plc0810312246013-n1.htmを参照)


●日本は19世紀の後半以降、朝鮮半島や中国大陸に軍を進めたが、相手国の了承を得ないで一方的に軍を進めたことはない。

いや、相手国の了承があったかどうかと言うと、それは不明です。朝鮮半島への進出は元々はロシアの朝鮮半島支配を防ぐため、やむを得ず行ったものです。清がロシアに沿海州を容易に取られ、不凍港の奪取を狙うロシアはいよいよ朝鮮半島進出を果たそうと、朝鮮国王をロシア大使館に放りこんだんでっせ。その状況で、どうやって朝鮮の了解を取ったのか。政府の了解は取ってません。しかし、結果的にロシアを朝鮮半島から退けたわけですから。日本が行かなかったらどうなってたか、を考えるべきだったと思いますよ。その後、朝鮮総督府の伊藤博文は「朝鮮は独立すべき」と言っていたことも考慮すべきです。

●わが国は中国で和平を追求したが、その都度、蒋介石に裏切られた。蒋介石はコミンテルンに動かされていた。わが国は蒋介石により日中戦争に引きずり込まれた被害者だ。

蒋介石はコミンテルンに動かされたのではなく、コミンテルンの策謀に見事にはまっただけ。蒋介石を動かしていたのはアメリカであり、一介のファシストにすぎません。日本はアメリカの策にはまって日中戦争に引きづり込まれたんです。

●1928年の張作霖列車爆破事件も少なくとも日本軍がやったとは断定できなくなった。(文献によれば)コミンテルンの仕業という説が強まっている。

いや、何でもかんでもコミンテルンの陰謀論でごまかしちゃダメでしょ。張作霖爆殺事件は河本大佐が犯人。間違いありません。つーか、張作霖って馬賊出身の軍閥の親玉でしょ。誤解を恐れず言えば、ヤクザの親玉でっせ。何で政治家を暗殺したみたいに言われてるの? しかも、ロシアのスパイだった男だし。まあ、これが最初のきっかけとなり、石原完爾が満州事変を起こすわけですが。

●米国もコミンテルンに動かされていた。ヴェノナファイルという米国の公式文書がある。

まあ、スパイくらいはいたでしょうけど、コミンテルンはまず、アジアを赤化したかったはずです。そのために中国大陸を混乱に陥れ、毛沢東を台頭させたわけで。日本も狙っていたとは思いますが、アメリカはその次だったはず。本気でアメリカを狙うなら、もっとマシな作戦を立てたでしょうね。

●我が国を守るため、集団的自衛権が必要。

そうかなあ…。今日日、集団的自衛権を行使する場面って、アメリカの「自衛戦争」に荷担することくらいのものでしょ。軍備が小さすぎる、制約が多すぎるのはその通りだが。


てなわけで、いささかの間違いを指摘してみました。

てか、田母神氏の一連の発言を受けて、マスコミの論調は「シビリアンコントロールが危うい実態を浮き彫りにした」的な物言いが目立ちますが…。



は?


いや、ちゃんとシビリアンコントロールは機能しましたやん。政府の意向に沿わない軍人をいきなりクビにできたわけで。マスコミはそれ以上の何を求めてるの?

戦前だったら、逆に政治家のタマが取られてますよ。5・15事件とか2・26事件を見れば分かるとおり。

まさか、軍人をマインドコントロールしろとでもいうか? バカすぎ。それこそ、北朝鮮ですやん。

参考人招致後、「村山談話の正体が今回わかった。言論弾圧の道具だ、あれは」「自分の国をいい国だと言って解任される例はほとんどないんじゃないかと思う」など、毒舌を吐きまくった田母神氏。気持ちは分かるけど、もうちょっとマシな論文でクビになりましょうよ。ええ。


komelong_01-160.gif
posted by こめろんぐ at 23:52 | Comment(2) | TrackBack(0) | ニュースに一言! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月09日

10月のアクセス解析

さて、危うく忘れるところでした、先月のアクセス解析のコーナーです。

●アクセス数

訪問者数は6,784(前月比629増)、ページビュー数は7,975(同559増)でした。久々に増加に転じましたね。
更新回数の平均は3日に1回くらいになり、徐々に以前のペースを取り戻しつつあるせいでしょうか。
たぶん、琢磨が来季のシートを決めたあたりかキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!の連チャンになるんでしょうけど( ̄ー ̄)ニヤリ


●タイトル別アクセス数


順位タイトルPV
1この際、言いたい放題=別冊版 :トップ1701
2料金プラン変更&ADSL無期限セット割申し込み&ちょっとグッズ改造【emobile H11T】  432
3SIMカードを入れ替えてみた【emobile H11T&EM-ONE】 228
4マイクロSD→メモリースティックデュオ変換アダプタをゲット! 207
5第二のミツオカになれるのか? アタカエンジニアリングが新車を完成…らしい 152
6 「自作着うた」に成功!ただし時間限定付き…。ほかいろいろ【emobile H11T】 145
7天皇陛下の御料車「プリンスロイヤル」が引退へ 139
8カテゴリ:モースポとバイクと佐藤琢磨と 130
9カテゴリ: お気軽モバイラー生活 120
10富士スピードウェイの驚くべき言い訳 112
11衝撃的な無罪判決が出た。ずさんな捜査を厳しく指弾! 109
12世の中、「盗用多GP」が始まってますが…富士スピードウェイの寝言その295
13インストールして動いたアプリたち!【emobile H11T】 94
14スバルらしいディーゼルエンジンとは。 94
15スバルのボクサーディーゼル搭載のレガシィ、欧州で発売! 国内はいつ? 91

(以下は90PV以下に付き、略)

イーモバイル系がのびてますね。

最近、Touch Diamondが発売し、めちゃくちゃ物欲に燃えています。ヤフオクで安くゲットしたいのですが(^_^;

村瀬翔ちゃん事件のエントリがずいぶんのびています。これは9月に最高裁で判決が確定した影響でしょうか。

これは結論が変わっていますので、追記しておこうと思います。

11月はさらに琢磨の動きがありそうなので、注視していきますよ!


●検索キーワード
トップ20は以下の通りです。

1メモリースティック120
2ディーゼル119
3F199
4スバル99
5H11T98
6emobile88
7フリーオ80
8富士スピードウェイ78
9レプリカ75
10室伏広治66
11イーモバイル63
12ストラトス62
13河瀬雅樹58
14変換57
15うるさい55
16御料車54
17 53
18h11t52
19バイク50
20sim45
21アタカエンジニアリング45

…17位は何でしょうか。ホントに真っ白なんですよね。びっくり。

意外なものでヒットしてるので驚きます。てか、何で1位がメモリースティックなんでしょうか…。ちょっとびっくり。



てなわけで、今回はこの辺で!

komelong_01-160.gif
posted by こめろんぐ at 23:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記なのか? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月07日

紅の琢・予告編第二章〜トロが琢磨を再テストへ!

久々に、我らが日本のエース・佐藤琢磨に関するニュースが飛び込んできました。


ソースはF1Newsさんのメール速報です!

トロ・ロッソは緊急リリースを発表し、次回バルセロナテストで佐藤琢磨にテスト走行の機会を与えると決めました。
次回テストは今月17日からです。




さーて、ガセでないことを祈りつつ…(−人−)


追記:琢磨公式サイト情報もキテタ――(゚∀゚)――!!

Takuma Club Meeting 東京公演延期のお知らせ 2008.11.7    
       
11月17日と18日の両日、佐藤琢磨がスペイン・バルセロナにおいてトロロッソのテストに参加することを謹んでお知らせ申し上げます。
今回のテストは、チーム関係者に琢磨のスピードとアプローチを印象付けることになった9月18日のヘレス・テストに続くものです。ただし、トロロッソはまだ2009年のドライバーラインナップを決定していません。
この影響で、11月15日に東京での開催が予定されていたTakuma Club Meetingは延期の運びとなりました。改めての開催につきましては追ってご連絡申し上げますので、チケットを購入された皆様にはいましばらくお待ち下さい。
今回の開催延期について、琢磨は次のようにコメントしています。
「11月15日に東京で皆さんとお会いできなくなったことはとても残念ですが、ファンの皆さんには公演が延期になった理由を理解して頂けるものと信じています」(以下リンク先)


うん。公演よりもテストだよ。来季のシートのゲットが最優先だよ!ファンは十分承知してるから。


張り切っていってこい!


そして…

頼むぞ! ベルガーさん!

komelong_01-160.gif
posted by こめろんぐ at 23:52 | Comment(6) | TrackBack(3) | モースポとバイクと佐藤琢磨と | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月06日

ちょっと心配だぞ。アメリカ新大統領にオバマ氏

フタを開けてみれば大差で決まりましたね。

アメリカ大統領選は、「CHANGE」を掲げた民主党のオバマ氏(普通に変換すると「小浜市」となって笑えます)が当選し、来年1月には史上初の黒人米国大統領が誕生します。

しかし、心配です。

何せ、あのアメリカです。人種差別が普通にまかり通る国です。
KKKとかフリーメーソンとか、その類の秘密結社が本当に存在する国です。

ある新聞は「リンカーンやケネディの再来だ」と書きました。

この2人に共通するもの。そう、「暗殺」です。

オイラが心配するのは、マジでそれ。

あの国の一部のアホならやりかねません。

ひょっとすると、今朝か明日のニューヨークタイムズに

「G13型トラクター売りたし。連絡乞う」

なんていう3行広告が出たり、ラジオで賛美歌13番のリクエストが流れたりする可能性もあるわけですよ。これが。

いや、ホントにその文が出たら、単なるいたずらで済むんですけど、それに近い符丁は実際の「仕事人」にありそうな気がします。闇社会って思ったより、漫画チックですから。


就任まで2カ月ちょっと。ホントに本気で身辺警護をしないと、暗殺されまっせ。マジで。

つーか、就任後に暗殺されると、副大統領が大統領になるんだと思いましたが、就任前だとどうなるんだろ??


それはともかく、だれか小浜市を止めた方がいいような気がします。


「特別名誉市民」を検討=オバマ氏に祝福メール−福井・小浜市長 11月5日16時27分配信 時事通信

 オバマ氏が米国の次期大統領に決まったことを受け、福井県小浜市の松崎晃治市長は5日、記者会見し、同氏に「特別名誉市民」の称号を贈ることを検討する意向を示した。
 松崎市長は「心の中で応援していた。大変うれしい」と喜びを表現。「市としての『オバマ』も世界に発信していきたい」と述べた。
 会見後、市長はワシントンの同氏事務所あてに、祝福の言葉とともに「訪日される際には、ぜひ小浜市にもお立ち寄りいただきたい」と添えた電子メールを送った。


あ、あのー。アメリカ大統領って、日本の首相をあごでこき使えるほどの権力者なんですが。
小浜市長さん、あんたの首くらい簡単に吹き飛ばせるんだけど。その人物に対し、市長より目下の「特別名誉市民の称号」ってバカすぎ。

どんだけ「上から目線」やねん。

いや、メールくらいならいいよ。メールくらいなら。たぶん、SPAM扱いでゴミ箱行きだろうけど(爆)

小浜市のはしゃぎっぷりは、CNNなども取材に来てて、一時はトップニュース扱いでウェブに載ったとか。あああああ。

まあ、それはともかく、アメリカという国が今後、どんだけオバマ氏の身辺警護を強化するか。要注意ですよ。ええ。

komelong_01-160.gif
posted by こめろんぐ at 11:26 | Comment(3) | TrackBack(1) | ニュースに一言! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月04日

最後は盗用多の大アシストかよ_| ̄|○ il||li

さて、今季F1の最終戦、ブラジルGPですが…


今、録画を見終わりました。




一言。





盗用多・グロック君。










オイラのガッツポーズを返せ。










以上。






でホントに終わったらつまんないので、ちょっと総括(^_^;

さて、ポールは7ポイント差の逆転を狙う地元マッサ。なぜか2番手に盗用多トゥルーリ。どうなってるんだ?盗用多。まずはGJ。3位ライコネン、4位ハミー。この順位のままだとハミーのチャンプ確定なんですが、後ろにアロンソ、ヴェッテルあたりがいます。こうご期待!

つーか、最後の最後まで馬豚、ダメダメだね。あ、中嶋Jrも。



さて、雨模様からほぼウェットでスタート直後、いきなりウィリアムズとレッドブルが絡む! またカズキとクルサードかと思ったら、その通りでワロタ。何度目だ、この2人。もっとも、クルサードと先に絡んだのはニコ君だけど。
ピケJrもどっかーん。あらら。

セーフティーカー入った。クルサードはこのままリタイアだけど、ウィリアムズは2台とも走ってる。あらららら。


さて、中盤はよく覚えてません。ハミーが妙にタイヤロックさせたり、トゥルーリがスピンしたり(もったいない)。グロックがいきなり、重タン作戦をとったり。

さて、終盤になり雨が来ました。上位陣がウェットに交換する中、グロックはあえて、ドライのままトライ! 4番手に浮上します。ハミーは5番手。後ろからヴェッテルがハミーを突っつくつっつく。いけー、抜けー、行ってまえー!



よっしゃー!


クビサのGJ!な走りのおかげでハミーが姿勢を崩し、ヴェッテルがハミーをパス! これでハミーは6番手。このままだと、マッサの逆転優勝だ!


















のはずだったのに。






なに。グロック。いきなりペースダウン。

最終コーナー。


そんなことできるコーナーじゃないけど、滑ったふりしてドリフトしてブロックしろ! 同一周回だ! かまうことはない!

あ、ふつーに抜かれたし。




マッサ優勝。
ハミー5位。
クビの差でダーティー・ハミーのチャンプ確定。


ハイハイ。おめおめ。


しっかし、あんな汚い走りをしてるヤツがチャンプとは世も末だ…。

せめて、来季はチャンプらしく、クリーンな走りを願います。


それとHONDAさん、最後の最後まで何をやってたんですか。

目立ったのは消火器の爆発と、オーラスのエンジンブロー。


ダメダメですやん。


komelong_01-160.gif
posted by こめろんぐ at 00:28 | Comment(6) | TrackBack(0) | モースポとバイクと佐藤琢磨と | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月01日

別の意味で注目しましょうか。「沖縄集団自決訴訟」控訴審判決

沖縄戦で集団自決命令を出した、とされていた隊長さんらが「ウチは命令を出してない!」として、「沖縄ノート」の作者・大江健三郎氏らを訴えていた裁判で、昨日、大阪高裁で控訴審判決が出たそうです。

まあ、予想通りの「控訴棄却」でしたが。

判決要旨が47newsに出てましたが、なかなか興味深いです。
http://www.47news.jp/CN/200810/CN2008103101000622.html

 座間味島と渡嘉敷島の集団自決は日本軍の深いかかわりを否定できず、日本軍の強制、命令と評価する見解もあり得る。しかし、両隊長が直接住民に命令した事実に限れば、その有無は断定できず、真実性の証明があるとはいえない。

と、軽く遺族の主張を認めてますな。なるほど。しかし、


書籍出版のころ、梅沢命令説、赤松命令説は学会の通説で、各記述は真実と信ずるに相当な理由があった。
(中略)
書籍は昭和40年代から継続的に出版され、その後資料で両隊長の直接的な自決命令は真実性が揺らいだ。しかし、各記述や前提の事実が真実でないと明白になったとまではいえず、出版の継続は不法行為に当たらない。

要は「ウソっぽいけど、ウソと完全に立証されてないから、出版し続けてもOK」という話です。
なかなか豪快な話です。でも、そうでないと言論の自由はなくなりますわなぁ…。裁判所としては冷静な判断といえそうです。


 控訴審で出された、梅沢元隊長が本部壕で自決してはならないと厳命し、村長が住民に解散を命じたとする島民の供述は明らかに虚言。梅沢命令説、赤松命令説が援護法適用のために作られたとは認められない。

え、えーっと、偽証罪断定ですか。なんで虚偽供述と分かったかっていうところをもう少し詳しく知りたいところです。前段で「(元隊長が)村の幹部が自決を申し出たのに対し、玉砕方針自体を否定することなく、ただ帰したと認めるほかない」といってるのに。「村の幹部が自決を申し出ている」のは間違いないんでしょ?


時の経過や人々の関心の所在など状況の客観的な変化にかんがみると、梅沢元隊長らが本件書籍の出版等の継続で、人格権に関して、重大な不利益を受け続けているとは認められない。

これ、豪快な判断です。つまり、「沖縄ノートなんて本のことを知ってる人はほとんどいないよ。本屋にもほとんど売ってないし、大江さんの本は小難しいから誰も読まない。だから、名誉毀損なんてナッシング」という話で。ノーベル賞作家を小馬鹿にしまくりです。


この後段がなかなか画期的な判断です。毎日新聞がうまくまとめていますので紹介しますと、

http://mainichi.jp/select/jiken/news/20081101ddm001040041000c.html
 公共・公益性の高い出版物は、出版当時に真実性か真実と信じるに足る真実相当性が認められるならば、(1)真実でないことがその後明らかになった(2)名誉侵害された人が重大な不利益を受け続けている(3)出版継続が社会的許容の限度を超える−−と判断される場合に限り名誉棄損が認められ、出版差し止めの対象になる、とした。

だそうです。これは名誉毀損訴訟の中でもかなり、踏み込んだ判断です。今後、あちこちの出版物の名誉毀損訴訟でも援用される予感がします。

最近、とあるサイト(TBもらいましたが)でおもしろそうな名誉毀損訴訟について知る機会があり、傍聴に行こうかと思ってるのですが、その裁判でも使われそうなネタかも。

たまにこういう勉強になるから、新聞や法廷での裁判ウオッチはやめられませんわ。


komelong_01-160.gif
posted by こめろんぐ at 12:05 | Comment(2) | TrackBack(0) | ニュースに一言! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。