2009年06月20日

いよいよ、F1分裂へ 名前はなんになるんだろ…

イギリスのシルバーストーンサーキットでは、F1イギリスGPが始まっているんですが、そんなものはおいといていいです。どうせ馬豚が(ry
それより、大事が起きましたよ。F1チーム組合のFOTAと、F1の主催者のFIA(国際自動車連盟)との話し合いがとうとう決裂し、FOTAがF1と決別して新しいシリーズ戦を立ち上げることを宣言しました。

FOTA、新F1シリーズの立ち上げを宣言 FMotorsport

 F1チームの集まりであるFOTAは、19日(金)の2010年F1エントリー再度の締め切りを待たず、FIA(国際自動車連盟)から独立した新F1シリーズを立ち上げることを宣言した。
 それによればFOTAはその設立以来、「F1の健全な発展のため共に努力し、FIAと商業権者(FOM)に対し働き続けてきたが、両者はFOTAの努力を無視しF1分裂のために動いた。
 さらにFOMはF1の利益を不当に奪い続け、チーム側の利益を損なってきた。
 そのためFOTAはこのスポーツに対しこれ以上妥協し続けることは不可能と判断し、2010年シーズンへの条件付きエントリーを拒否することとした。
 これにより、FOTAは参加者やパートナーらの価値を反映する、新たな選手権を始めるためスタートすることを決めた」と説明している。(以下はリンク先参照)


予算キャップ制を巡るごたごたは、とうとうF1の分裂開催に発展する構えです。

FIA、「来年からは予算制限(4000万ポンド=約58億円)をする。制限を守れるところは、エンジン回転無制限、エンジン、ギアボックス使用の無制限、テスト無制限、KERS出力が2倍、4WD解禁、前後可変ウイングなど何でもアリにするよ。守れないところはエンジン回転数とかそのままね」と言い出す。
    ↓
FOTA「ざけんな(゚д゚)ゴルア。新参チームと違うんだ。んなはした金でチームを運営できるか。同じF1で2つのレギュレーションなんて卑怯だ」
    ↓
FIA「んなこといっても、もう決めた。はい、エントリ締め切りまでに受付してね」
    ↓
ウィリアムズ、インドの力「俺たち、F1以外で飯食えないんで」とエントリ
    ↓
FOTA、2チームを会員資格停止
    ↓
FOTA、「予算キャップ制廃止を条件にエントリしてやる」
    ↓
FIAに来年の参加希望まとまる。20チーム?ほどのエントリがきて(・∀・)ニヤニヤ
    ↓
FIA、来年の参戦チームを暫定発表。「ロス茶とかマクとかの5チームは条件付きにしといたから。あとで、参戦条件を審査して決めるから、寝言は早く撤回してね」。「フェラーリとレッドブル、トロさん、来年もよろしくね」
    ↓
フェラーリ、レッドブル、トロの3チーム「俺たちは予算キャップ制撤廃を参戦条件にしてんだろ。なんでシカトすんだよ(゚д゚)ゴルア」
    ↓
話し合いをしてもらちがあかないね。
    ↓
FOTA「もう、F1じゃなくてもいいよね。世界最速の新シリーズを立ち上げるわ」←今ここ

で、これに対し、FIAが
「じゃあいいよ。お前ら抜きでやるから」
といったと思ったら…
「お前ら、覚悟しとけよ。特にフェラーリ、クビ洗って待ってろ。訴えてやる!」
と逆ギレする始末で。┐(´д`)┌ヤレヤレ

その一方で、FOTAにも味方が出現です。

プロドライブやローラ、カンポスなど、F1エントリ落選組のチームから「兄さん、かっこいいっす!ついて行きます!」宣言が飛び出したり、来年からイギリスGP開催が別サーキットに持って行かれるシルバーストーンサーキットから「ウチでやりまへんか!」と開催地に名乗りを上げる方向性を示すなど、すでに新シリーズ開催にむけ、前向きな材料が飛び出してきています。


さて、新シリーズの概要はどうなるのか。そもそも、フェラーリもいない、今季のチャンプ(多分)もいない、マクラーレンもいない、そんな抜け殻のF1に価値があるのかという話もこれありで。

まだまだ、この話はもめそうですね。何てったって「ピラニアクラブ」ですから。

まあ、どっちに転がっても、オイラは…


「琢磨のシートがあるシリーズ」をバックアップしますけどね( ̄ー ̄)ニヤリ


佐藤琢磨を応援しています!
trt-mini-200-40.jpg
komelong_01-160.gif
posted by こめろんぐ at 15:02 | Comment(3) | TrackBack(0) | モースポとバイクと佐藤琢磨と | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
モズレーは何らかの幻想に取り付かれているのでは?ターボ化される以前のワークスチームのあまりないDFVの時代。その時代にF1を戻そうとしているように思われます。確かにワークスが深くかかわっていったことでコスト増になったということは否めないでしょう。しかしだからと言ってワークスに自分の考えを押し付け、納得できないのであれば出ていってもかなわない、そのようなことを強行すれば分裂は必然かと。現在のF1はワークスが支えている、そのことは認めたうえで、コスト削減の必要性はワークス自身もわかっているので、そこのところは両者の納得できるような形になるように話し合ってゆく、そのような姿勢が必要でしょう。こんなことしてたらF1は終わりますよ。
Posted by anno at 2009年06月21日 21:05
「琢磨のシートがあるシリーズ」をバックアップしますけどね( ̄ー ̄)ニヤリ

>>その通りでし!(爆)
Posted by Mansellおぢさん at 2009年06月23日 23:12
annoさん>こんばんは!
そのご意見、まったく賛成です。
それにしても、さすがのFIAも焦りだしましたね。ピラニアクラブならではの水面下のどろどろが今後もありそうな予感です。

Mansellおぢさん>どもです♪

でしょでしょ( ̄ー ̄)ニヤリ
Posted by こめろんぐ at 2009年06月24日 00:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。