2006年09月04日

ラリージャパン観戦記(その1)=レグ2、SS14シピリカキム

さて、ラリージャパン観戦記詳報・第一弾です。(多分第4弾までのつもりですが、力尽きるかも^_^;)

1日(金)の仕事を終え、自宅から出発。一緒に行く予定だった娘はいきなり熱を出し、リタイアとなってしまったので、1人でのドライブです。SS(スペシャルステージ)観戦予定地に近い足寄の「道の駅」に着いたのは深夜零時過ぎでした。

touchaku.jpg
何とか一台分空いてたので、そこに駐車。周りはインプレッサやレガシィなど、スバル車ばっかり! ラリーファンの間でもっともメジャーな車はスバルだということをまざまざと感じます(ランエボほとんどいなかった)

どうでも良いことですが、足寄は松山千春の実家があるところで、鈴木ムネヲ氏の出身地でもあります。

で、こんな感じの寝床で就寝!

nedoko.jpg
レガシィは後部座席を倒すと、奥行き180センチあまりのフラットな荷室が出現するので、181センチの私でも眠れてしまうという便利車なのです。もちろん、寝返りも打てる!

で、この日は6時半に目覚ましをかけていたのですが、なんと、4時過ぎからインプレッサの爆音が次々と聞こえてきました。どんどん出発していくようです。


ちなみに、駐車場開放時間は4時半ですが、観戦エリアオープンは6時半、SSのスタートは9時25分です。
みんな、気が早すぎ! とか思いつつ、目が覚めちゃったので、私も顔洗って朝飯食って、5時20分に道の駅を出発。


20分後。シピリカキムの駐車場についてびっくりしました。

すでに車が200台くらいいる!

もちろん、観戦エリアオープン前なので、観戦エリアに行くための行列ができていました。

shipirimae1.jpg

…正直、ラリーファンをなめてました。先頭の方を見ようとすると、「みろ、人がごま粒のようだ」という世界です。念のために記しますが、朝5時50分ごろの光景です。


で、林道ステージというのは、駐車場からものすごく歩きます。


shipirimae2.JPG
えんえんと、延々と歩きます。こりゃ、娘は来なくてよかったかも(^_^;で、歩くこと45分、ようやく到着しました。それでも、始まるまでに3時間近くあります。


最初は人の姿がまばらだった観戦エリアも、スタート1時間前くらいになると…

sipirimae3.jpg
こんな急なところなので、みんな座っても後ろの方から余裕で観戦できるのが吉。ただし、日よけがなくて辛い(^_^;

そんなこんなで、ようやく、SSの始まりを告げるインフォカー、そしてゼロカーたちがサイレンを鳴らしてやってくると、ボルテージも一気に上がります!


sipiriinfo.jpg
sipiri000.jpg
sipiri00.jpg sipiri0.jpg
写真左上はインフォカー。SSの始まりを周囲に告げる車です。今回は三菱アウトランダーでした。右上は「トリプルゼロカー」。最初にSSが安全かどうかをチェックします。今回はランエボ。ある程度ゆっくり走るはずの車が、結構攻めて走ってたので、どよめきが!
左下は「ゼロゼロカー」。よりスピードを上げて、高速での安全性に問題がないかをチェックします。今回はコルトバージョンRを使用。結構速くてこのように直ドリも決めてくれました。
右下はラリー車出発3分前に出る「ゼロカー」。ラリーの速度で走って問題ないかチェックするための車で、現役かそれに近いドライバーが限界まで攻めます!この4台はみんな、サイレンを鳴らしながら走ってくるので、すぐわかります。



そして、レースが始まりました!WRカーの迫力ある走りに歓声が上がります!

sipiri-conpac.jpg
フォード・フォーカスのコンパンク選手の走り! ここでのドリフトは一番決まってました。


sipiri-arai.jpg

日本期待の新井さん!(スバルインプレッサ) ここでは、気合いが入りすぎて、ドリフトミスってました(爆)
まあ、それもご愛嬌で(^_^;


sipiri-stol.jpg

プジョー307のストール選手。プジョーは今年、ワークス参戦がなく、1台がプライベーター的立場でフル参戦しています。


sipiri-hirubonen.jpg

綺麗なドリフトを決めるフォーカスのヒルボネン選手! フォード勢が意外にここはよかったですね。



さて、WRカーの走行も終わると、人がどんどん引いていきました。あああ、もったいないなぁ…。

実はここから日本人もフル参戦するPCWRCが始まるし、その後のプライベーターがまた、いいのに…。と思いつつ。


sipiri-nutahara.jpg

PCWRCの奴田原選手(ランエボ)。地元北海道・恵庭在住だけあって、ここの攻め方は超一品でした。世界の舞台でがんばる日本人選手に拍手!

で、ラリー界の「タクマ」こと(私が勝手に命名)鎌田卓麻選手(インプレッサ)を待っていたのですが…。来ません。なんと、ここの前でリタイヤしてしまったそうです。残念。




で、観戦席が最高の盛り上がりを見せたのは、これの時です!

sipiri-boon.jpg


ちっこいのキタ━━(゚∀゚)━━!!!


ってな感じで。とにかく、プライベーターが走り出してからは、ランエボ、インプではさほど盛り上がらず(また、ランエボか、みたいな冷静さ)、ブーンやシビック、インテグラ、セリカなどの時に盛り上がるという、よくわからない展開でした。



とにかく、ラリージャパン初体験にしてマニアックな観戦エリアでした。


最後の車まで見終わった後、また、長い道のりを歩いて駐車場に。そして、次なる観戦ステージ・陸別へ向かったのでした!

<続く!>


komelong_01-160.gif



posted by こめろんぐ at 14:44 | Comment(12) | TrackBack(1) | ラリージャパン2006観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
かっちょいぃぃぃぃぃぃぃ!
シビレタ!(ホンマ)

続くが待てないよー!(笑)

余談ですが…
一番最後に、むねおとちはるは二人三脚して駆け抜けたらもっとうけた?(爆)
Posted by カンジ at 2006年09月04日 19:48
こめろんぐさん凄いです、、、
ピントはともかく?〔笑)
捕らえ方がプロっぽいですなあ、
カメラマンでもやっていけるのでは?
いやいや、楽しめたようですねえ
うらやましいです、、
Posted by アルヌーは二枚目 at 2006年09月04日 21:02
あははは!インプ、エボ以外が来たときに盛り上がるってのがリアルですね〜〜確かに、もし見に行ってたらと思うと!あるかも^^♪って感じですね^^ウケタ!!続きも楽しみにしておりますね!しかし181センチだったのですね〜身長!!ふ〜〜む^^♪
Posted by silverfox1701 at 2006年09月04日 23:58
カンジさん>どもです〜
ハイ、あわてないあわてない。
てか、ムネヲと千春の二人三脚は、選挙の時に(以下省略、爆)

アルヌーは二枚目さん>こんばんは!
あははは。ピンとの話はつっこまないでください(^_^; あ、そうそう。ここに載せた写真、トリミングはしてますから(^^)v 一発でこのフレーミングが撮れればまさに、プロですが、所詮アマチュアですから…。ありがとう、フォトショップ!って感じです(^^ゞ

silverfox1701さん>どーもー。
ちなみに、上の写真をヨーク見てみてください。後の車になるにつれて、轍が掘れるためか、車体が底突きしそうになってるんですよ! で、実際に「ガガガッガガガガッガ」と音を立てていくインプなんかには「をををを、大丈夫か?」と同情の声が出てましたよ。ええ。
Posted by こめろんぐ at 2006年09月05日 03:11
良いっすねぇ!

日本でWRCが観られるとは良い時代になったもんだ。
・・・と、シミジミ思いますね。
来年はアメリカからチャンプカーが来る!かも?
Posted by ジムカニアン at 2006年09月05日 11:15
こめろんぐたちが、ジャパンでいいのに世界などなくて
こめろんぐたちが、北海道でご愛嬌とか松山千春と詳報とかを開放しなかった?
Posted by BlogPetのまめろんぐ at 2006年09月05日 13:44
いやぁ〜凄いですね!前日からの緊張感や盛り上がりがひしひしと伝わってきました。レガシィでの宿泊は私も何度か経験がありますが、寝袋があれば言う事無しですね!
グラベルのコースは人里離れた場所にあるのは仕方がありませんが、さすがに45分も歩かされるのは、観客も体力勝負ですね…(;^_^A レースの写真も素晴らしかったです!続編も期待していますね!
Posted by 考える葦 at 2006年09月05日 14:45
ジムカニアンさん>こんばんは!
ホント、F1にWRCにIRLと、4輪の世界トップレベルのレースは粗方、日本に来るようになりましたモンねぇ。イイ時代です。
もっとも、F1はうちから遠くて(^_^; でも、またいつかは行きたい!とか思っちゃうんですよね。うん。

まめろんぐ>おまい、そこで松山千春か…。だんだん、恐ろしくなってきたよ(爆)

考える葦さん>こんばんは!
やっぱ、レガシィで宿泊といえば、このパターンですよね(^_^)v 実はテントより快適だったりするという。
さて、次のエントリは調子に乗って写真ばっかりですよ(^_^;
Posted by こめろんぐ at 2006年09月05日 18:57
はじめまして。
シピリカキムの写真を探していて、こちらにトラックバックさせていただきました。
早朝の光景がすごいですね。

ちっこいのキタ━━(゚∀゚)━━!!!

よくわかります(笑)。うちのちびもツボにはまりました。カラーリングもシンプルでかっこよかったですね。さっきも、こちらのエントリーをスクロールして、ブーンを真ん中にしています。

もしも、よろしければシピリカキムの写真のデータいただけないでしょうか。ダメでもかまいません。ずうずうしいことは承知の上ですので、お気になさらずに。
Posted by キミコ at 2006年09月12日 06:27
10:37 キミコさん>こんにちは!TB先を拝読しましたが、お子さんの顔に見覚えが(^_^; 親子できててうらやましいなぁと思ってました。でも、あの道のりは大変だったでしょう。写真のデータですけど、お譲りするのは良いですよ。ただ、私自身も整理しきれないくらい、山ほどあることと(シピリカキムだけでも相当…)800万画素のフル画質なので、元データが1枚5メガ以上あるという重さと、多少ピントが甘い(マニュアルフォーカスなので)が難ですが(^_^; どうしましょうか?よかったら、右サイドバーの「内緒コメント」からご連絡ください。
Posted by こめろんぐ at 2006年09月12日 11:17
ありがとうございます〜〜。
「内緒コメント」で連絡させていただきました。

赤ちゃんのころと違って、子どもの顔がわかる写真出すのもなあと、最近は控えているのですが、今回はいくつか出してます。往復、大勢の方に追い越されながら歩いていたので、かなり目立っていたことと思います。振り返ってのぞき込んでいったり、声をかけてくれたりする方もいました。

家族で観戦というか、遠すぎて、もう家族旅行ですね。こめろんぐさんもぜひF1にご家族で。鈴鹿から1時間ほどのところに住んでいるのに、混雑が怖くて行ったことないんですけどね。また、鈴鹿でやってくれるかなあ。
Posted by キミコ at 2006年09月13日 05:54
キミコさん>どもです。
こういう家族旅行もアリかもしれませんねぇ♪
うちには歩くのが大嫌いなお嬢が一人いるので、なかなか難しいのですが(;^_^A アセアセ…
鈴鹿はひとまず、今年が最後ですね。
あとは政治力の世界で、ホンダがレースを引っ張ってこれるかが鍵だと思います。鈴鹿が近くてうらやましい!
Posted by こめろんぐ at 2006年09月13日 10:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ラリージャパン2006(9/2)シピリカキム1エリアA
Excerpt: 9/2、わが家のラリージャパンツアー、メインの日です。 まずは北見??シピリカキ...
Weblog: Notebook :: Hibi no Note
Notebook :: Hibi no Note
Tracked: 2006-09-12 06:13
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。