2007年05月31日

ロータリーエンジン発売40年<おまけ追加>

昨日、5月30日は、マツダが初のロータリーエンジン搭載車「コスモスポーツ」を発売して、40周年の節目だったそうです。

マツダのプレスリリースを紹介します

マツダ、ロータリーエンジン車発売40周年を迎える        2007年05月30日

 マツダ株式会社(以下、マツダ)は本日、ロータリーエンジン車の発売開始から40周年を迎えた。これまでにマツダが生産したロータリーエンジン車は、累計で約197万台(2007年4月末現在)となっている。

070530.jpg

「コスモスポーツ」 (1967年5月30日発売)

<以下略>

マツダはこれに合わせ、ロータリーエンジン車発売40周年記念ウェブサイト(http://www.mazda.co.jp/philosophy/rotary/)をオープンし、読み応えがあるものになっています。


オイラ自身はロータリーエンジン搭載車に乗ったことがありませんが、友人が3代目のRX-7(走り屋名:FD3S)に乗ってました。後期型のシーケンシャルツインターボ搭載車でしたが、おっそろしくコーナーリングが速くて、走り屋御用達なのがうなずけました。ちょっと運転させてもらったのですが、エンブレが全然効かず、「何じゃこりゃー! エンブレないやん!」と文句を言うと、「ツーストのバイク乗ってる奴に言われたくない」と切り返され、沈黙した苦い経験も(^_^;(ツーストのバイクはエンブレが全く効かない)

さて、マツダの特設ページを見て気がついたのですが、ロータリーエンジン搭載第2号は意外にも、ファミリアだったんですね。てっきりルーチェだと思ってた(^_^; コスモ発売の2年後、1969年だそうです。
その後、ルーチェ、カペラに載り、1971年に「サバンナ」が発売。サバンナは通称「RX-3」と呼ばれたクーペの他、セダンやスポーツワゴンもあったそうです! 時代が早すぎましたね…。1990年代末ならバカ売れしたのに(爆)

で、とんでもない車も出ました。マイクロバス「パークウエイ」のロータリー版です(爆)。後のRX-7にも搭載される13Bエンジン(654×2ローター)を載せましたが、何せロータリーエンジンのトルクの薄さは天下一品で、26人乗りのマイクロバスに使うこと自体無茶。わずか44台しか売れなかったそうです。

n-photo11.jpg
マツダ・パークウェイロータリー26。これがロータリーエンジン搭載だなんて、信じられません(爆)
写真はマツダの特設ページより

また、トヨタのセンチュリーや日産のプレジデントに相当する「ロードペーサー」が1975年に発売されましたが、短命に終わりました。まあ、高級車でロータリーっていうのもねぇ…。このロードぺーサー、一度しか見たことがないですが、アメ車みたいだなぁという印象だけしかなかったです。ちなみに、マツダ初の3ナンバー車だったとか(爆)

その後、ルーチェとコスモが兄弟車になり、コスモにレシプロエンジンも載ることになったため、ロータリー専用車はサバンナRX-7だけに。ですが、初めてのロータリーターボはルーチェ/コスモの方に載りました。RX-7に載せてやりゃいいのに…。

1985年にRX-7が2代目にモデルチェンジ。走り屋用語で「FC3S」の登場です。これは最初からロータリーターボ搭載で、走り屋に絶大な人気を誇りました。オイラが車を覚えた1980年代の終わり頃、走り屋の車って、FCかハチロク(レビン・トレノ)かS13(シルビア・180SX)か、って感じでしたよね…。一部パルサーとシビックもいたりして。

で、1990年にトリプルローターのユーノス・コスモが登場。漫画「メカドック」で那智さんが作った「トリプルローター」がホンモノになるなんて…コスモはあこがれの車でしたね。バブルが弾けるとともにあっという間に消えましたが。
そういや、このころにはロータリーエンジンはコスモとRX-7だけになってました。

で、1991年のルマン24時間レースで、4ローターエンジン搭載のマツダ787Bが優勝します。もう、これは感動的でしたね。次の年からロータリーエンジンは出られなくなるところでしたから。ドライバーは現役F1ドライバーのジョニー・ハーバート、ベルトラン・ガショー、元F1のフォルカー・バイドラーという、ちょっと反則的な体制でしたが、ロータリーに初の栄冠をもたらすわけです。でも個人的には寺田陽次郎組に勝ってほしかったなぁ…

その後、排ガス規制の強化もあり、2002年にRX-7が廃盤。もう、ロータリーは消えるかと思われたのですが、2003年に新ロータリーエンジンを搭載したRX-8が発売。マツダのロータリースピリットは生き続けました。

昨年には水素を燃やす「水素ロータリー」も発表。今後もロータリーはマツダとともに生き続けるようです。


ともあれ、ロータリー40年、おめでとう!

自分が乗る車になるかどうかはわかりませんが、このエンジンには日本の「ものつくり」の魂が息づいていると思っています。その開発の苦労はNHKの「プロジェクトX」でも紹介されるなど、有名ですよね。

今後も未来永劫、走り続けてほしいですね。



<おまけ>

REDFIVEさんが乗ってたというコスモAPはこういう車です(^^)v

n-photo13.jpg
写真はマツダホームページより


あと、ロータリー40周年記念ブログパーツを右サイドバーに貼ってみました。いかがでしょうか?

komelong_01-160.gif
posted by こめろんぐ at 22:50 | Comment(9) | TrackBack(0) | モースポとバイクと佐藤琢磨と | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マツダの印象は結構地味だったりしますが、RX-7やRX-8はスポーツカーとして孤高の存在ですよね。自分が乗るには、ちょっと個性的過ぎだったりしますが…(笑)

ロータリーエンジンは、水平対向エンジンに比べると少し魅力に欠けるのですが、一度は乗り潰してみたい車です。しかしマツダ車は全部ロータリーだと思っていたのですが、そういうわけではないのですね…(;^_^A

マツダの様に、もっともっと日本独自の技術で世界に討って出る企業が増えるといいですね。
Posted by 考える葦 at 2007年06月01日 06:51
考える葦さん>こんにちは!
実はロータリーエンジンの原理は独自技術ではなく、ドイツのものなんです。ただ、実用に耐えるものとして改良を重ね、量産型エンジンを出したのはマツダが最初です。外人が投げ出した原理をマツダが昇華させ、すばらしい技術として開花させたのです。
マツダはほかにも、ディーゼルエンジンのパワーを飛躍的に向上させたPWS(プレッシャー・ウェーブ・スーパーチャージャー)の実用化(カペラ、クロノスに搭載)、高効率のミラーサイクルエンジンの採用(ユーノス800)など、実験的な技術を積極的に採り入れ、独自に実用化するユニークなメーカーです。ちなみにミラーサイクルエンジンは後にトヨタのプリウスに採用されてますね。今年モデルチェンジ予定のマツダ・デミオで久々に復活するようです。
スバルには独自の水平対向エンジン、シンメトリカルAWDがあり、マツダにもロータリーをはじめとする技術が生き続ける。ホンダもエンジンではVTECを始め独自の技術が盛りだくさんです。日本の「ものつくり」バンザイ!ですね。

余談ですが、スズキが以前、ロータリーエンジンのバイクを出してますね。RE-5という輸出専用車でした。
Posted by こめろんぐ at 2007年06月01日 16:12
コスモAPのクーペに乗っていました。
エンジン音が全然しなくて気が付くと
100キロ近くスピードが出ていたこともしばしば。
燃費は最悪、アメ車並み!!
何と、リッター2.9キロ!!!
アイドリングでもメーターが下がっていくカンジで。
まぁねぇ、13Bのぺリでしたから仕方が無いかも。(笑)
Posted by Mansellおぢさん at 2007年06月01日 22:25
Mansellおぢさん>こんにちは!
2代目コスモですか! てか、その燃費凄すぎ(爆)
燃料計が下がるのが視覚でわかりそうですね(^_^; 車内にいるとエンジン音がほとんど聞こえない、っていうのがロータリーエンジンらしいですね。
Posted by こめろんぐ at 2007年06月02日 09:59
40年もたったんですか。ヴァンケルが発明し、NSUでもあったけど、ここまで使えるようにしたと言えるのはマツダですよね。未来のエンジンともてはやされた時もあったように思います。一番のネックはやはり燃費か。水素ロータリーエンジンも研究されているんですよね。
Posted by anno at 2007年06月03日 19:46
試作でもよければ、マツダのRX500、メルセデスベンツのC111。C111はのちにディーゼルになりましたが、あのスタイルには未来的な感じがしましたね。
Posted by anno at 2007年06月03日 22:55
annoさん>こんばんは!
さすがはannoさん! メルセデスの試作車まで出てきました! でも、ロータリーは原理的には高効率なんですけどねぇ…。燃費がネック過ぎで。でも、RX-8も出てますし、今後はわからないですよ!
Posted by こめろんぐ at 2007年06月04日 03:01
13Bペリのペリって、ペリフェラルポートのことですよね。ロータリーはバルブによらない吸排気で吸排気効率が悪く、燃費の悪化、トルク不足になりやすいといわれています。内部のローターの慣性モーメントも大きそうだし、低回転時や回転数を大きく変化させる場合にロスが大きそうですね。4ストより2ストに近いエンジンかな。2ストも減ってきてるし、ロータリーも頑張ってほしいですね。
Posted by anno at 2007年06月05日 11:41
annoさん>こんにちは!
ロータリーって燃焼のメカニズムを見る限り、2ストですよね。どうみても。
効率がいいっていうのは、レシプロエンジンが燃焼によりピストン運動を取り出して回転運動に変換しているのに比べ、燃焼で直接回転運動を取り出している、という部分においてです。まあ、燃焼効率その他を考えると、2ストと同様、低燃費になるのは無理なわけですが(^_^; しかし、走り屋の琴線に触れるエンジンではあります!
Posted by こめろんぐ at 2007年06月05日 18:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。