2008年03月01日

秋田さんはこう言ってるけど…アグリさん、しっかりしてや!

それにしても、F1のスーパーアグリの行く末はどうなるんでしょうか。

直前の合同テストをキャンセルし、今シーズンのぶっつけ本番が確定することになったのは、当ブログでも書きました。

参考エントリ:スーパーアグリ、ホントに大丈夫なのか?

その後、「ホンダとの交渉がまとまれば、来週のホンダが行う単独テストにスーパーアグリも参加できる」との話が出てきました。その交渉とは「リストラしろ、こっちのいう投資家に株を売れ」というホンダの提案をアグリさんが飲むかどうか、の交渉です。

ホンマかいなと思っていたら、ロイター通信がスーパーアグリの運営会社・エーカンパニー代表の秋田さんのコメントを伝えてきました。(参考記事:これなど)

その内容は

●ヘレステストをキャンセルしたのは、いくつかの部品の到着が間に合わなかったから。
●現在、可能性のある投資家3件と交渉している。株式売却率は100パーセントの可能性もある。
●株を100パーセント売っても、アグリさんを排除できない。もしそうなれば、ホンダはスーパーアグリから手を引くからだ。ホンダのエンジン供給を失えば参戦できない。
●もし、投資家がBMWエンジンを持ってくるような話があれば別だけどね(笑)それでもオーナーを変えることはできないはずだ。
●だから、スーパーアグリはちゃんと、アルバートパークのグリッドにいるよ。去年と同じでね。


との内容。

つまり、アグリさんと秋田さんは、「金を出してくれ。ちゃんと広告も貼るから。でも、チーム運営にはタッチしないでね。ドライバーはアンソニーと琢磨で決まりだから。よろしく」というスポンサーを探して交渉していると。


ムム。。。o( ̄^ ̄ ;)


おそらく、株を100パーセント売ったとしても、チーム名やオーナーは変えずに参戦できるようなスポンサーがいたんでしょうね。ただし、ドライバーはウチの人間を乗せろ、と。

ドライバーの差し替えについては、ホンダが飲まなかった。「もし、アンソニーを下ろすのなら、エンジン供給を止める」と言ったんでしょう。それで、その話は消えた。

例のインド企業の買収話がイイ線まで行ってたことをうかがわせる秋田さんのコメントです。ドライバー以外はかなりいい話だったんでしょうね。下手すると、バニえもんが仲介していた可能性もあります。この話をすっきり飲んでおけば、バルセロナテストのキャンセルもなかったんでしょうね。あああ、もったいない。

で、アグリさんはホンダの話を呑む代わりに、ホンダにスポンサーの仲介を頼んだ。その結果、ホンダが3人の投資家を連れてきた。現在、金額などを含め交渉中である、と。こんな感じではないでしょうか。

おそらく、この話はまとまるんでしょう。ただ、いずれの話も一長一短があり、どれがいいか悩んでいる最中。でも、例のインド企業ほどの条件は引き出せていない。そんな推理ができてしまいます。

マシンがアレでは戦闘力の低下は否めませんが、資金力というのは重要ですよ。ええ。

あと2週間。せめて交渉をうまくまとめて、最低でもマシンのシェイクダウンだけでも済ませ、アルバートパークに向かってほしいです。琢磨もきっと、スタンバってますよ。


頼むぞ! アグリさん!


佐藤琢磨を応援しています!
trt-mini-200-40.jpg aguribanerlogo.jpg aguribarogo.jpg
komelong_01-160.gif


posted by こめろんぐ at 22:26 | Comment(4) | TrackBack(4) | モースポとバイクと佐藤琢磨と | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
トラックバックありがとうございます!!

いったいどうなるんでしょうね…。
とにかく存続していただくことを望みますが、名前が変わったりしたら嫌ですね。
ぶっちゃけ琢磨が走れればいいのですが、私が唯一ドライバーだけでなくチーム含めて応援できるチームなので…
今後の動向が非常に気になります。
Posted by マ・クデ大佐 at 2008年03月02日 11:45
マ・クデ大佐さん>こんばんは!
オイラはむしろ、「名前くらい変わってもいいや。出走できれば」くらいの腹づもりです。
たとえ、チームが残ったとしても、あのマシンでは…今年一年、ストレスが溜まりそうですし(^_^;

早く、ハッキリしたところを聞きたいものですよね。スポンサーによっては前向きな部分も見えてくるかもしれませんし…。
Posted by こめろんぐ at 2008年03月02日 22:57
あまりに身売りの話ばかり出るので、ついミナルディの存在していた時のことを思い出しました。特に2000年オフから2001年にかけて。売却先が2001年になっても見つからず撤退の危機だったのですが、ストッダートのチーム買収により存続可能に。その後、残された時間でマシン、ドライバーを揃え、開幕に間に合わせた。あの時のドライバーはアロンソでしたよね、確か。あのチームは日本のバブルが弾けた頃、そう1993年頃からずっと資金難がささやかれていて、それでもレッドブルに買収される2005年まで、チームは続いたんですよね。SAF1やはり身売りですか。撤退よりはまだいいですよね。
Posted by anno at 2008年03月03日 04:26
annoさん>こんにちは!
ミナルディもずーっと資金難でしたね…。2001年の土壇場の参戦決定、思い出しましたよ。
どこかいいところが現れれば良いんですが…。ホンダもBチームを失いたくないでしょうし、ギリギリの交渉はまだ、続くんでしょうね。撤退の二文字だけは見たくないです。ハイ。
Posted by こめろんぐ at 2008年03月03日 17:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

F1(3902) 秋田氏、 “チームの株式売却の割合が100%になるかもしれない”
Excerpt: 例え100%の買収だったとしても、チーム自体がなくなるわけではない 「100%の株主でなくなっても、必ずしもチーム名が変わるわけではありません」 スーパーアグリ 「メルボルンのグリッドに並..
Weblog: 戀は糸しい糸しいと言う心
戀は糸しい糸しいと言う心
Tracked: 2008-03-02 00:04

スーパーアグリ100%売却も有り得るってか?!
Excerpt: うぉー!!!!!!! えらい記事が出てる!!!!!!!!!!!!! FMotorsportsより スーパー・アグリ首脳、「100%売却もあり得る」 果たして開幕戦のグリッドに並べるのか疑問..
Weblog: まだだ、まだ終わらんよ…〜SAF1はあと○年は戦える〜
まだだ、まだ終わらんよ…〜SAF1はあと○年は戦える〜
Tracked: 2008-03-02 11:46

【F1】スーパーアグリ、存続への試練
Excerpt:  今季、冬季テストのほとんどを欠席したスーパーアグリチームにとっては、今が存続に向けての正念場のようです。  鈴木亜久里とともに同チームを牽引するエー・カンパニー代表...
Weblog: なにこれブログ
なにこれブログ
Tracked: 2008-03-03 12:06

無題 2
Excerpt: 土曜日、お兄は、横浜の赤レンガ倉庫で行われたニッサンのイベントに出かけました。 一緒に行っちゃおうなあ‥と迷いましたが、夕方に出かけ...
Weblog: それぞれのココロとカタチ
それぞれのココロとカタチ
Tracked: 2008-03-04 11:01
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。