2009年06月04日

なんだかF1インフレ状態!?「SAF1復活」の噂の正体は…

前回エントリ「F1「空騒ぎ」のその果てに…」で紹介しました、来年のF1エントリ受付。その時点では16チームがエントリしたことが明らかになってましたが…


それだけで済んではいませんでした。


なんと、どえらいビッグネームも登場です。


ブラバムがF1に復活か 2009年6月3日 F1-Gate.com

ブラバムが2010年のF1選手権にエントリーしたことが明らかになった。
ブラバムは、1962年に3度のF1ワールドチャンピオンであるジャック・ブラバムが設立。1992年に最後にF1参戦してからはF1グリッドから姿を消していた。
現在、ブラバム・グランプリの命名権は、ドイツ人のフランツ・ヒルマーが所有している。興味深いことにヒルマーは、1年前にF1から撤退したスーパーアグリの資産を買い取っている。(以下、リンク先)

何とも懐かしい名前です。ジャック・ブラバムは1959,60年のチャンプで、66年には自身のチームでもチャンプを獲得。自分のチームでチャンプを取った初めてのドライバーとなりました。また、ネルソン・ピケパパがブラバムでデビューし、1981年と1983年にチャンプを取っています。
なお、1970年には「FIAのバニえもん」ことバーニー・エクレストンが買収し、1980年代後半までオーナーでした。

それにしても驚いたのは、スーパーアグリの資産を買い取っていたこと。SAF1の中核の一人、ダニエル・オーデッドが「近く復活」といっていたのは、これのことだったんですな。
なお、ブラバムとホンダはF1では縁がないものの、F2では密接な関係があったことで知られます。


琢磨ってドライバー、いかがっすか!!!


それにしても、ブラバムとか、マーチとか、ローラとか、ずいぶん懐かしいんですが。しかも、エンジンもコスワースが出てくるわけでしょ…

70年代を彷彿させますな( ̄ー ̄)ニヤリ

こうなったら、もう一チームも出てきてほしいものです。

そう。


ロータス(爆)


まあ、難しいんでしょうけど…。

ロータスの参戦表明はありませんでしたが、それ以外にも続々と名乗りを上げたチームがあるのが判明しています。

チームオーナーはなんと、ロス茶のテストドライバーのアレクサンダー・ヴルツという「スーパーファンド」、ルマンでの参戦実績がある「エプシロン・ユースカディ」、WTCC(世界ツーリングカー選手権)の強豪・「Nテクノロジー」もエントリーをすませています。

13チームの枠に20チームがひしめくという人気ぶり。世界不況だというのに、景気のいい話です。

新興チームが出てくるのは大歓迎ですよね。それだけ、琢磨にチャンスが広がるわけですから。


ところで、「予算キャップ制」に反対していた既存チームですが、エントリで制度を受け入れるなり、政治的取引があったのかと思いきや、そうでもなかったようで。


FOTA、予算キャップの受け入れは拒否 2009年5月31日 F1-Gate.com

FOTAの全9チームが、暫定的なエントリーを提出し、FITAとF1チームとの対立は緩和されたようにみえたが、実際は、F1チームが予算キャップ案を受け入れたわけではない。
フェラーリのチーム代表であるステフェノ・ドメニカリは、FOTAはマックス・モズレーの予算制限コンセプトを受け入れることは「絶対にない」と主張する。
29日(金)、FOTAを除名されたウィリアムズを除くF1チームは、209日に2010年のF1世界選手権へのエントリーを提出したが、このエントリーは2010年規約の改定を条件としており、FIAがエントリーを自動的に承認するわけではない。
ステファノ・ドメニカリは、既存F1チームは2009年の規約をもとに2010年を「FOTAが提案したように変更」することを求めていると主張。報じられている2010年を1億ユーロ、2011年に4,500万ユーロと段階的な予算キャップの導入は否定した。(以下、リンク先)

まだまだ、紆余曲折がありそうだ、ということですか。

ほんっっっと、F1って「ピラニアクラブ」ですね。

FIAは6月12日にF1参戦リストを公表するそうですが、どうなるんでしょうね。ちと楽しみです。


どうか、盗用多が落選していますように(-人-)

佐藤琢磨を応援しています!
trt-mini-200-40.jpg
komelong_01-160.gif


前回エントリに張った「動画」は、本物の4歳児が「歌ってみた」だそうですが、これをわざわざボーカロイドで再現した人が出てきました。なんという無駄な努力(爆)
posted by こめろんぐ at 23:03 | Comment(5) | TrackBack(0) | モースポとバイクと佐藤琢磨と | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どーもお久しぶりです。

ロータスというキーワードで食いついてきました(笑)

ロータスが再度F1に参戦するためには条件があり、
なんでも以前のF1参戦時に借りたお金を債権者に返済することだそうです。

そうなると、エリーゼや新型のエヴォーラなど市販車をがんばって売っていくか、
新たな資金源を見つけるか……

うーん、再参戦はやっぱまだまだ先ですね〜(^-^;
Posted by 丸坊 at 2009年06月05日 13:33
連続投稿でスミマセン(^-^;

ブラバムに続いてロータスお前もか(笑)

今日F1関連のニュースを見たらビックリ!
いつの間にか他に権利が移っていたとは……
ウカツでした(^-^;

名門チーム(の名前)が続々復活&コスワースエンジン大モテって本当に昔に戻っていきそうな……
いいのかわるいのか(^-^;

失礼しました〜
Posted by 丸坊 at 2009年06月08日 08:32
こんにちは。

なんだかロータスの名前が復活するらしいですよ!!
Posted by マ・クデ大佐 at 2009年06月08日 10:58
そうそう、ライトスピードがロータスの名前でエントリーするとか。もちろん、コーリン・チャップマンはすでに亡くなっているし、せめてピーター・コリンズやピーター・ライトが参加してくれたらいいんですけど。
Posted by anno at 2009年06月08日 23:56
丸坊さん>こんばんは!
「ロータス」の名前は来ましたね! ただ、ライトスピードの名前変更とは…。名車復活なら大歓迎と思っていたのですが…、落選ですもんねぇ(^_^; 残念。

マ・クデ大佐さん>ども!
ちょっと楽しみにしてたんですが、今のところ落選ですねぇ…。復活すれば面白かったんですが。惜しい。

annoさん>こんばんは!
てピーター・コリンズやピーター・ライトが参加したら、そりゃあもう! デビッド・リチャーズより大歓迎ですよね!

今のところは落選ムードですが…。
Posted by こめろんぐ at 2009年06月12日 22:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/120857850

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。