2007年01月30日

カスタマーシャーシ問題について考える〜3月12日! 衝撃の発表へ!

またまた、堅い話です。(っていうか、オイラ暇人か?)

モータースポーツの最高峰といわれるF1で、今持ち上がっている問題があります。しかも、日本のチーム・スーパーアグリが巻き込まれているから穏やかではありません。

その問題とは「カスタマーシャーシ問題」

F1とはモータースポーツの中で唯一、「オリジナルシャーシ」での参戦を義務づけています。同じシャーシで2チーム出場することはできません。チーム別ポイント選手権が「コンストラクターズ(建造者)タイトル」といわれるのはこのためです。
ただし、チーム=コンストラクターである必要はないのです。

かつて、F3などの車を作っているダラーラが製作したシャーシを買って参戦した「スクーデリア・イタリア」や、ローラのシャーシで参戦した「エスポ・ラルース」、マーチのシャーシで出た「レイトンハウス」なんてチームもあったわけです。

そういえば我らがスーパーアグリも、4年前の「アロウズ」のマシンを現在のレギュレーションに合わせて改装し「SA05」に仕立てて開幕戦のグリッドに付いたのも、この手です。昨年から参戦した「トロ・ロッソ」は、事実上レッドブルの旧型シャーシを改装して出場しました。

さて、表題の「カスタマーシャーシ」とは、文字通り「他チームからの販売シャーシ」です。F1のレギュレーションが改正され、2008年からカスタマーシャーシでの参戦が可能になります。このため、スーパーアグリはホンダの、トロ・ロッソはレッドブルの、08年から参戦予定のプロドライブはマクラーレンのシャーシの供給を受けて走る、といわれています。

で、今持ち上がっている「カスタマーシャーシ問題」とは、今シーズンは「オリジナルシャーシで走れ」というレギュレーションなのに、トロ・ロッソとスーパーアグリは、カスタマーシャーシではないか! という疑惑がささやかれていることです。
今シーズン、レッドブルとトロ・ロッソは、子会社の「レッドブルテクノロジーズ社」から事実上同じ設計図を買い、同じマシンを走らせようとしています。また、スーパーアグリは、第3者の「PeeJayUU Ltd」という会社に、ホンダの昨年型RA106を買い取らせ、これを元にしたシャーシを開発させて、走ろうと計画している、と言われています。
これが他のチーム、とりわけ、スパイカーとウィリアムズの反感を買い、両チームが「あれはレギュレーション違反だ!」と、調停にまで持ち込もうとしています。提訴する!という話もあるようです。

なぜ、レギュレーション違反か。トロ・ロッソはレッドブルと事実上同じものだし、スーパーアグリの場合は「ホンダのRA106の設計を元にしており、これは他のチームからシャーシを買うのと同義!」ということだそうです。

ところで、トロ・ロッソもそうなんですが、スーパーアグリは未だに今シーズン用の車「SA07」を発表していません。

つまり、今のところ、彼らの言い分は「風の噂を元に推測した結果、そのマシンはダメでしょ」といっているにすぎないんです。

ところで、同じレギュレーションにもかかわらず、トロ・ロッソもスーパーアグリも、他のチームの旧型シャーシを使って参戦しても、OKでしたよね。なんで今シーズンはダメなんでしょうか。
トロ・ロッソの場合、昨年はレッドブルの旧型でしたが、この旧型シャーシを設計したのは、レッドブルに買収される前のフォード(というかジャガー)だったんです。なので、レッドブルがオリジナルで設計したRB2と、トロ・ロッソがRB1を元に改良したSTR1は「別のシャーシ」と強弁できました。
また、スーパーアグリの場合は4年前に撤退した「アロウズ」のシャーシで、現在はアロウズは参戦しておらず、無問題だったというわけです。

しかし、風の噂によれば、今シーズンは事情が違うよ。だからダメよ、とスパイカーを中心に声が上がっているわけです。


まあ、いくら言ったところで、マシンが出てきてみないと、ねぇ。文句言ったってしょうがないでしょう。と思うんですけどねぇ。

トロ・ロッソの代表のベルガーは「100%合法」といってますし、佐藤琢磨も「スーパーアグリの車は合法ですよん」といっています。取り越し苦労に終わるのかもしれませんよ。


いずれにせよ、この問題が動くのは、マシンが出てきてからですし、オイラは両方とも、合法であってほしいと願っています。


ちなみに、私は「カスタマーシャーシ容認」派です。カスタマーシャーシの利点は、なんと言っても「安い」。同じ金で2チーム分作れるなら、1チームにかかる費用は半分で済み、より速いマシンの開発が出来ると期待できます。やっぱ、F1は速くてナンボですよ。ええ。

アメリカのフォーミュラ・インディーカーは、全チームがカスタマーシャーシで参戦していますが、そのセッティングの妙で激しい戦いを演じていますし、かつてのCARTでは、カスタマーシャーシが基本だったにもかかわらず、ペンスキーのようなオリジナルシャーシを製作して走ってしまう気骨のチームもありました。たとえ、カスタマーシャーシが導入されたとしても、F1らしいレースが見られると思うんですよ。ひょっとすると、また、ロータスのような名門プライベーターが復活するかもしれないし。今のように、メーカーばっかり目立つのはおもしろくないです。ティレルやロータス、レイトンハウス・マーチのように、時折きらりと光るプライベーターの参戦も待ち望みたいんですよ。


と書いている間に、速報が舞い込みました。


スーパーアグリがなんと、



3月12日に、

東京で

新型車「SA07」を

発表するそうです!


日本でF1の新型車が発表されるのは、史上初の出来事です! すばらしい!

さすがはBorn in JAPANを合い言葉にする我らがスーパーアグリです。だれよりも早く、日本のファンにお披露目したい!という心意気に、涙が出そうです。ホントにうれしい! 今年1年も張り切って応援しますよ!



佐藤琢磨を応援しています!
TRT07-banner-L.gif aguribanerlogo.jpg

komelong_01-160.gif


posted by こめろんぐ at 23:03 | Comment(6) | TrackBack(5) | モースポとバイクと佐藤琢磨と | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ほんと発表がたのしみですね、、、
まあ、車こっちで作ってるので、発表も日本が楽かな?みたいな、あ、感動に水さした?(笑)スレ違いだけど、スノーモトかっちったよ、新車よ新車(笑)勿論お安かったからですけどね、、、でもなんか他のもの売却して穴埋めせねば、、、(爆)
Posted by アルヌーは二枚目 at 2007年01月31日 02:31
カスタマーシャーシ問題では、スパイカーとウィリアムズの姿勢がどんどん強硬になっていってますね…(;^_^A

噂の段階から提訴をちらつかせるのも穏やかじゃあありませんね。まぁ噂はかなり現実味を帯びている訳ですが…。

カスタマーシャーシが良いか悪いかで言うと、私的には全く同じマシンと言うのは無しだと思いますね。それだと何台走ろうと同じマシンは実質1チームと同じですからね…。ただ、基本設計が同じで、そこから全く違う発展を遂げたマシンは有りだと思います。やはりF1に参戦するチームはそれなりの開発力も持ってないと面白くないですよね…。

Posted by 考える葦 at 2007年01月31日 09:23
またもオイラからのTBは飛びませんのでコメントにて失礼します。(汗

カスタマーシャーシは確かに難しい問題ですね。もっとも難しいのは、最近のF1チームを運営して行く為には、それこそ膨大はコストが掛かってしまう点にありますね。
風洞しかり…
どう転んでも、風洞を持っているチーム(メーカー)に風洞を自前で持てないチーム(プライベーター)が勝てる訳がないですもんね。その結果メーカー同士の争いになってしまって、プライベーターは同じコースをはしるクラス違いにも映りますし…
かと言って、フランクさんが言うようにF1はコンストラクターも争っているんだ!という言葉にも重みはあります。

なにか上手い策があるといいですよね。(笑)

あっ!こめろんぐさん
銀の鈴は東京駅(新幹線のりばの下)ですからー!(爆)
お待ち申し上げております。
Posted by カンジ at 2007年01月31日 15:54
アルヌーは二枚目さん>こんにちは!
私もその妄想、ちょっと現実味があると思ってたり(爆)
スノーモト買いましたか! 新車とはいいですねぇ…ひょっとして、アルミフレームの軽い奴ですか? ぜひブログにアップしてください!

考える葦さん>どもです。
私が「カスタマーシャーシ容認」なのは、たとえ同じ設計のマシンを複数チームが持ったとしても、それぞれはまったく違う戦闘力を持つことになると考えるからです。アメリカのインディが良い例です。しかも、インディはほぼ全戦がオーバルコースでのレースなのに、チームによって戦闘力が異なっています。ドライバーの腕だけではなく、ちょっとした空力パーツの違い、セッティングの妙、メカニックの腕次第でいくらでも「違うマシン」ができます。F1も同じだと思うのですよ。基本設計が同じでも、チームごとに「違う」マシンが走る。これが速さを追い求めるF1の姿であるはずです。

カンジさん>こんにちは!
まあ、フランクおじさんも、プライベーターでありながら、必死こいてマシンを作り続けて、今の地位を築いたわけですから、コンストラクター選手権にこだわる気持ちも分からないわけではないんですよねぇ。私もCARTを見てた時は、オリジナルシャーシで戦いを挑んだペンスキーを応援してたし(^_^; まあ、ドライバーがエマーソンだったというのもありますけどね。

っていうか、マジで集合? 行きたいけど…どうすんのよ、俺(爆)
Posted by こめろんぐ at 2007年01月31日 17:49
らいふかーーーーーど!
Posted by おだぎりじょー at 2007年01月31日 22:40
へつづく!!
Posted by ほーむぺーじ at 2007年01月31日 23:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

カスタマーシャーシ問題その後 (追記アリ□
Excerpt: 昨年から続くカスタマーシャーシ問題が混沌としてきているようなので、少し中間のまとめ的感想を… ●ベルガー、カスタマーシャシーに自信(f1gpnews:F1ニュース2007) ●ウィリアムズ、マシン共有..
Weblog: beatnicの密かな憂鬱
beatnicの密かな憂鬱
Tracked: 2007-01-31 00:10

Super Aguri confirm launch date
Excerpt: SAF1 3月12日東京でSA07発表!!
Weblog: Lion heart
Lion heart
Tracked: 2007-01-31 01:15

ラウンチ決定!
Excerpt: Super Aguri F1 Teamのラウンチが決まりました! Monday 12th March in Tokyo,…3月12日東京だそうです! ネタ元:F1TECHNICAL スーパーアグ..
Weblog: TRT Communication
TRT Communication
Tracked: 2007-01-31 13:10

3月12日! 東京で!
Excerpt: F1Newsさんより速報が入りました。 なんと! スーパーアグリは3月12日、 東京でSA07を発表! F1チームが日本で新車発表するのは初めてですよ! すばらしい! さすがは..
Weblog: SAF1-TOPICS
SAF1-TOPICS
Tracked: 2007-01-31 13:11

SA07、3月12日に東京で発表!
Excerpt: って…遅くね?   2007年シーズンへ向けての新車発表について SAF1チームは、2007年シーズンのFIA F1世界選手権へ向けての新車となるSA07を 3月12日(月)に東京で発..
Weblog: 佐藤琢磨応援日記
佐藤琢磨応援日記
Tracked: 2007-01-31 23:40
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。