2009年04月13日

「警官の紋章」 佐々木譲

当ブログで多分初めて、ハードカバーの本を取り上げます。

警察小説では横山秀夫と並ぶ、「書き手」の作品です。

警官の紋章警官の紋章
佐々木 譲

角川春樹事務所 2008-12
売り上げランキング : 15704
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



この本、実は「笑う警官」「警察庁から来た男」(いずれもハルキ文庫)につぐ「道警シリーズ」第三弾です。

プロローグは、第一作「笑う警官」の物語の直後の時期に、ある道警幹部が自殺を遂げる場面を生々しく描きます。

そして物語本編は北海道洞爺湖サミットの直前で、厳重な警備体制が敷かれつつあった北海道が舞台です。プロローグで自殺を遂げた幹部の息子もまた、北見で警官をしていたが、サミット特別警備結団式の直前、制服で拳銃を携行したまま、行方をくらます。しかも、管内では猟銃を積んだ自動車まで盗まれていた。一体、何が目的で姿を消したのか。刑事たちが彼の行方を追う中で、彼の父の自殺の真相が、道警銃器対策課の刑事による不祥事「郡司事件」の中にあることを探り出す。そして、彼の真の目的が「復讐」であることもあぶり出した。「郡司事件」、そして「大規模ランクル窃盗団事件」などが複雑に絡み合う事件の構図とは。そして、彼の復讐の標的は誰なのか−。

第一作で道警幹部が謎の自殺を遂げているが、その意外な真相も明らかになるこの作品。シリーズを読んでいるなら、見逃せない!


そんな感じです。

北海道の人なら「稲葉事件」を覚えている人は多いんじゃないでしょうか。
ある会社役員の自首(後に札幌拘置支所で自殺?様の状況で死亡)で、道警銃器対策課の稲葉圭昭警部が覚せい剤に手を染めていたとして逮捕。その後、拳銃摘発のおとり捜査、やらせ摘発、覚せい剤の密売など、さまざまな疑惑が取りざたされ、その真相は稲葉警部の個人的犯行ではなく、道警の組織的な関与があって稲葉警部や上司(稲葉警部逮捕後に自殺)らが詰め腹を切らされた、とも言われる事件です。この物語では稲葉事件をそのままなぞった「郡司事件」を背景に、一時期北海道をにぎわしたRV窃盗団事件(RVを盗んでロシアなどに転売していた事件)も交えて、スリリングに展開します。

キーマンとして登場する警察官は、佐伯、津久井、小島の3人です。佐伯はニヒルでいて人情味あふれる警官。リーダーシップが売り。津久井はかつて郡司警部の下で働き、警察の暗部をみてきた若者。道警裏金問題を告発した後、閑職に追いやられていた。小島はツンデレな婦人警官。絶対佐伯にホの時だろ。みたいな感じです。

彼らがまったく別の部署にいながら、妙に息のあった連係プレイを見せるのも見せ場の一つ。ハードカバーの本で買っても、十分お腹一杯になれます。

できれば、シリーズ作を先に読んでから読みたい、そんな一冊です。


komelong_01-160.gif
posted by こめろんぐ at 01:47 | Comment(3) | TrackBack(1) | 気まぐれ読書感想文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
スーパーアグリ伝説のレビューを希望します!(笑)
Posted by ラクトアイス at 2009年04月13日 02:48
ラクトアイスさん>(`Д´)ゞラジャー!!
てか、オイラんちの近くではまだ、売ってないんですよ(^_^; こうなったら取り寄せてやる! 読みたい一冊なんですよね。「すーあぐ伝説」。
Posted by こめろんぐ at 2009年04月15日 00:18
こんにちは。同じ本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。
Posted by 藍色 at 2011年03月05日 02:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/117375860

この記事へのトラックバック

「警官の紋章」佐々木譲
Excerpt: 北海道警察は、洞爺湖サミットのための特別警備結団式を一週間後に控えていた。そのさなか、勤務中の警官が拳銃を所持したまま失踪。津久井卓は、その警官の追跡を命じられた。一方、過去の覚醒剤密輸入おとり.....
Weblog: 粋な提案
粋な提案
Tracked: 2011-03-05 02:13
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。