2006年11月04日

裁判傍聴が流行るの? 廃れるの?

なんだか最近、東京の裁判傍聴娘集団「霞っ子クラブ」があちこちで批判されているそうです。

きっかけになったのは、このニュース番組なのかな? (っていうか、こんな早朝の番組を録画してYou Tubeに貼った奴が出てからか…




まあ、この映像だけ見たら賛否両論だわなぁ…。

んなこといったら、阿曽山大噴火さんなんて、不謹慎の極みでしょうが。スキンヘッドでスカート姿で傍聴席にいるんでっせ!(あ、姿形の問題でなくて)

批判の声と言えば

「不謹慎だ」とか、
「被害者に失礼だ」とか、
「被害者の身になって考えてみろ」とか…。

まるで、当ブログへの当てつけのようだ(^_^;

当ブログをPCでご覧の方はご存じの通り、たまに「法廷傍聴記」をやっているほか、「18禁」の下半身系の事件ばかりを集めた「大人限定」バージョンもやってます。「大人限定」の不謹慎さといったら、霞っ子のはるかに上を行っていますよ。間違いなく。


で、ニュースによると、一般人だけでなく、法曹関係者からも「法廷をおもしろおかしく垂れ流す垂れ流す姿勢ときたら、まともな人間性を有しているとは思えない」とのブログでの声があるとか。






ちょっとまて。



一般人が言うならともかく、法曹関係者にはその台詞を言う資格はないぞ。



オイラは当ブログで書いてきたこと、これから書くことも勘案し、法曹関係者にこれだけは言わせてもらいます。



刑事被告人と1度会って、法廷に2度出て適当にしゃべるだけで、税金から12万円をもらう手抜き稼ぎが横行している弁護士さん。


強姦被害者を、公開の法定の場でセカンドレイプしまくるセクハラがまかり通っている検察官さん。


国・検察の屁理屈をすべて認め、世間の常識を遙かに超越した非常識な判決ばかり書く裁判官さん。




おまえらの方が、まともな人間性を持ち合わせているかどうか、疑わしいよ。


ふざけるな! 


少なくとも、おまいらに霞っ子を批判する資格はない!


オイラは少なくとも、霞っ子さんの活動はアリだと思ってます。だって趣味だもん。法廷傍聴を趣味と言い切れる女子。いいじゃないですか。どうせ、裁判員制度が動き出したら、世の中の200人に一人は一生に一度、裁判員制度に引っかかってくるんですよ。法廷を身近に感じること、自分なりに咀嚼して理解することができる分、時代を先取りしていますよ。ええ。本も出しちゃったけど、あれって、「鬼嫁日記」みたいなもんでしょ。


えーっと、近々、『18禁』ネタを書こうかな(^_^; 最近書いてないし…。不評を覚悟で!


komelong_01-160.gif


posted by こめろんぐ at 21:40 | Comment(2) | TrackBack(0) | 実録!?裁判傍聴日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
映像を見てみて…
なんか…いいんじゃねーの?
彼女達の視点で裁判を傍聴するのも!と思ってしまいました。(笑)

でもまー、逆に法曹関係者にはイタイかもね!(爆)
今後は、もっと緊張感をもって仕事してくれ!ですか?(笑)
Posted by カンジ at 2006年11月06日 11:34
カンジさん>どもです。
でしょでしょ。
オイラだって、大差ないし。強姦とか強制わいせつとかがあると、目を輝かせて傍聴に行くし(^_^;
結局、法曹関係者がアラ探しされるのがいやなんでしょ、みたいな。
3年後にはいや応なしに、国民みんなを裁判に巻き込む制度が導入されるのですから、今更ギャーギャー言ってもねぇ…。
Posted by こめろんぐ at 2006年11月06日 14:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。