2008年12月31日

オイラ流「今年の10大ニュース」!

さて、年の瀬ですね。

そういえばまだ、今年1年を振り返ってないことに気づきました。

オイラ流、今年の10大ニュースをまとめます!


10位!
裁判員候補者名簿記載者への通知始まる。

残念ながら、オイラのところには来ませんでした。妻にも来ませんでした。
妻曰く「せっかく手当を稼げると思ったのに、残念」だとか。
裁判員候補者に立候補したいオイラって、変態でしょうか。

9位!
イーモバイル、ケータイ電話事業に新規参入!

ドコモ、au、ソフトバンクに続く第4のケータイ電話会社として3月28日に電話事業を開始。去年3月からデータ通信事業を行っていましたが、この日にスマートホン・S11HT(イーモンスター)とケータイ電話H11Tを発売。オイラもこの日からH11Tを購入し、モバイルブロードバンドを楽しんでいます。イーモバイルはこの後、S12HT(イーモンスターライト)、S21HT(タッチダイヤモンド)などのスマートホンと、H11HWなどのケータイ電話と2本立てでラインナップをそろえていきました。スマートホンではデータ端末のSIMを刺して使うこともできるようです。

8位!
オイラ! 単身赴任に(爆)
今年の7月から、10年以上も連れ添った家族と離れ、単身赴任をしてます。寂しいです。ハイ(^_^;

7位!
F1でルイス・ハミルトンが史上最年少王者に
まあ、何の感慨もありません。ラスト一周でチャンプ決定なんて劇的でしたねハイハイ
ダーティー・ハミーはどこまで突き進むんですかね。

6位!
北京五輪で水泳男子・北島康介が二大会連続二冠達成! 世界新も!
まあ、いろいろ心配された北京大運動会ですが、北島はやってくれましたね!それだけが唯一の救いです。
それにしても、何だったんでしょうか。あの聖火リレーのような催しは。一般観衆からはトーチは見えず、青い服の警備員の集団が、護送車に守られてマチをパレードしただけ。しかも途中で車に潜ったりするし。あんなのならやんなきゃいいのに。
http://ja.uncyclopedia.info/wiki/%E3%82%A8%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%83%BB%E8%81%96%E7%81%AB%E3%83%AA%E3%83%AC%E3%83%BC
こんな言葉も生まれました(爆)

5位!
小林可夢偉がGP2で日本人初優勝!
3月23日のGP2アジアシリーズ・マレーシアGPで、TDPの小林可夢偉が優勝。中嶋Jrすらなしえなかった日本人初優勝となりました。また、GP2本戦でも第一戦スペインGPレース2で優勝。本戦でもその力を発揮しました。ハッキリ言って、先輩のJr君より見込みはあるぞ!

4位!
WRCでセバスチャン・ローブが5年連続チャンプに!
もう、手がつけられないほどの強さになりました。シトロエン・クサラとC4での偉業達成です。5年連続はもちろん、史上初。ライバルのペター・ソルベルグの復活が待たれるのですが…。このまま、ラリー界のミハエル兄さんになってしまうんでしょうか。彼自身はF1にも興味があるようで。

3位!
ついにやった。トロ・ロッソのセバスチャン・ヴェッテル、感激のポール・トゥ・ウィン
ウェットコンディションで行われたF1第14戦、イタリアGP予選で、赤牛2号のセバスチャン・ヴェッテルが自身初となるポールポジションを獲得。チームにとっても前身のミナルディー以来、初めてでした。決勝でもヴェッテル君は安定した走りを見せ、初優勝。史上最年少ポールポジション、史上最年少優勝、史上最年少ポール・トゥ・ウィン、史上最年少表彰台という快挙を達成しました。初表彰台が初優勝というのは29年ぶりの出来事だったそうです。イタリアのちっちゃなファクトリーがメーカーのワークス勢を打ち負かすなんて、痛快という以外の何者でもありませんでしたね。暗い話題が多かった今年のF1で唯一、明るい話題だったといえます。

2位!
スバルが今季限りでWRCを撤退へil||li _| ̄|○ il||li
ついこないだ発表されたばかりです。まさか、スバルがWRCを撤退するとは…。
インプレッサって、ラリーから誕生し、ラリーのために進化した車なのに…。
日本では唯一、3年連続マニファクチャラーズタイトルをとった、WRCの雄が来季から見られないなんて、まだ信じられません。

1位!
スーパーアグリF1、今季途中で解散。我らが佐藤琢磨がシートを失う…
資金が乏しく、テストもろくにできていなかったわけですが、何とか開幕戦にはグリッドにマシンを並べたスーパーアグリ。しかし、戦闘力不足は否めず(HONDA最低と言われたRA107ベースだったことも災い)テールエンダー争いが続きました。第4戦スペインGP前後で買収話がグダグダになり(グダグダにしたのは肉揚)、第5戦・トルコGPを目前に控えた5月6日。アグリ代表が記者会見し、撤退を発表。佐藤琢磨もシートを失いました。チームの資産は競売にかけられ、ほとんどがドイツのフォームテック社が買い取ったということです。
まさか、こんな事が起きるなんて、想像も付きませんでしたよ。ええ。
ただ、佐藤琢磨はその後、トロ・ロッソをテストドライブし、その腕が衰えていないことを見せつけ、来季のシート獲得の一方はまだか、首を長くして待っているウチに、年を越してしまいそうです。


てなカンジでお送りしました「オイラの今年の10大ニュース」。いかがでしたでしょうか。
皆さんの10大ニュースはなんでしたか?

それでは皆さん、良いお年を!


佐藤琢磨を応援しています!
trt-mini-200-40.jpg
komelong_01-160.gif
posted by こめろんぐ at 15:37 | Comment(2) | TrackBack(0) | ニュースに一言! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月30日

Touch Diamond買っちゃった!【Emobile S21HT】

あああ、今月はバタバタしてて、ブログもサボリ気味です。

なのに、なのに、また、おもちゃを買ってしまいました(^_^;


10月に出たスマートホン・HTC Touch Diamondです( ̄ー ̄)ニヤリ

http://emobile.jp/products/ht/s21ht/


imo-hishi-1.jpg



今まで、イーモバイルのH11Tというケータイを使っており、こちらも悪くはないのですが、ヤフオクに出てた白ロムをうっかりポチッてしまい(^_^;

H11TのSIMを新しいS21HTに差し込んで使っています。

このケータイ、WindowsMobile6.1で動いている、いわゆる「タッチケータイ」です。

ほとんどの動作をタッチ画面をタップして操作します。
画面下に、4つのキーと真ん中の丸いボタンが見えます。
実は、丸ボタンを中心に上下左右キーと、タッチセンサー式の「ナビゲーションコントロール」という機能が付いています。丸ボタンの周りをなぞると、画面がスクロールしたり、ズームしたりします。私は「くるくる」と呼んでいます(爆) 丸ボタンは「決定」キーになります。

で、このケータイはWindowsMobileなものですから、カスタマイズがいろいろとできるわけですね。

早速、いじりまくっています( ̄ー ̄)ニヤリ

手持ちのBluetooth機器との組み合わせも含め、年明け以降にルポしていきたいと思います。



komelong_01-160.gif
posted by こめろんぐ at 23:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | お気軽モバイラー生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月24日

11月のアクセス解析【忘れてた】

危うく忘れかけました。11月のアクセス解析です。

もう、時すでに遅しですので、超簡略版にて。

訪問者数は7,916(前月比1132増)、ページビュー数は9,775(前月比1800増)となりました。
おおお。やはり、琢磨の「トロロッソ」でのテストが大きかったようです。ハイ。






以下、面倒なので略(爆)

いや、Google Analiticsのデータを貼り付けるの、結構面倒な加工がなんですよ(^_^;

というのもあれですので、検索ワードトップ20だけでも紹介します。(これは忍者ツールなので、楽なんです。ハイ)


順位
キーワード
ヒット数
1アタカエンジニアリング283
2ストラトス146
3レプリカ144
4メモリースティック124
5スバル102
6ディーゼル96
7H11T87
8emobile87
9F178
10裁判員73
11御料車70
12佐藤琢磨66
13変換66
14イーモバイル65
15改造64
16センチュリーロイヤル63
17マイクロSD60
18裁判員制度55
19sim53
20h11t51


佐藤琢磨、イーモバイル系が多く入ってますが、アタカエンジニアリング、なんかあったのか!?

なんか、ホームページも見られなくなってますが…。



それはそうと、最近Seesaaでニコニコ動画が貼れるようになったんですね! ちょっとびっくりです。


試しに一つ貼ってみますね( ̄ー ̄)ニヤリ





最近、ブログをさぼり気味でしたが、単に仕事が忙しいのと、ちょっとしたおもちゃを買ってしまい、それにかまけていたからです(爆) どんなおもちゃかは近いうちに紹介しますね。

ではでは。

komelong_01-160.gif
posted by こめろんぐ at 00:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記なのか? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月17日

ウソだと言ってよ! スバルがWRC撤退…

夕方、信じがたいニュースが飛び込んできました。

まさか。


まさか。



来年のWRC世界ラリー選手権からワークスの青い6連星・スバルインプレッサが姿を消します。


富士重工もWRC撤退、日本メーカーの参戦なくなる 読売新聞

 「スバル」ブランドの乗用車で知られる富士重工業は16日、F1世界選手権と並ぶモータースポーツの頂点の世界ラリー選手権(WRC)から撤退すると発表した。
 世界的な販売不振の中、年間予算約70億円という関連費用の削減を優先した。復帰の予定はないという。
 WRCは市販車を改造して公道や未舗装路を走る競技。スズキが15日に活動の一時休止を発表したばかりで、富士重工撤退で参戦日本メーカーはなくなる。
 富士重工はスバルを使って19年間、WRCにメーカーとして出場、日本車最多の47勝を挙げ、スバル・インプレッサでドライバー、マニュファクチャラー(メーカー)の王座を各3回獲得した。しかし、2005年を最後に勝利がなく、不振にあえいでいた。(以下はリンク先参照)

まさか、スバルまでこんなことになるとは…。F1よりはリーズナブルなWRCで、世界にその強さをアピールしてきたスバルが、ですよ。体を張ってこの3年間、スバルを支えてきてくれたペター・ソルベルグはどうなるんでしょうか。青い帽子をかぶった気さくなペターはもう、見られないんですね。残念。

スバルが育てたラリードライバーは数多いわけです。

コリン・マクレー、リチャード・バーンズ、思い出多すぎます…。

あの、アリ・バタネンやカルロス・サインツ、トミ・マキネンもインプを転がしてたわけです。

2004年に初開催のラリー・ジャパンは、インプレッサのペターが優勝したわけです。

18年以上もスバルはラリーシーンで活躍し続けたわけです。ラリーなしにスバルは語れませんし、ラリーの活躍があったからこそ、オイラはスバリストになったわけです。


スバルからラリーを取ったら、何が残るんだろう。ただの抜け殻だ。

唯一の救いは、グループNのP-WRCへの車体供給は続けるということ。
富士重工業 世界ラリー選手権ワークス活動の終了について


WRCでスバルとコンビを組んでいた、デビッド・リチャーズのプロドライブの立場はどうなる…あ、心おきなくHONDA買収でF1参戦か…。


とにかく、スバルがいなくなることが寂しいです。残念です。

また近いうちに戻ってきてほしい。けど、発表では「活動終了」か。もう、無理なのでしょうか。

とにかく、残念です。あああああああああああああ。


komelong_01-160.gif
posted by こめろんぐ at 03:05 | Comment(7) | TrackBack(0) | モースポとバイクと佐藤琢磨と | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月07日

ニコニコ発のミュージシャン 次々デビュー!

当ブログでもちょくちょく取り上げている「ボーカロイド」シリーズの静かなブームですが、「「ニコニコ動画」+「ボーカロイド」=21世紀の「イカ天」だよね<2008新春放談 1>」で書いた話がどんどん大きくなっています。

ニコニコで人気になった楽曲が次々とカラオケ配信されているだけでなく、CD発売にこぎ着けるケースが相次いでいます。しかも、同人CDではなく、ちゃんと市場流通するパターンで。

最初はインディーズから始まったCD発売ラッシュですが、とうとうメジャーレーベルからも発売され、おもしろいことになってきました。

どの辺が最初かは微妙ですが、たぶん、dorikoさんのこの2枚が最初かな。
歌に形はないけれど歌に形はないけれど
doriko

Groove note 2008-06-11
売り上げランキング : 968
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
夕日坂夕日坂
doriko

Groove note 2008-06-11
売り上げランキング : 2963
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

両方ともいい曲ですよ。声は初音ミクです。出たとき、オリコンチャートにも乗っちゃいました。


この辺はインディーズだったんですが、ビクターエンターテインメントというメジャーどころからデビューしたのが、グループで楽曲を作っているlivetuneさんです。

Re:Package(初回限定盤)Re:Package(初回限定盤)
livetune feat.初音ミク

ビクターエンタテインメント 2008-08-27
売り上げランキング : 292
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


こちらは発売とともにオリコンチャート5位!もちろん、kzさんの「Packaged」も入ってますが、ホントにずいぶん売れたものです。

一方、もともとインディーズで音楽をやってた人が、ニコニコに初音ミクを使って楽曲を発表し、それをCD化するという、ネットとリアルのキャッチボールをやっちゃったのがabsorbというバンド。このほど発売のシングルは、halyosy(森晴義)さんによる初音ミクバージョンと、absorbバージョンの2種類を収録しました。

桜ノ雨桜ノ雨
absorb absorb feat.初音ミク

Nippon Crown =music= 2008-11-26
売り上げランキング : 113
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


halyosyさんはニコニコでも「歌ってみた」をずいぶん投稿しており、もしこのCDが売れたら、ニコニコでのプロモーション大成功!ということになるんでしょうか。


で、オイラ一押しのあの人もついにCDデビューしました。
「恋スルVOC@LOID」や「ミラクルペイント」などの名曲で知られるOSTER projectさんがインディーズでデビューしました。

みくのかんづめみくのかんづめ
OSTER project feat.初音ミク

Indies Label =music= 2008-12-03
売り上げランキング : 14
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

もちろん、「恋スルVOC@LOID」「ミラクルペイント」「おやすみのうた」などの名曲を収録。これ、結構売れそうな予感がするわけで。




で、極めつけはもうすぐ発売予定のこれ。

卑怯戦隊うろたんだー卑怯戦隊うろたんだー
シンP 風雅なおと

Independent Label Council Japan(IND/DAS)(M) 2008-12-17
売り上げランキング : 99
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


これはボーカロイド「KAITO」による楽曲なんですが、なんと、KAITOだけでなく、KAITOの「中の人」の風雅なおとさんが歌うバージョンも収録されているとか。


ニコニコ動画では「中の人を出すなんて卑怯だ!」とのコメントが連投され、ちょっとした騒ぎになってます。

ボーカロイドと中の人の競演なんて滅多に見られないものを見せてくれそうです。

てか、この曲が売れたら、うろたんだーアニメ化とか!?


このブーム、果たしていつまで続くのか。オイラもうっかりポチりそうになりながら、見守りたいと思います。

komelong_01-160.gif


 今回紹介した曲の主なYouTube版を、以下に紹介!
posted by こめろんぐ at 05:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースに一言! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月06日

来年のパリダカは「パリ」でも「ダカ」でもないんですと。

来年のパリダカに参戦する三菱の発表会があったとのニュースで、初めて知りました。

パリダカってホントに、南米開催するんですね。ちょっと話題にはなってましたが。


ダカール・ラリー:初の南米開催 三菱の増岡、優勝に意欲 毎日jp
 初めて南米で行われる「2009ダカール・ラリー」に向け三菱チームが3日、東京都内で参戦発表会を開き、日本のエース、増岡浩(48)も出席した。
 「パリ・ダカ」の愛称で知られたダカール・ラリーは、08年大会がコースに含まれるモーリタニアの治安悪化のため中止となった。2年ぶり開催の今回は、名称はダカール・ラリーのままだが、舞台をアフリカから南米に移す。
 ラリーは来年1月3日にアルゼンチンの首都ブエノスアイレスをスタート。アンデス山脈を越えてチリに入り、太平洋岸を北上。再び東へコースを変えてアルゼンチンに戻り、18日にブエノスアイレスにゴールする。(以下略、写真や地図なども合わせ、リンク先参照)

でも、名称は「ダカール」のままって一体…。いっそ、「アンデスラリー」とかにすればいいのに。一応、砂漠越えもあり、パリダカの要素はまんま、残っているようです。砂漠の砂には「サボテンのとげ」という罠も埋まっているといい、これがどんな結果を生むのか、想像もできません。

結構おもしろそうですね。ただ、名前がil||li _| ̄|○ il||li


ところで、三菱は今回からパジェロではなく「レーシングランサー」という車を投入するそうです。どんな車か、Response.jpに乗ってましたが…

204397lancewr-f.jpg

204398lancer-r.jpg

写真はhttp://response.jp/issue/2008/1203/article117347_1.htmlより


全然ランサーじゃないし(爆)


パジェロですやん。ヘッドライト回りとグリルとテールランプだけがランサーっぽいけど。でも、フロントフェンダー回りの処理とか、どう見ても断じてパジェロでしょ。これ。

ガルウイングにはちょっと萌えますね。かっこいい。パジェロのこういう仕様、出したら受けるような気がする。

伝統の「パジェロ」よりも、欧米で売り出し中の「ランサー」の名を押し出したかったので、こういう処理をしました、という風にも見えます。

いや、ひょっとするとランサーをリフトアップしてクーペ化した仕様とを作って「ランサーエボリューション・パリダカ」をラインナップする気なのか(爆) それはないか。

「パリ」でも「ダカ」でも「パジェロ」でもない、来年の三菱のパリダカ。どんなレースを見せてくれるんでしょうか。

ちなみに盗用多は今回も、市販車ディーゼル部門に、バイオディーゼル燃料(天ぷら油再生)を使うランクルを出すそうな。もう、こちらも伝統となりつつありますね。


komelong_01-160.gif
posted by こめろんぐ at 15:51 | Comment(8) | TrackBack(0) | モースポとバイクと佐藤琢磨と | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年からのF1共通エンジンは「コスワース」に!

いやぁ、冗談で書いたら当たっちゃいました(爆)

FIAがホンダの撤退のどさくさに、2010年からのF1共通エンジンについて「コスワース」と発表しました。

FIAが発表、F1統一エンジンは『コスワース』 FMotorsport
FIA,統一エンジンは「コスワース」を選定 F1News



オイラ、以前のエントリ「F1中国GPはともかく、F1エンジン共通化って一体…」で以下のように書いてるんですよね。

あ、どうせならコスワース復活!とか(^_^; それはないか。

ありやがった(爆)

もちろん、かつてのDFVエンジン全盛時代を思い浮かべてのジョークだったんですが、コスワース自体は現在は米国の法人となっており、「チャンプカー」シリーズにエンジンを供給していました。今季はチャンプカーとIRLが合体して、シリーズが消滅してしまったので、活路をF1に見いだそうとしたんでしょうね。規模と実績ではピカイチでしょうね。

ちなみにこのF1の共通エンジンの入札にはコスワースのほか、ジャッド、イルモア、メカクローム、ザイテックなど、かつてのF1で名をはせたエンジンチューナーが参加していたそうです。

てか、これでイルモアだったら、「またマクラーレンかよ凸(゚Д゚#)!」となってましたが(^_^;

ちなみにギアボックスも共通化され、Xtracになるようです。Xtracといえば、F1用の機械式KERSの開発にも関わっていましたね。


FIAはホンダの撤退に絡めて、「今後もF1のコスト削減に努力する」とコメントしていますが…、いや、こういうコメントは勘弁して。ホント。ホンダの撤退理由の一つに「共通エンジン」もあるんじゃないですか? このままだと、ルノーや盗用多も撤退、という流れになりそうですね。やれやれ。

昔の「事実上DFVワンメイク」では、各チューナーがそれぞれ違った方向でチューンし、競争を盛り上げていたのですが、今回の共通エンジンは「改造しちゃダメよ」の新ルール。これじゃ、おもしろくないですって。おまけに、コスワース以外のエンジンを使う場合も、コスワース管理下で組み立てやらをやれと言うのですから、アホらしいの一言です。


おもしろいF1は来年1年でさよならなんでしょうか。それじゃ悲しすぎるぜぃ。

komelong_01-160.gif
posted by こめろんぐ at 15:22 | Comment(2) | TrackBack(0) | モースポとバイクと佐藤琢磨と | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月05日

HONDA、F1から撤退! でもなぜか、あんまり残念じゃない…

今朝、メール速報で驚きましたが、その情報はガセではありませんでした。

なんと、HONDAがF1から撤退するとのことです。「第3期ホンダ」は極めて、不本意な形で幕となりました。

ホンダ:F1撤退を発表 福井社長「経営資源を再配分」 毎日jp
 ホンダは5日、自動車レースの最高峰「F1」から今年を最後に撤退すると発表した。英国に本拠地を置く自社チームを来年初頭までに売却、買い手が現れなければ解散。来シーズンからレースへの参加をやめる。世界的な金融危機の影響が深刻化するなか、年間500億〜600億円規模の経費がかかるF1事業から撤退し、収益改善につなげる。
 福井威夫社長は東京都内で記者会見し、「世界経済は不透明感を増すばかりで、経営資源の再配分が必要との認識から撤退を決定した」と述べた。
 ホンダは「レースを通じた技術力向上を」との創業者、本田宗一郎氏の強い意向で64年にF1に参戦。80年代後半から90年代前半にかけて6年連続で年間優勝した。一時撤退したが00年に復帰し、06年からは車体も作る自社チームで参戦した。しかしここ数年の戦績は振るわず、08年は11チーム中9位。巨額の費用を投じてもブランド力強化などの効果は薄いと判断した。
(以下はリンク先参照。関連記事リンクもリンク先に)

まあ、一番悔しかったのは福井社長でしょうね。福井さんは基本的には「レース屋」ですから。かつては二輪の世界でNRプロジェクトという、とてつもない事業に取り組んでいたこともあります。本業がふるわなければ、F1に金もつっこめないですよね…。

ただ、ここ数年のHONDAの不振は、ホンダのふがいなさではなく、純粋に








肉揚が原因。




それに、



馬豚が拍車をかけた。




これは間違いなし。まあ、去年のフロック優勝はほめていいと思うけど。


正直、一回撤退して、ぜーんぶチャラにして、一からチームを立ち上げた方が、ホンダらしいチームができるんじゃないか、と思ってましたよ。ええ。

チームは売却すると言っており、すでに買い手も現れているようです。

ただし、エンジンはありません。ホンダも「F1エンジンはもう、作らない」といってますので、ホンダエンジンを載せることはできない。かつては「無限」という子会社がありましたが、無限も今は昔。

第二期と第三期の間は無限が埋めていたんですが、今回は本気で遠ざかることになりそうです。

チームを買いそうなのって、誰ですかねぇ。

まさかの「プロドライブ」?
SAF1買収に名乗りを上げた「ヴァイグル」?
それともアラブのオイルダラーによる「ドバイF1」とか?
大穴で「童夢」とか(爆)

エンジンは、インドの力が使っていた跳ね馬とか、コスワースとかが使えそうな気がしますし。

これ以上チームが減ったら、つまらないので、ちゃんと買い手が見つかってくれることを祈ります。


あ、「セナ+ホンダ」の復活は、先日のテスト限定で、永遠に幻に終わってしまうのですね。それだけが残念です。


ホンダ系ドライバーだった佐藤琢磨も、自身のサイトでコメントを出しています。

http://www.takumasato.com/jp/news_articles/hondaf1_081205.html
 ホンダがF1から撤退するという報せを聞いて、とても残念に思うと同時に強いショックを受けています。自分がモータースポーツ界に足を踏み入れることができたのは、ホンダと鈴鹿サーキットで運営されているSRS-Fというレーシングスクールのおかげですし、そもそも自分がF1に興味を抱いたのは、1987年に鈴鹿サーキットで開催されたF1日本GPでロータス・ホンダに乗るアイルトン・セナを見たのがきっかけでした。以来、自分のなかでホンダのモータースポーツに対するスピリットは絶対的なものとして生き続け、自分のF1におけるキャリアは常にホンダとともにあり続けてきました。(以下リンク先)

そうだよなぁ。バトンゲート事件でチームを出ざるを得なかった琢磨に救いの手をさしのべたのも、結局はホンダだったし。たたきつぶしたのはHONDAの肉揚でしたね。



やっぱり、すべての元凶は肉揚か。

ヤツさえいなければ、スーパーアグリは存続してただろうから、本家は撤退しても分家のSAF1で次期までつなげたのに。まったくもう。

まあ、ヤツとホンダの縁が切れることはめでたしめでたし、かなと思うんですが。

琢磨もどうやら、「紅の琢」になれそうですし。


ここで少し心配なのが、馬豚のアフォ。







トロを狙って第二バトンゲートなんか起こしてみい、マジでゴルゴ13を雇うぞ。


HONDAの2人はとっとと、引退してほしいものです。ええ。

まあ、ホンダさんにはほとぼりが冷めた頃、もう一度戻ってきてほしいですね。その時まで琢磨が走ってたら最高だけど。

佐藤琢磨を応援しています!
trt-mini-200-40.jpg
komelong_01-160.gif
posted by こめろんぐ at 23:26 | Comment(7) | TrackBack(1) | モースポとバイクと佐藤琢磨と | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月04日

「紅の琢」予告編、第3章上映へ 琢磨、三度トロロッソをテストドライブ決定!

ソースはF1Newsのメール速報です。

日本のエース・佐藤琢磨が来週のF1へレス合同テストで、トロ・ロッソをドライブすることが決まりました!

トロ・ロッソ,琢磨に3度目のチャンスを与える
トロ・ロッソは,来週からのヘレス・テストに元SUPER AGURI F1 TEAMの佐藤琢磨を呼び寄せ,再テストを受けさせることを決めた。琢磨はこれまでに2度のオーディション・テストを受けており,今回で3度目のチャンスを掴んだことになる。琢磨は10日と11日のテストでステアリングを握る予定だ。

トロ・ロッソはベルガー氏が離れ、チームはどうなるかヤキモキさせられましたが、新車がなくてもテストに参加するということはチームの士気もスポンサーも大丈夫そうですね。
ちなみに、トロ・ロッソはその次の週にドライバーを発表しますが…







もう、決まりじゃない?



いよいよ、「紅の琢」へのカウントダウンが始まるのか!? 

ちなみに来週のへレステストは8日に始まりますので、前半は誰が担当するんでしょうか。
今度はソヤツがライバルになるのか。とにかく、来週が楽しみです。



佐藤琢磨を応援しています!
trt-mini-200-40.jpg
komelong_01-160.gif
posted by こめろんぐ at 14:18 | Comment(5) | TrackBack(7) | モースポとバイクと佐藤琢磨と | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

光岡が「卑弥呼」を発売へ!

あの「オロチ」の光岡自動車が、またまた夢のある、新しいブランドの車を発表しました。



















きっと、エンジンキーは「親魏倭王」の金印です(爆)


光岡自動車、マツダ「ロードスター」ベースのオープン2座「卑弥呼」を発表 マイコミジャーナル
光岡自動車は3日、同社MITSUOKA東京ショールームで新型スポーツカー「卑弥呼」を発表した。卑弥呼は、1990年、2000年に発売された「ラ・セード」の後継車で、マツダ「ロードスター」をベースとしたオープン2座モデル。価格は「Himiko Standard 」の495万円から、「Himiko Hi Premium」の565万円まで。2009年モデルは4日から同社公式サイトで受付け開始。納車は2009年3月から12月までを予定している。(以下はリンク先参照)

himiko.jpg
  


ラ・セードといえば、日産シルビアがベースで、思いっきりロングホイールベースとした、派手派手しい車を思い出します。初代がS13ベースで、2代目がS15ベースで。

こんなヤツです。

la-sade2.jpg
この写真は2代目ですが、初代モデルからのキープコンセプトでした。ドアやサイドウインドウなどがモロにS15なのでちょっと萎えます(^_^;


今回の「卑弥呼」は「FR車ベースで思いっきり、ホイールベースをのばす2シーター」というラ・セードのコンセプトはそのままに、ちょっと英国車風のテイストを入れたようにも見えます。今回はホイールベースを70センチ延長し、ロングノーズ・ショートデッキを実現したとか。無茶しますなぁ。

この車のデザインを担当したのは、「オロチ」の青木孝憲さんだそうですが、今回はおとなしめに行ったんですね( ̄ー ̄)ニヤリ

「卑弥呼」はマツダ・ロードスターの電動ハードトップ仕様なので、簡単にオープンとクーペを切り替えられます。ここはいいですね。

元がロードスターなので、走りもそこそこ行けるかも。ただ、ホイールベースが長いので、峠には不向きですね(爆) ゆったりと高速クルーズするのが吉かも。

売り上げ目標は来年1年で「35台」っていいますが、もっと売れるような気がします。


つーか…




オロチのヌードトップ・ロードスターの市販化はしないんでしょうか(爆)

あれはインパクトがあると思うんですが。無理かなぁ…。

たとえ出たとしても、高くて買えないけど(^_^;


komelong_01-160.gif
posted by こめろんぐ at 01:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースに一言! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。