2008年03月16日

F1オーストラリアGP予選!(誤記修正)

さて、2008年F1開幕戦、オーストラリアGP予選が行われました。が…我らがスーパーアグリ勢は案の定というかやっぱりというか、ホントのぶっつけ本番は通用しませんでしたね…。


っていうか、驚いたのはBMWです。予選前のフリー走行でなんとクビサがトップタイム。2番手にハイドフェルド。こいつら、今まで三味線ひいてやがった! テスト期間を含め、前日までの不振ぶりは何だったんだ!


というわけで、予選結果を紹介します。(FMotorsportより)

PNo.DriverCarFirst TimeSecond TimeThird Time
122L.ハミルトンMcLaren Mercedes1:26.5721:25.1871:26.714
24R.クビサBMW1:26.1031:25.3151:26.869
323H.コバライネンMcLaren Mercedes1:25.6641:25.4521:27.079
42F.マッサFerrari1:25.9941:25.6911:27.178
53N.ハイドフェルドBMW1:25.9601:25.5181:27.236
611J.トゥルーリToyota1:26.4271:26.1011:28.527
77N.ロズベルグWilliams Toyota1:26.2951:26.0591:28.687
89D.クルサードRed Bull Renault1:26.3811:26.0631:29.041
*912T.グロックToyota1:26.9191:26.1641:29.593
1015S.ベッテルToro Rosso Ferrari1:26.7021:25.842 
1117R.バリチェッロHonda1:26.3691:26.173 
125F.アロンソRenault1:26.9071:26.188 
1316J.バトンHonda1:26.7121:26.259 
148中嶋 一貴Williams Toyota1:26.8911:26.413 
1510M.ウェバーRed Bull Renault1:26.914  
161K.ライコネンFerrari1:26.140  
1721G.フィジケーラForce India Ferrai1:27.207  
1814S.ボーデToro Rosso Ferrari1:27.446  
1920A.スーティルForce India Ferrai1:27.859  
2018佐藤 琢磨Super Aguri Honda1:28.208  
216N.アンジェロ・ピケRenault1:28.330  
2219A.デビッドソンSuper Aguri Honda1:29.059  



というわけで、琢磨は残念ながらほぼテールエンダーのスタートに。アンソニーは正真正銘、ブービーメーカーだし。まあ、今回はテストランみたいなものですから…。琢磨がルノーの1台を食った分、マシ? それにしても、インドの力に完全に置いていかれましたね。(;´o`)ゞ トホホ…


まあ、予選は波乱でしたね。

Q1は上位陣が安定。ほとんどが1回アタックで済ませました。その中でピケJrが全然ダメダメ。また、フリーでは絶好調だったインドの力の2台も26秒台に入れられません。琢磨は強引に4回アタックを敢行?しますが、20位が精一杯。アンソニー君は28秒台にも入れられませんでした。オーラスのタイムアタックでインドの力のスーティルがコース上でスピンしストップ。アタックがフイになる不幸も。(;´o`)ゞ トホホ…

と思ってたら、なんとアタックを終えたライコネンがスロー走行! なんとかピットロードまではたどり着きましたが、そこからはメカニックに押してもらう始末。燃料計のトラブルだったそうです。ルノー勢はボロボロで、アロンソがかろうじてQ2に進めたといったところ。謎の3Dウィングもたいしたことがないようで…。


Q2ではいきなり、地元のマーク・ウェーバーがスピンし、コースアウト。赤旗中断となり、タイムアタックに入っていた他の車は全部スローダウン。最初にタイムを出した赤べこ2号のヴェッテル君、1号クルサード以外はノータイムとなってしまいます。再開後に速さを見せつけたのはBMWザウバーの2台。なんてったってフェラーリより速いんですから。Q1で不安定だったのがウソみたい…。昨年の勝者・ライコネンはとっとと諦め、ガレージで見物です。銀、BMW、マッサはそれでも順当にQ3へ。みんな、本来の2ラップを試せず、限られた時間の中での一発勝負。中段グループのタイムは僅差でしたが、ここにアロンソが飲まれました。また、ウィリアムズのカズキも。チームメートのロズベルグはQ3に進出。経験の差が出ましたね。赤べこ軍団は、ウェーバーがノータイムでしたが、残ったクルサード、ヴェッテルともQ3へ。大したもんです。


Q3はマクラーレン速い! マッサと赤べこ今イチか。しかし、ドラマは残り時間ゼロからですね。そこまでのトップタイムはハミ。しかし、次々と27秒台前半のタイムが出てトップが入れ替わる。と思ったら、クビサはラストアタック中に車がコース外にはみ出しつつも26秒台!たたき出す渾身のアタック! これで決まりかと思ったら、そのあとすぐに銀色のマシンが飛んできました。
それにしても、Q3にアロンソとライコネンがいない、という寂しさもこれありですね。昨年までは考えられない、異常な光景です。
また、もともと埒外になっちゃってるスーパーアグリの琢磨の現状。切なくなってきますね。

結局、ハミがポール。以下、白、銀、赤、白と、事実上のトップ3チームが上位を占める結果に。盗用多は2台ともQ3に残ったのですが、グロックがギアボックス交換をしたため、「4GPシバリ」ルールの適用第一号となり、決勝は5グリッド降格。さらに予選中にマーク・ウェーバーの邪魔をしたためさらに5グリ降格ペナに。合計10グリッド下がり、琢磨の隣からのスタートとなります。なお、この場合の「燃料継ぎ足し」はできないので、グロックは散々なスタートとなりますね。てか、グロックはミス多すぎ。よくQ3まで行ったもんだ。やっぱマシンがいいのかな?

ホンダは、バリチェロがホントに惜しかった! もうちょいでQ3だったのに。馬豚はまあ、いいところでしょ(爆) 今年初めのことを思えば、よく中段グループまできたもんです。


さて、決勝は、ライコネンの追い上げが一つのキーになると思います。当然、重タンでロングスティント戦略でしょうから。
BMWはマクラーレンより軽いと見ました。また、空力特性がピーキーなんでしょうか。風の影響でバランスを崩しているが、セッティングが決まれば速い。そんな車なんでしょうね。
マッサは自重したのか? 意外に長いスティントを使ってくる予感がします。

戦略が読めないのは赤べこ軍団です。テストや金曜フリーでは速かったですから、こちらもロングスティントの可能性が十分ありますね。ライコネンのライバルは案外、赤べこの2台かもしれませんよ( ̄ー+ ̄)ニヤリッ


予選の琢磨のコメントが入ってきましたので紹介します。

佐藤琢磨
「今日のパフォーマンスにはとても満足しています。現状ではすべてがうまく行っています。昨日の週末のスタートは大変でしたが、メルボルンは僕らが戻ってきたことを歓迎してくれているようでした。トラクション・コントロールなしの初めての予選は楽しかったです。マシンは最初少しバランスが悪かったのですが、3度目の走行ではグリップが増えたのでバランスに満足して、速いラップタイムを出すことができました。とてもよい1日だったと思います。明日のレースは完走したいですね」
94101takuma.jpg

…ほんと、チームの置かれた状況を踏まえたコメントですね。実に哀しい。昨年はQ3まで進出した男に、こんなコメントを言わせていいのか? アグリさん! 奮起を期待するよ。まったくもう。

ついでに、カズキのコメントも紹介しておきましょうか。

中嶋一貴
「予選の結果としては良くなかったですが、Q2に進出したので、少なくとも去年のデビュー戦に比べれば進歩しました。今回は赤旗が出たのですこし難しかったですが、今日は安定して走行することが重要でした。Q3に進出するためにラップタイムを短縮するのはとても難しいですね。明日を楽しみにしています」

そりゃ、チームメートに比べてダメダメだったもんなぁ。フジテレビさんもこまってるじゃん。マシンがいいんだから、もうちょっと上位を目指さないと。琢磨に笑われるで!



さて、昨年の地上波中継で惨々な出来だった、オープニング@糞アニメですが、今回の予選中継のオープニングはアニメがなかったです。BGMは「フラッシュ」のままでしたが。


ただし、中嶋一貴のご紹介ビデオと化してました…


アニメでなくなったのはまだいい。


中嶋悟の息子だから、まあ、決勝も同様のオープニングでも許そう。


でも、フジテレビさんよ、忘れてくれるな。




日本のエースは佐藤琢磨だ、ということを。




それにしても、ヤナ予感がするのがこれです。

2008open-aus-yosen.JPG


まだ、アニメをあきらめてないわけじゃないよね? 頼むよ、フジテレビさん!



ちなみに今日、日曜日は「出勤」です。例の生放送は見られそうにないので、夕方の地上波中継を楽しもうと思っています。なので、それまではネットから切断、ということになりますので、よろしくお願いします。


佐藤琢磨を応援しています!
trt-mini-200-40.jpg aguribanerlogo.jpg aguribarogo.jpg
komelong_01-160.gif


posted by こめろんぐ at 03:21 | Comment(3) | TrackBack(5) | モースポとバイクと佐藤琢磨と | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今回は本当にテストでしょうね。
しかも、パーツ不足につき絶対に壊しちゃダメ!


もはや修業僧の心境です。
Posted by カンジ at 2008年03月16日 12:19
とうとう開幕しましたね〜♪
現在決勝観戦中です^^
ワクワクします!
Posted by evening_sky at 2008年03月16日 16:23
カンジさん>こんばんは!
なんか、泣けてきますね〜。2年前を見ているようで…。
がんばって欲しい! そしてもう一度奇跡を信じたいです。

ヨーロッパラウンド前にまた、応援動画作ろうかな…。

evening_skyさん>どもです!
ものすごい開幕戦でしたね。荒れすぎです(^_^; でもおもしろかった! 琢磨は残念でしたが…。BMWがいい感じで速いですね。
Posted by こめろんぐ at 2008年03月16日 22:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

F1(3971) 佐藤琢磨 オーストラリアGP 公式予選
Excerpt: 「与えられた中でできる限りのことをやりました!」 未だにパーツがそろってないようで、 アンソニーはTカーのものを使っていたそうです。 それに、スタートの練習がまだ出来てないので明日の..
Weblog: 戀は糸しい糸しいと言う心
戀は糸しい糸しいと言う心
Tracked: 2008-03-16 03:53

F1 Rd.01 オーストラリアGP 土曜日 感想・分析など(v.3)
Excerpt: 開幕戦オーストラリアGPの土曜日セッション、P3、公式予選について。
Weblog: Impromptu Detour SE
Impromptu Detour SE
Tracked: 2008-03-16 08:31

早くも裏切られる郷秋の予想
Excerpt:  昨日、2008年のテールエンドはSAF1とトロ・ロッソだと書いたばかりが、早速その予想は裏切られることとなった。もちろんSAF1がテールエンドであることは予想通りであったが、トロ・ロッソのセバスチャ..
Weblog: 郷秋<Gauche>の独り言
郷秋<Gauche>の独り言
Tracked: 2008-03-16 09:52

オーストラリアGP予選
Excerpt: 先ほど、
Weblog: Still-in-Love Blog
Still-in-Love Blog
Tracked: 2008-03-16 20:19

F1 オーストラリアGP 土曜日
Excerpt: フリー走行3:リザルト・セクタータイム・スピードトラップ・レポート 予 選 :リザルト・セクタータイム・スピードトラップ・スターティンググリッド・レポート
Weblog: beatnicの密かな憂鬱
beatnicの密かな憂鬱
Tracked: 2008-03-16 20:34
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。