2009年06月21日

ATOK for WMがTouch Diamondに正式対応!【emobile S21HT】

久々にイーモバイルのタッチケータイ、Touch DiamondことS21HTの話題でも。

長らく、正式対応じゃないながら、入力を「gesture10key」にすることで使えていた「ATOK」が、このほど正式対応しました。

ATOK for Windows Mobile 追加機種専用モジュール

これを入れることで、普通に使えるようになるといいますが…

早速上記モジュールをインストールしてみると…


atok-new1.jpg

10キー入力も…

atok-new2.jpg

ローマ字入力も…

atok-new3.jpg

手書き入力もOKになりました!

ところが…


ケータイメールのEMメールだけは、やっぱりうまく動作しません

ここをよく見ると…

「EMnetメール」上では、文字入力が正常に行えません。

ですとil||li _| ̄|○ il||li

何とかならないか、とググッたところ、

「MMSLiteなら動いたよ」とのリポート発見!

MMSLiteというのは、ケータイメール(プッシュメール)を、Windows Mobile標準のOutlookで受信するソフトです。これを入れるとSMS(ショートメール=不在通知など)が受信できなくなりますが…

SMS使ってないからいいや。

というわけで、以下のブログ記事の手順をそのまんま、やってみました。

S21HT : Touch DiamondでMMSLite


mmslite1.jpg

うまくいきました!

上記サイトと違う設定をしているのは以下の部分です。

mmslite2.jpg


Outlookでの送受信もばっちりうまくいきました。

しかも、EMメールより動作が軽い! っていうか、EMメールが動作遅すぎなんですが。

軽くてATOKも動く。いいことづくめですが、欠点もあります。

SMSが使えないことと、「フォルダ振り分け」ができないことです。

シェアウエアを使えばできるようですが…、外国ものですしねぇ(^_^;

今のところ、極端に多くのメルマガを受けているわけでもないので、このままで行くことにしました。

なお、MMSLiteをインストールすると、自動的にEMメールでの送受信動作も止まります。なので、Advanced Configを使ってTouch FLO™3Dのメニューから、EMメールを削除してしまいました。(スタート→プログラムから起動は可能)

mmslite3.jpg

mmslite4.jpg
↑上の赤丸がEMメール


なお、MMSLiteをインストール後、Outlookからメールを送信しようとすると、なぜか

mmslite5.jpg

エラーが出ますが「はい」をタップするとちゃんと送信できます。

まあ、音も出ないので、「送信しますか?」ダイアログ的な気分なんですが(^_^;


というわけで、オイラ的には「ATOK」+「MMSLite」をかなりおすすめします。

なお、これらをインストールする場合はあらかじめ、バックアップをきちんと取っておきましょう。
参考エントリ:Touch Diamondをバックアップ&ファームアップデート!【EMobile S21HT】=前編=


ではでは。

komelong_01-160.gif
posted by こめろんぐ at 00:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | お気軽モバイラー生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月23日

Ubuntu8.04をUSBインストール(補訂版)

以前のエントリ「USBで持ち歩くリナックス+ATOKをアップグレード!」で紹介しました、USBメモリにリナックスOSの一つ「Ubuntu8.04」をインストールする方法ですが、上記エントリでご紹介しているインストール方法へのリンクが消えました。

せっかくUbuntu8.04のメンテナンスバージョンである「8.04.2」が登場し、これがものすごく安定していて、上記エントリで指摘した問題も解消されているのに、肝心の「簡単インストール」ができなくてはどうしようもない。

たまたま、必要なファイルは手元に保存してあったので、この際、ここに置いてしまいつつ、簡単インストールのやり方を紹介したいと思います。

*注意!!!
くれぐれも自己責任でよろしくです!
やり方を間違えると、データが消えるとか、パソコンの動作がおかしくなる可能性も無きしもあらずです。バックアップもお忘れず(^_^;



1)まず、「Ubuntu 8.04.2 LTS Desktop 日本語 Remix CD リリース」からUbuntu8.04.2のCDイメージファイルをダウンロードし、ライティングソフトでCDに焼きます。

2)中身を消去してもよいUSBメモリを用意します。オイラは今回、8GBのものを準備しました。

3)インターネットにつながったデスクトップパソコンに1)のCDを入れ、CDブートで起動します。

4)起動したら、このファイル(install_usb.sh)をダウンロードし(右クリック>名前を付けて保存)、右クリック>プロパティで「プログラムとして実行できる」設定を行う

Screenshot-install_usb.png

そして、ファイルをダブルクリックして「端末内で実行する」をクリックします。

5)あとは指示に従うだけ。私はウインドウズでも読めるstorageパーティーションを4GB確保しました。このため、このUSBメモリは普段、4GBのメモリとして使用でき、ここからブートさせると、Ubuntuが走るという1つ2役を兼ねたUSBメモリとしました。

5)終了したら、生成された「bootcd.iso」ファイルをCDに焼く。これにより、USBブートに対応していないPCでも、このUSBメモリから起動することができるようになる。

6)いったんシャットダウンし、USBメモリからUbuntu8.04を起動し、「端末」を起動して
$ sudo ufw enable
を実行する。これでファイアーウオールが機能する。


以上です。

オイラはここに、「ATOK X3」(以前にダウンロード版を購入し、パッチを当てる。ここを参照)、「Thunderbird」(メーラー)「Wine」(Windowsエミュレータ)「JD」(2ちゃんねるブラウザ)「VLCメディアプレーヤー」(アプリケーション>追加と削除をクリック)をインストールし、「Flash Player」も追加しました。以前のバージョンではどうしてもうまくいかなかったのが、今回はFlashがちゃんとインストールできたため、ブラウザ(Firefox)上でYoutubeやニコニコ動画も見られるようになりました。また、Wine上で「一太郎ビューワ」をインストールし、一太郎ファイルの閲覧も可能にしました。

もちろん、定番の「Open office」シリーズもインストールされ、画像編集も「GIMP」という優秀なソフトが入っていますので、何ら不自由はありません。

さらに、セキュリティ度を高めるために、ユーザー名とパスワードを設定し、ログインできるようにしました。

「システム>システム管理>ユーザーとグループ」をクリックし、「ユーザーの追加」で設定します。

ログインするにはまず、デスクトップ上の「storage」ドライブを「右クリック>アンマウント」動作を行います。

unmount-1.png


次に、画面右上の「Live session user」をクリックすると、ユーザーを切り替えられます。

ユーザー切り替え後の画面はパスを知っている自分しかアクセスできない場所になっています。デスクトップ上を含め、自分のホームホルダに他の人に見られたくないファイルを保管しておくことができる。これがみそです。できれば、メール設定やブラウザのブックマークもログイン後の画面でインポートすべきでしょう。

なお、盛んに「新しい情報があります」とありますが、オイラは無視しています。USBではアップデートをしない方がよい、との情報があるからです。でも、あまりおすすめはできないかも(^_^;

前のバージョンでは、FirefoxやThunderbirdのプロファイルが壊れることがよくありましたが、このバージョンでは全然ありません。でも、不安な人は、バックアップをとっておくと心配ないでしょう。ホームホルダを開き、「表示>隠しファイルを表示する」をクリックします。すると、「.mozilla」「.mozilla-thunderbird」の2つのフォルダが出てきますので、これらを丸ごとコピーするだけ。万が一壊れても、また上書きコピーすれば元に戻ります。簡単簡単。

というわけで、USB高度化計画、あなたもいかがですか?

komelong_01-160.gif
posted by こめろんぐ at 00:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | お気軽モバイラー生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月18日

うちのリブレットにVine3.2を入れてみた

オイラがその昔、投げ売り価格で買った「東芝Libretto ff 1050」というミニノートPCがあります。

たたんでもVHSビデオテープ大という、とんでもなくコンパクトなPCだったのですが、あまりに非力なため(MMX-Pentuim223とかだし)、現在はまったく使ってませんでした。

軽いリナックスとか入れたら、まだ使えるんじゃないだろうか。なーんて遊び心に考えたが運の尽き。

思いの外、作業にはまってしまいましたよ。ええ。

一応、純正のFDD、このPCでブート可能なパナソニックのCD-ROMドライブKXL-830ANを所有していたので、いろいろ試せるかと思ったのですが、大変でした。

まず、試したこと。

UbuntuをCDからインストール→ブート途中でCDを認識しなくなり、ストップ
その他のリナックスをCDから→やっぱり途中でCDを認識しなくなる

どうやら、このPCカード接続のCDロムという特殊なデバイスが、リナックスで標準認識できないためのようです。

なんとかできないかと思い、さらに調べると、「Vine Linuxをネットインストール」した人がいました。

libretto ff1100 で Linux 1 − Vine Linux 3.2 インストール篇



おおおお。PCカード式のLANカードも持ってたし、何とかなるかも!

早速、上記のページの通りやってみました。母艦で起動フロッピーを作成し、それで起動っと







あれ? 途中でフリーズ。



なんで?




何度かトライしましたが、上記のページのようには行きません。




ふと気が付きました。




マシンがめちゃくちゃ熱いのに、冷却ファンが回ってない!




このPC、冷却ファンをBIOSで回してないのか!



そうと分かれば、アイスノンを敷いて(爆)、スタート!


vine-inst1.JPG



どんどん画面が進んだよー。いいよー。
















3時間後、残り数百MBでフリーズ。



アイスノンはアッツアツ。




だめかー。





では次の手。


小型扇風機で空冷だ!


vine-inst2.JPG


冷却効率を上げるため、キーボードをはずしてみました。よい子の皆さんはまねしちゃダメよ(爆)

ちなみに、おいらは
FTPサイト名:core.ring.gr.jp
ディレクトリ:/pub/linux/Vine/Vine-3.2/i386
でネットインストールをスタート。



3時間半後、ようやく


vine-inst3.JPG


ここまでたどりついた!

このリブレットは「640*480」なのでこのまま「OK」

vine-inst4.JPG

解像度が違うのでここの設定を変更。

vine-inst5.JPG

これでよしと。

vine-inst6.JPG



\(^o^)/オワタ



そして再起動すると…



vine-inst7.JPG


コレがずいぶん時間かかるなぁ…


5分ほど、こんな画面が続き…


vine-inst8.JPG


やっと、リナックスのGUI「GNOME」のスプラッシュ画面に


ここから待つこと3分ちょい



vine-inst9.JPG


やっとログイン画面にたどり着いた。


ユーザー名とパスを入力して



Screenshot-vine.png


ここまで10分ちょい。




あまりに時間かかりすぎて、ダメすぎil||li _| ̄|○ il||li



ちなみに、再起動後も同じくらい起動時間がかかりました。( ゚∀゚)アハ


しかも、初期設定ではネット認識しませんので、LANカードをアクティブにしてあげないとダメ、など、結構複雑です。

ファンも回りませんし(^_^; これについては「Toshiba Linux Utilities」をインストールすればよいようですが、なかなかうまくいきません。


このままだと、Win98に戻さざるを得ないかも(^_^;

だれか、この「Vine3.2」を軽く、便利に使う方法、教えてもらえませんか?

komelong_01-160.gif
posted by こめろんぐ at 18:45 | Comment(3) | TrackBack(0) | お気軽モバイラー生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月14日

USBで持ち歩くリナックス+ATOKをアップグレード!

最近、USBメモリやSDカードの値下がりがすごいですね。

なので、うっかり8GBのUSBメモリを買ってしまったオイラがいます(爆)

で、手持ちの4GBのUSBがあまったので、この際、USBで持ち歩くUbuntuをアップグレードしてみることにしました。以前、2GBのUSBメモリにUbuntuをインストールしたことがありますが、その応用編です。


手順は簡単。まず、ここからUbuntu8.04LTS日本語版をダウンロードし、CDに焼きます。

次に、以下のページに行き、その通りにUSBにインストールします。

UbuntuをUSBメモリに全自動インストールするには

たったこれだけ。

このバージョンのミソは、USBメモリを3つのパーティーションに分け、最初のパーティーションを「Storage」デバイスとすることができる点。このデバイスはWindowsからも認識できるため、通常のUSBメモリとしても運用できるんです。USBから起動すれば、ちゃんとUbuntuが立ち上がって、出先のPCのハードディスクに全くアクセスしないまま、ネット接続したり、メールチェックやある程度の作業も可能です。(OpenOfficeを搭載しており、ワード、エクセル、パワポのファイルは読めますし、ある程度の編集が可能。画像処理もGimpを搭載)
オイラはStorageに2GBを割り当て、残り2GBをOS用としました。これで十分です。

また、USBで起動後、「システム」→「ユーザー管理」から、パスワード付きの新しいユーザーを作り、ログインしてからブックマークやメール設定をしました(メールはあえて、Mozilla Thanderbirdをインストールしています)。また、自分以外の人に開かせたくないファイル(個人情報入りなど)はログイン後のデスクトップに置いておけば、セキュリティー面でも効果があるわけで。(Ubuntu起動した上で、ユーザー切り替えに発想が至らないといけない。おまけにパスワードも必要)
Windowsに普通に刺せば、ただのUSBメモリですから、カモフラージュもできます。

ログイン時に注意しないといけないのは、USBから起動後にまず、「Storage」を右クリックして「アンマウント」する必要があります。でないと、ログイン後に「Storage」を開けません。

もちろん、ユーザーを切り替えてもATOKをインストールできるので、ネットカフェなどの外出先でも何不自由なく、文章を入力できます。つーか、MS-IMEってくそすぎでしょ。

画面とか操作感は以前のエントリ「ATOKを持ち運んでみたい! で、UbuntuをUSBに入れてみた。」をご参照ください。

ただ、欠点もあります。

結構な確率で、Firefoxのプロファイルが壊れることです。
このプロファイルが壊れるとパニックになりますが(^^ゞ このときはあわてず騒がず、Firefoxを終了して「端末」を起動します。で、

firefox -ProfileManager

と入力し、「Enter」キーで実行します。すると、プロファイルを選ぶウィンドウが出ますので、新しいプロファイルを作り、そこから起動します。まあ、ブックマークを入れ直したり、プラグインを入れ直したり、面倒なんですが、ブックマークはバックアップをとっておけばいいし、プラグインはそんなに入れなければいい。オイラは「Tab Mix Plus」「igoogle sidebar」「All-in-One Sidebar」「はてなbar」の4つに絞っています。


また、なぜかFlashがうまく動かないのです。プラグインを入れても全然だめ。まあ、外出先のネットカフェでYoutubeやニコニコをみなければいい、と割り切ればいいので、今のところはいいかな。

ちなみにUbuntuは現在、8.10までバージョンが進んでいますが、8.10はUSBとの相性が悪いようです。というか、うちのPCじゃ起動もできないわけで(^^ゞ

何が悪いのかわかりませんが、まあ、9.04に期待しましょうか。

以上、マニアックすぎて、興味のある人は少ないかも、と思う話題でした(爆)


komelong_01-160.gif
posted by こめろんぐ at 01:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | お気軽モバイラー生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月13日

SeesaaがiPhoneに対応したというので、ネフロの設定をiPhoneモードにしてみた【emobile S21HT】

Seesaaからのお知らせでこんなのを発見!

【Seesaaブログ】iPhone/iPod touch対応(β)開始しました

ほほー。ならば、Touch Diamondで前から試したかった「なんちゃってiPhone化」を試そうかと思います。

ATOKを導入した際、試用版のNetfrontブラウザを入れましたが、これはユーザーエージェント(UA)の設定を変更できます。
ユーザーエージェントというのは、ブラウザから「この端末のOS」「ブラウザの種類」「ウインドウサイズ」「端末機種」などを示すもので、ネット接続する際、ブラウザから相手のサーバに情報を送り、その端末にあった表示を送り返すものです。

このユーザーエージェントは通常、変更はできませんが、このネフロは自由に設定できるのがミソ。iPhoneの情報に変えれば、ブログサーバーもこっちの端末をiPhoneと勘違いしてくれ、iPhone向けのページを表示してくれるのではないか、と考えたのです。

で、その設定はすでに、先達が発見してくれていますので、その設定をまねします。

My wonderful livingさんのエントリ「S21HTのNetFrontでUser-AgentをiPhoneにする(設定編)」に書かれているとおりなので、その通りに設定します。



で、変更前にTouch Diamondで当ブログを表示すると…



nefro-iphn1.jpg


こんな感じだったわけですが、変更後は…


nefro-iphn3.jpg



おおおおおおお! なんか、それっぽいぞ! つーか、ケータイページに近いか(^_^;

で、エントリの名前をタップすると…


nefro-iphn4.jpg



なんか読みやすいぞ! それに動きが軽いし。これはいいかも。


ちなみに、エントリを書くための「マイブログ」を表示してみると…




nefro-iphn2.jpg



これもさくさく表示されます。

「記事投稿」の文字をタップすると、エントリ作成画面へ飛べますが、写真の投稿ができない仕様のようです。文字のみのエントリなら、ここからでも十分です。動作が軽いのがGoodです。


ちなみに、Yahoo!オークションを見てみると…



nefro-iphn5.jpg


おおおお。間違いなく、iPhone仕様のサイトだ!


これでまた、遊びの幅が広がりそうです。

つーか、ますますウチのVaio TypeUの出番が少なくなっていく(^_^;


komelong_01-160.gif
posted by こめろんぐ at 22:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | お気軽モバイラー生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月30日

Touch Diamondをバックアップ&ファームアップデート!【EMobile S21HT】=後編=

このエントリは「Touch Diamondをバックアップ&ファームアップデート!【EMobile S21HT】=前編=」の続きです。

さて、Touch Diamondのバックアップができたところで、イーモバイルのこちらからアップデートファイルをパソコンにダウンロードします。パソコンにTouch Diamondを接続し、ActiveSyncでリンク。前編でバックアップしたファイルを念のため、PCにコピーを取っておきます。

次に、イーモバイルからダウンロードしたファイル「S21HT_firm_V1_81_881_2_JPN.exe」をダブルクリック。

s21ht-backup-18.jpg

こんな画面が出るので「次へ」をクリック。

s21ht-backup-19.jpg

チェックして「次へ」。

この次にいろいろ確認を求められてチェック…

つーか、関門おおすぎ。あっさり行ってくれてもいいのに。


s21ht-backup-20.jpg


しつこい!

で、「アップデート」をクリックするとようやく、…



なわけがなく、あと、2段階も残ってます(爆)


でようやく…


s21ht-backup-21.jpg


始まった!

そして、しばらく待つと…


s21ht-backup-22.jpg


\(^o^)/オワタ



で、Touch Diamondの方は再起動が始まり、工場出荷時の初期に戻ります。


s21ht-backup-23.jpg

最初に買ったときのように、タッチパネルの調整やら何やらかんやらと入力するのですが、ここではパスワードは設定しない方がいいです。

おいら、ここでパスを設定し、バックアップファイルを当てたところ、パスが入力できなくなり、ハードリセットをかけざるを得なくなりました。なので、ここはパスワードロック設定はなしの方向をおすすめします。設定はリストア後にどうぞ( ̄ー ̄)ニヤリ


さて、あとはファイルエクスプローラで内部ストレージを開き、バックアップファイルを起動すると、自動的にリストアされます。

s21ht-backup-24.jpg

ここは「はい」をタップ。

そのあといくつかのステップをくぐって、


s21ht-backup-25.jpg


始まった!


しばらくすると、作業が終わって再度、再起動がかかります。これでファームアップデート`バックアップ`リストアの全行程が終了しました!



ただ、なぜかリストア後はバージョン情報の数字がもどってるぞっと(爆)

今のところ、現ファームウエアはこれまでのものよりもっさり感は少なくなっています。なかなか軽いです。CPU使用率がなぜか、上がりっぱなしですが(^_^; でも、よくなったからよしとしましょう!


komelong_01-160.gif
posted by こめろんぐ at 01:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | お気軽モバイラー生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月27日

Touch Diamondをバックアップ&ファームアップデート!【EMobile S21HT】=前編=

さて、前回エントリの最後に触れましたが、S21HTのファームウェアがアップデートされたそうです。

http://emobile.jp/topics/info20090122_01.html

早速やってみようと思ったのですが、ここに大きな問題が。


本体ソフトウェアのバージョンアップを実行することで、本体メモリは工場出荷時の状態となり、ご使用開始後に保存された各種データは全て消去されますので、あらかじめご注意ください。

いや、それは困る。マジで。

多くのソフトは「内部ストレージ」に入れているので、「本体メモリ」が工場出荷状態になっても消えないのですが、ATOKを始め、いくつかのソフトは本体メモリにインストールしてますし、レジストリ情報も消したくないし。

完全バックアップは標準機能で付いてないんですよね。これが。

ActiveSyncでバックアップが取れるのは、あくまでOutlookに関連するモノだけ。EMnetメールなどはバックアップできません。


なので、完全バックアップできるソフトを入れることにしました。

こいつに対応したソフトは、Spb Backupというソフト。フリーではなく、有料のソフトです。

まずは、パソコンでここから「無料で試す」をクリックして、体験版をダウンロード。
さらに、S21HTをパソコンにつなぎ、ActiveSync接続しておきます。

次にダウンロードした「SpbBackup2_setup_jp.exe」アイコンをダブルクリックして開きます。

s21ht-backup-1.jpg

通常のソフトと同じく「次へ」を押して、次々進みます。

s21ht-backup-2.jpg

s21ht-backup-3.jpg

ここではいったん、トライアルを選びました。結局は公認版のシリアルを買ったので、二度手間になりましたが(^_^;


s21ht-backup-4.jpg

すると、インストールが始まり、まもなく

s21ht-backup-5.jpg

と出ますので、S21HTを見てあげると…


s21ht-backup-6.jpg

場所を選べというので、迷わず「内部ストレージ」を選び、「インストール」をタップします。

で、あとは通常のソフトと同じく、インストール作業を進めて完成。パソコン上で出ているウィンドウで「OK」をクリックすると…


s21ht-backup-7.jpg

となるので、このまま「完了」をクリックして終了。


次はいよいよ、バックアップ作業です。

S21HTの「スタート」「プログラム」をタップし、

s21ht-backup-10.jpg

「Spb Backup」をタップして起動します。


すると以下の画面がでるので「フルバックアップ」をタップ。

s21ht-backup-11.jpg


次の画面は、名前はそのままに、場所は「内部ストレージ」を選択します。


s21ht-backup-12.jpg

で、「次へ」をタップすると…

s21ht-backup-13.jpg


「計算中」が終わると、ファイルサイズを出してきますので「次へ」タップ。


s21ht-backup-14.jpg


で、そのまま指示に従って、バックアップをスタート!


s21ht-backup-15.jpg


で、やがて終了すると…


s21ht-backup-16.jpg


工エエェェ(´゚д゚`)ェェエエ工 この期に及んでエラーだなんて!


で、「ここ」をタップすると…


s21ht-backup-17.jpg

なんだ。内部ストレージ内のデータだ。これなら問題ない。なので無事にバックアップ作業は大団円といきましょう!


で、次にバージョンアップ、そしてレストアと行くわけですが、長くなったのでいったんここでこのエントリを終えます。

なお、Spb Backupの正式版は上記リンク先だと3150円ですが、アメリカの本家サイトだと円高の影響もあり2300円ちょっとで買えます。クレカが必要ですが( ̄ー ̄)ニヤリ


では、後編へ続く!

komelong_01-160.gif
posted by こめろんぐ at 02:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | お気軽モバイラー生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月26日

手持ちのBluetooth機器をつないでみた【EMobile S21HT】

さて、遊びまくっているオイラのTouch Diamond=イーモバイルS21HTですが、こいつは前のH11Tよりも上位グレードの「Bluetooth2.0+EDR」に対応しています。これは、Bluetooth機器をつながなきゃ損でしょう!ということで、早速オイラの手持ちのBluetooth機器を接続します。


まずはヘッドホンから。オイラが持っているBluetoothヘッドホンはソフトバンクセレクションのワイヤレスオーディオレシーバ・SBSBT81AIRです。

参考:ヘッドホンがちょっと特殊なので、Bluetoothで飛ばしてみた。【emobile H11T】


S21HTの「スタート」→「設定」をタップし、「接続」タブをタップするとこんな画面になるので

s21ht-bt-settei0.jpg


「Bluetooth」をタップ。


s21ht-bt-settei1.jpg


で「新しいデバイスの追加」をタップします。あとは通常のペアリング作業。これだけで終了です。


さて、これで実際はどうするか。

使い方は簡単。

bt81-hontai.jpg

このヘッドホンは真ん中の●ボタンが電源スイッチ兼操作スイッチになっています。

まずは、●ボタンを長押しし、スイッチオン。
LEDが青点滅を始め、軽く「ぴっ」という音がヘッドホンからします

次にもう一度●ボタンを1クリック。「ぽー」っという音がしたあと、「ぴっ」っといい、もう一度甲高い「ピッ」という音がします。すると…

s21ht-bt-settei2.jpg

画面上にアイコンが登場!

s21ht-bt-settei3.jpg


これで接続されました。さらにもう一度、●ボタンをクリックすると「ぴっ」とヘッドホンから音がし…


s21ht-bt-settei4.jpg


音楽プレーヤーが自動起動し、演奏が始まりました! もちろん、ヘッドホン側のボタン操作で音量調整や曲とばしも可能です。

で、ちょいと音質がよくないような気がしたので、Advanced Configを起動し、Bluetoothの設定をいじってみました。

s21ht-bt-settei5.jpg


Advanced Configを起動して「Bluetooth」の横の「+」をタップし、開いた選択肢の「Sample rate」をタップ。「Default」から「48000Hz」に変更し、「Done」をタップします。



s21ht-bt-settei6.jpg


すると、英語で「ソフトリセットするけどいい?」と聞いてきますので「はい」をタップ。再起動がかかります。


これでぐん、と音がよくなりました。



さて、次につないだのは、Bluetoothキーボードです。

オイラの持っているリュウドRBK-2000BTUは、ちゃんとS21HTに対応してました。こりゃ楽だ( ̄ー ̄)ニヤリ

http://www.reudo.co.jp/rboardk/rbk-2000bt2.html

参考:キーボードを買い替えた&カメラも買い替えた

で、ヘッドホンと同じようにペアリング作業を行い、リュウドのサイトからサポートソフトをダウンロードし、ZIPファイルを解凍してインストール。

s21ht-bt-settei7.jpg

無事につながりました!

キーボードを使用するときは、キーボードを開くと自動的に接続に行きます。ものすごく入力がしやすい!

ただ、あまり早くタイピングすると取りこぼすことが多いかも。
あと、サポートソフトを常駐させないと一部のキー文字が入力できないので、やや動作が重くなります。

キーボードは大きいですが、画面が小さいので、かなり背中を丸めないと文字が見えない(^_^;

でも、メールが楽に打てます。これは大きい!ブログだってかけるかも(^_^;



さて、次につなぐのはやっぱ、パソコンですよね。

普通はダイヤルアップネットワーク(DUN)接続でつなぎに行くのが自然なのですが、このS21HTはDUNに標準で対応してません。対応しているのはパーソナルエリアネットワーク(PAN)のみ。これは、S21HT側の操作を必要とするので、あまり使い勝手がよくない。どうしようかと思ったら…



ちゃんと裏技があるんですね。

あちこちのブログで紹介されていますので詳細は割愛しますが、以下のブログがもっともわかりやすいかも。

http://stakasaki.at.webry.info/200901/article_13.html


ここで書かれた3つの手順をやるだけ。さらにわかりやすく開くと

1)このサイトからWM6_BT_DUN.cabをTouch Diamond(S21HT)にインストール
オイラは直にS21HTでつないでダウンロードしました。
2)S21HTのBluetooth設定で「モード」タブを開き、2つの箱をいずれもチェックし、「OK」をタップ。そして、パソコン側からペアリング作業。
3)ペアリング作業の最後の設定で「追加の初期化コマンド」設定に「+CGDCONT=1,"IP","emb.ne.jp"」を加える。(これ、重要)
4)ダイヤルアップネットワークの設定で
ユーザー名「em」、パスワード「em」、電話番号「*99#」と入力。

これでOK。あとはS21HTがスリープ状態だったとしても、パソコン側からS21HTのダイヤルアップネットワークを呼び出せば、一発でネットにつながります。


このDUN接続、マジでおすすめですよ。

そうこうしているうちに、S21HTのファームウエアアップデートの情報が入りました!

http://emobile.jp/topics/info20090122_01.html

よさげなのですが、これをやると本体メモリがリセットされるので、バックアップ作業が必要ですね。

次回はバックアップとアップデートの実際をリポートします!


komelong_01-160.gif
posted by こめろんぐ at 01:55 | Comment(1) | TrackBack(0) | お気軽モバイラー生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月21日

外出先でこれ一台でFAXを受信する!【Emobile S21HT】

イーモバイルのタッチケータイ、Touch DiamondことS21HTは、Windows Mobileで動いていますので、ワードやエクセルはもとより、画像やPDFの閲覧もできます。その機能を使ったFAX受信方法を紹介します。

まず、メールでFAXを受信するサービス「D-FAX」を申し込みます。オイラは5年ほど前から使っているのですが、とっても便利です。昔は登録無料、基本料金、受信料金無料でしたが、今は登録料のみかかるそうです(2500円+消費税)。申し込むと、020で始まる自分専用のFAX受信番号をゲットできます。

オイラは受信先のメールにGmailを使っています。で、Gmailのメールを一部のメルマガをのぞいて、全部ケータイに転送(Web上にもコピーを保存)する設定にしています。この転送は添付ファイルも飛ぶ仕組みです。これがミソ。


さて、取り出しました一枚の紙。


KICX9712.JPG


こいつをおもむろにFAXしました。



やがて、メール受信音がなり…



s21ht-fax-2.jpg


メール到着!メールのアイコンをタップすると…



s21ht-fax-3.jpg


来ましたよ。D-FAXからの「受信メール」が。タップしてメールを開くと…



s21ht-fax-4.jpg


キタ━━━━━y=-(゚∀゚)・∵.━━━━━ン!!


で、「メニュー」をタップすると



s21ht-fax-5.jpg

そして「添付表示」をタップ!



s21ht-fax-6.jpg

この「tif」ファイルがファクスデータを焼き込んだ画像データです。
ファクス専用のフォーマットになっており、Windows標準の画像ソフトで開くことができます。


で、開いてみると…


s21ht-fax-7.jpg


なんか扁平してるけど、開けたー!



s21ht-fax-8.jpg

「メニュー」→「ズーム」とタップすると、一部拡大もできます。


s21ht-fax-9.jpg


てな感じで、外出先でもファクスを受けて、読むことができます。やや、扁平しているのが難ですが(^_^;


ちなみに、元ファイルは扁平していないため、オフィスに戻ってからGmailを開き、当該のtifファイルを印刷すれば、通常のファクス文書として保存できます。デジタルデータとしてバックアップも残りますので、便利ですよ。


こんな使い方もありなのが、このタッチケータイのいいところなのです。


次は多分、手持ちのBluetooth機器との組み合わせをリポートしてみます(^^)v


komelong_01-160.gif
posted by こめろんぐ at 00:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | お気軽モバイラー生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月20日

Touch Diamondの入力系をいじる! これがいろいろドツボに(^_^;【EMobile S21HT】

さて、10キーすらないタッチケータイのS21HTですが、タッチパネルで文字を入力するためのSIP(Software Input Panel)が画面上に現れ、それをタッチで入力します。

標準のSIPですが…。


10キースタイルのものはこんなのです。(ワードモバイルを起動した画面)


s21ht-defo-sip.jpg


この下半分がそう。ケータイのテンキーと同じように入力します。一応、予測入力もありますが、


s21ht-defo-sip2.jpg


何せ、タッチパネルを何度も押さないといけないので、効率が悪く、ミスタッチも多発します。
もっと、便利なSIPはないかと探してみたのですが…ありました!

その名も「gesture10key」。iPhoneで話題の「フリッカー入力」ができる代物です。

どんな風に入力するのかの参考動画がこちらです。



でこいつのインストールの手順は「モバイルつれづれ日記」さんのこのエントリを参考にしました。
もう、ここまで丁寧に解説されてると、何も言うことがないですね。偉大なる先達に感謝!


このSIP、とっても便利です! で、こうなると欲が出てきました。

やはり、日本語入力といえばATOK。Windows Mobile用のATOKというのも存在するんですよね。

で、ATOKの公式サイトを見てみると…


http://www.justsystems.com/jp/products/atok_wm/feature1.html


あれ? 対応してないil||li _| ̄|○ il||li


でもくじけない! だって、うっかり先に買っちゃったんだもん(爆)


で、インストールしてみると…




s21ht-ges-sip-atok.jpg


普通に入力できる!!


なーんだ。ATOK使えるやん。


ちなみに、標準のSIPではATOKは使用できないようです。gesture10key使用時はちゃんと入力できるようです。でも、便利になった!



と思ったら落とし穴が。


まず、EMobileのケータイメール、EMNetメールでは先読み変換が使えません。使うと無変換で確定します。ちゃんと「SPACE」で変換しなければなりません。また、たまにカーソルがおかしくなるため、注意が必要です。これは不便か(^_^;

あと、標準のブラウザのOPERAの表示が偉いことに(^_^;

漢字と仮名文字がなぜか重なるように表示されるのです。これは困った。

アドレス欄に「opera:config」と入力して設定画面を出し、フォント設定をすべて、等幅フォントの「Tahoma」に変えてみたのですが、変化なし。

なので、Netfront 3.5コンセプト版をインストールしました。

期限は2月28日までなのですが、これはいい! 動作もきびきびしてるし、軽い。頼むからちゃんと製品版を出してほしいぞ。

で、ついでにhttp://mac-mini.ddo.jp/~LuckyStrike/wp/?p=715を見て、ユーザーエージェントをiPhoneに切り替えました。YahooなどがiPhoneのバージョンで表示されるようになってワロタ(爆)

また、http://sanadan.txt-nifty.com/blog/2008/12/s21ht3-1bf5.htmlをみて、Netfrontを完全デフォルト化させました。

さらに、「くるくる」スイッチを対応させるため、Advanced Configの「SmartTouch」設定に、クラス名「WCE_NetFront Browser v3.5 MainFrame」を追加。


これは…。便利というしかありませんわ。NetfrontはWX310K時代、さんざん手こずらされましたが…、こいつとの相性は良さそうです。2月末までの期限が恨めしい限りです。
早く製品版ぷりーずです!!


次回は、外出先でFAX受信の巻です!


komelong_01-160.gif
posted by こめろんぐ at 23:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | お気軽モバイラー生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月10日

【Touch Diamond】これまでにインストールしたソフト【emobile S21HT】

軽くて薄いタッチケータイ(スマートホンともいいますが)、イーモバイルのタッチ・ダイヤモンドことS21HT。こいつの醍醐味は、Windows Mobileならではのカスタマイズ。何せ、もともとが海外でバカ売れの端末なだけに、ソフトの開発も進んでいて、実にいい( ̄ー ̄)ニヤリ

オイラもネット上の情報を見て、さまざまなソフトを入れ、使い勝手を向上させています。

それらのソフトをアルファベット?順に紹介します。


Advanced Config
advanced-1.jpg

200項目に渡ってさまざまなカスタマイズ設定ができるソフト。
オイラは「くるくる」機能拡張やBluetoothの通信設定に大いに活用しました。
ダウンロードはこちら


Diamond Beer
dia-beer.jpg

加速度センサーを使ったジョークソフト。本体を傾けると、ビールの水面も連動し、うまくジェスチャーすればビールを飲んでいるように振る舞える(爆)
ダウンロードはこちら

GSFinder+ WM5

GSFinder.jpg

多機能なファイルエクスプローラ。標準のがあまりにショボいので。
ダウンロードはこちら


Teeter
teeter.jpg
加速度センサーを応用したゲームです。本体を傾けると、それに連動して銀玉が転がります。緑の穴に入れれば「面クリア」。ボールが壁に当たると、本体のバイブ機能を活用して「ドン」と手応えが来ます。なかなかはまりますよ。

ダウンロードはこちら


MyMobiler
mymobiler.jpg
Activesyncなどで接続したWindowsパソコン上でTouch Diamondの画面を表示し、マウスで操作できるソフト。キーボード入力もできる。とっても便利。ダウンロードはこちら

ニコナビ+TCPMP
niconiconv.jpg
tcpmp.jpg
ニコニコ動画を見るためのセットです(爆) ニコナビで動画を探してDLし、TCPMPで再生します。TCPMPはいろんな動画が再生できるので便利! ただ、ニコニコ動画のコメント再生ができないのがちょっと残念(^_^;
ダウンロードは↓で!
ニコナビ+TCPMP 5500 Edition

Gyrator 2
gyrator2.jpg
Touch Diamondを横に向けると、画面も横画面に変化します。標準ではOperaなどもそうなりますが、これを全アプリに拡張します。スタイラスペンを抜くと画面をロックするなどの設定もできます。
ダウンロードはこちら
なお、このソフトはマイクロソフトの「.NET Compact Framework 3.5」が必要です。このサイトからDLし、ActiveSyncなどで接続したパソコン上からインストールします。

POsync
posync.jpg
Googleカレンダーのデータと、標準搭載の「予定表」を同期させます。パソコン上でGoogleカレンダーをいじって同期させたり、出先で入力したスケジュールをGoogleカレンダーに同期させたりと、便利に使っています。ダウンロードはこちら

TRE
tre.jpg
まあ、普通にレジストリエディタです。いじる際は自己責任にてどうぞ(^_^;
ダウンロードはこちら

pRSSreader
prssreader.jpg
RSSリーダーです。Googleリーダーとの連係機能も便利。これにより、PCがなくても快適にブログ巡回ができるようになりました。ちょっとした待ち時間に重宝しています。つーか、最近、マジで忙しくて、ブログ友達のところへの巡回すら怠っていましたから(^_^;これでちょくちょく、行けるようになりましたよ。ええ。
ダウンロードはこちらから。

q2chwm
q2chwm.jpg
はい。2ちゃんねるビューアです。Advanced Configで「SmartTouch」拡張に「 WCE_q2chwm」を割り付けると、くるくるボタンで操作できるようになり、さらに便利になります。
ダウンロードはこちら

モバイルGoogleマップ
googlemap.jpg
一番使いでのあるソフトかもしれません。何せ、GPSと連動し、現在地もすぐに分かるし、ルート検索もできる。エリアが広ければ最強だったのになぁ(^_^; とにかく、これがただで使えるのはすごいの一言。ダウンロードはこちら。っていうか、ググッた方が速いか(爆)


とりあえず、アプリケーションとしてはこんなところです。

ほかに入力系やブラウザも入れ替えましたが、それはまた、後日のエントリにて紹介します。

komelong_01-160.gif
posted by こめろんぐ at 05:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | お気軽モバイラー生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月06日

それにしても、薄い。軽いぞTouch Diamond【EMobile S21HT】

さて、年末のエントリでも紹介した通り、オイラの手元にイーモバイルのタッチケータイ、Touch DiamondことS21HTがやってきてしばらくたちましたが、結構便利に使えるようになってきました。

なにより、軽くて薄いのがいいんですよ、これが。

従来使っていた東芝のH11Tと比較してみますと…


s21ht-h11t-hikaku1.jpg

この通り、面積的にはほとんど変わりません。若干、H11Tの方が細いくらいですが、横から見ると…





s21ht-h11t-hikaku2.jpg



薄っ!



H11Tの半分くらいに見えます。実際のスペックはS21HTは11.9mm、H11Tは17.9mmなんですが、下部が曲線になっているので、よけいにそう感じます。さらにH11Tを開いてみると…




s21ht-h11t-hikaku3.jpg

H11Tの本体部分にほぼ、等しいくらいの厚みです。


重さはもっとすごい。


H11Tは130gで、これでも軽い部類に入りますが、S21HTは98gという超軽量を実現。

その軽さと引き替えに、バッテリーの持ち、というものを犠牲にしましたが(^_^; もう、予備のバッテリーは手放せません。オイラはこれと同時に購入したROWAのバッテリーを持ち歩いているほか、昔に戯れで買ったリチウムイオンバッテリーのUSB電源も持ち歩いています。


これほどちっちゃくてコンパクトなのに、Windowsが入ってるのが驚きです。


電源を入れると…


s21ht-kidou1.jpg


イーモバイルのロゴが出て…




s21ht-kidou2.jpg


Windows Mobile 6.1の起動画面が!

正確にはWindows Mobile 6.1 Professional 日本語版が搭載されています。

このあとに、イーモバイルのカタログやホームページでもおなじみの画面が現れます。

標準搭載のソフトだけでもそうそうたるモノです。ワード、エクセル、パワポは楽勝で開けます。YouTubeだって見ることができる。ブラウザはIEとOperaの2つを搭載しています。


が、でもやはり、不満があるわけです。そこで、ネットをはいずり回って、いろんなアプリを落としてくることになりました。

次回は、現在までに導入したアプリたちの話を。


komelong_01-160.gif
posted by こめろんぐ at 01:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | お気軽モバイラー生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月30日

Touch Diamond買っちゃった!【Emobile S21HT】

あああ、今月はバタバタしてて、ブログもサボリ気味です。

なのに、なのに、また、おもちゃを買ってしまいました(^_^;


10月に出たスマートホン・HTC Touch Diamondです( ̄ー ̄)ニヤリ

http://emobile.jp/products/ht/s21ht/


imo-hishi-1.jpg



今まで、イーモバイルのH11Tというケータイを使っており、こちらも悪くはないのですが、ヤフオクに出てた白ロムをうっかりポチッてしまい(^_^;

H11TのSIMを新しいS21HTに差し込んで使っています。

このケータイ、WindowsMobile6.1で動いている、いわゆる「タッチケータイ」です。

ほとんどの動作をタッチ画面をタップして操作します。
画面下に、4つのキーと真ん中の丸いボタンが見えます。
実は、丸ボタンを中心に上下左右キーと、タッチセンサー式の「ナビゲーションコントロール」という機能が付いています。丸ボタンの周りをなぞると、画面がスクロールしたり、ズームしたりします。私は「くるくる」と呼んでいます(爆) 丸ボタンは「決定」キーになります。

で、このケータイはWindowsMobileなものですから、カスタマイズがいろいろとできるわけですね。

早速、いじりまくっています( ̄ー ̄)ニヤリ

手持ちのBluetooth機器との組み合わせも含め、年明け以降にルポしていきたいと思います。



komelong_01-160.gif
posted by こめろんぐ at 23:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | お気軽モバイラー生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月15日

ATOKを持ち運んでみたい! で、UbuntuをUSBに入れてみた。

オイラは普段、外出先のインターネットカフェなどでメールチェックやちょっとした作業するために、「Firefoxポータブル」(ブラウザ)、「OpenOfficeポータブル」(ワード、エクセル、パワポなど)、「GIMPポータブル」(画像編集ソフト)「nPop」(簡易メール閲覧)などの、USBメモリ上から起動できるフリーソフトをインストールしたUSBメモリを持ち歩いています。普段から使っているブックマークをそのまま、外出先でも起動できるので、便利なんですよ。

しかも、ネットカフェで、そこのインターネットエクスプローラーにクッキーを残さずにすむので、セキュリティー上もよいわけで。

ただ、これにも欠点があります。

それはIME(日本語入力)。

オイラは家パソコンや仕事パソコンでは、ジャストシステムの「ATOK」を使っています。こいつは非常に頭がいいシステムで、話し言葉もちゃんと変換できるし、一度使うと二度と「MS-IME」には戻れません。

ただ、外出先のネットカフェなどではATOKなどインストールされているわけがなく、お馬鹿で使い勝手の悪いMS-IMEを使わざるを得ない。これがつらかったんです。何とかならないかなぁ…と思ってたんですが、先日ふと思いつきました。



USBメモリに使いやすいLinuxをインストールして、そこから起動できるATOKを入れれば、ATOKを持ち歩ける、と。


で、使いやすいLinuxというと真っ先に思い浮かんだのが「Ubuntu」。こいつをUSBメモリにインストールする方法は…ググれば出てくるもんですね(爆)

まず、
http://www.ubuntulinux.jp/products/JA-Localized/download
ここから、Ubuntu「日本語ローカライズドDesktop CD」のISOイメージをダウンロードし、それをCD書き込みソフトでCD-Rに焼きます。

次にパソコンをいったん、シャットアウトし、このCDからブート(起動)します。

あとは…
https://wiki.ubuntulinux.jp/UbuntuTips/UsbInstall/UsbFlashBootableCdrom
ここに出ているやり方で、2GBのUSBUSBメモリへのUbuntuのインストールを行いました。オイラはパーティーションを作成するのに、「システム」→「システム管理」→「パーティーションエディタ」を立ち上げ、最初のパーティーションを700MB、残りすべての領域をを2つめのパーティーションに充てました。

USBへのインストールは、起動用CDを作成。うちの環境では起動用CDのISOファイルをいったん、パソコンのハードディスクにコピーし、Windowsを立ち上げてCDを焼きました。

これで、USBメモリから立ち上がるLinux環境ができました!

で、起動した後、「システム」→「システム管理」→「ユーザーとグループ」をクリックして起動します。で、自分のユーザーを「Administrator権限で作成しておきます。

ちなみに、Ubuntuには標準でFirefox、OpenOffice、GIMPなどが標準搭載されており、使い勝手が非常によいのが特徴です。これに加え、メーラーとしてサンダーバード、Windowsアプリを動かすための「Wine」、PDF再生用「XPDF」、動画用コーデック各種、2ちゃんねるブラウザ「JD」を「アプリケーション」→「追加と削除」からインストール。ブラウザでググって見つけた「Adobe Flash Player」も入れました。

さて、ここからが本番。

そう、ATOKをここにインストールするのです。

まず、ATOK X3をダウンロードで購入し、ファイルを展開してCDに焼きます。

その後、
http://support.justsystems.com/faq/1032/app/servlet/qadoc?QID=037228
ここに書いてあるとおりにしました。


すると! 画面下に見覚えのある、IMEのツール箱が!

ubuntu7-10-usb-1.jpg
(わかりやすいようにATOKのツールバーを上に持って行きました^_^;)

これで、外出先でもATOKを使って、ブログの更新や文書作成ができるようになりました! こりゃいい。

UbuntuはフリーのOSです。メディアを入れたらデスクトップにポンっと現れたりするなど、マック的な部分もありますが、Windows的な要素も多く、使い勝手もいいです。ドライバーもネット経由で自動的に落としてくるし、アプリケーションも簡単に探せてインストールできます。

もう一つ、これは便利と思うのが、2画面機能。

画面右下にあるゴミ箱の隣のボタンですが…

ubuntu7-10-usb-2.jpg
(下の右端がゴミ箱、その隣の2つのボタンが画面切り替え)

この薄い方のボタンを押すと、もう一枚のデスクトップが現れ、もう一つの作業ができるんです。この2画面は行き来自由。片方でブラウザを使ってて、もう一つでOpenOfficeで文書作成、なんてことも簡単です。



ホント、優れもの過ぎるOSですわ。これで動作が軽く、容量も食わないのだから驚きです。

てか、高度な機器や専用ソフトを使うなどの用事がなければ、Windowsいらないかも。
このUbuntuで十分。無料だから余計に驚きです。今回、ATOKは買いましたが(^_^;

こうなると、うちの押し入れで眠っている東芝リブレットffを生き返らそうかな、という気持ちが沸々わいてきたのですが、これが一筋縄ではいかなかったりします。現在挑戦中です。うまくいったらちゃんと、エントリを書きます。


以上、マニアックすぎて、興味のある人は少ないかも、と思う話題でした(爆)


komelong_01-160.gif
posted by こめろんぐ at 20:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | お気軽モバイラー生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月29日

キーボードを買い替えた&カメラも買い替えた

久々にパソコンの話題です。

オイラが外で使っているソニーVAIOタイプU(VGN-UX50)で、今まで使っていたBluetooth折りたたみキーボードがとうとう、ご臨終となりました。
まあ、1月頃から一部のキーが反応しにくいなど不調だったんですが、中のねじが突然外れたりして、とうとうBluetooth接続ができなくなり、ご臨終が確認されました。


これまで使っていたキーボードは「とうとう、Bluetoothキーボードを…」エントリで紹介した「STOWAWAY Shasta」という機種でした。これはBluetoothの「シリアルデバイス」という扱いになるもので、専用ソフトを走らせ、キー入力を読み取っていました。

で、USBキーボードに戻ってみたりもしたのですが、やはりBluetoothキーボードの便利さを忘れられず、買い替えることにしたわけです。
今回は、前のキーボードと同じ筐体を使いながら、本体から普通にキーボードデバイスとして認識できる「HID」プロファイルで接続可能なキーボード「リュウドRBK-2000BTU」をチョイスしました。

http://www.reudo.co.jp/rboardk/rbk-2000bt2.html

これだと、通信販売だけでなく、お近くのヨドバシカメラで買えるのがうれしい!

しかも、うちのVAIOに正式に対応しているので安心です。ほかに、イーモバイルのEM-ONEなどのWindows Mobile系スマートホンにも使えるようです。


2008-05-rbk2000bt-1.jpg

これが本体です。前のとデザインがちょっと違うくらいでしょうか。

2つ折りになっているキーボードを開いてみると…


2008-05-rbk2000bt-2.jpg

いやぁ、ホントに前と同じですわ(爆) 電源も単4電池2本で同じ。違いといえば、F1-F10のキー文字がちゃんと書かれていたことやESCキーの文字が入っていること、それと右上のペアリングボタンがなくなっていることです。ペアリング動作は「Alt」キーと左上の「`」キーで行います。

キーボードのセットアップは、Bluetoothツールを起動して、ペアリングしておしまい。実に簡単です。

ただ、「カギカッコ」など一部のキーが違う文字になってしまいます。これを防ぐため、リュウドのサイトからサポートソフトをダウンロードし、インストール。Bluetoothキーボードを使っている間はこのソフトを動かし、キーボードを切ったらソフトも切ることになります。ちょっと面倒ですね。


さて、このキーボードにも引き出し式の「スタンド」が付いているのですが…


2008-05-rbk2000bt-3.jpg


これ、完全分離ができるようになってました。で、うちのVAIOを立ててみると…



2008-05-rbk2000bt-4.jpg

ちゃんと立ちました! しかも場所も自在なので便利です。これで、別の本体スタンドを持たずに済む( ̄ー+ ̄)ニヤリッ


ちなみにこのキーボード、電源スイッチはありません。しかし、一定時間キー入力がないと、自動的にスリープに落ちます。スリープに落ちると電源がほとんど消費しません。もう一度電源ONにするには何かのキーを押してしばし待つだけ。
この省電力機能により、かなり電源が長く持つようになりました。キーボードとマウス用に「エネループ」を使っていますが、一般の乾電池よりも電圧が低いエネループでも稼動し、しかも長持ちしています。これはもっと早く買い替えてもよかったかも(^_^;



で、このエントリのタイトルは「カメラ買い替え」という文字もあります。なぜか。

実は…不幸な事故がありまして…


オイラのオリンパスE-300が…





807376310_93.jpg


背面の液晶が割れちゃったΣ( ̄ロ ̄lll) ガビーン


修理に出そうにも、今週末が子供の運動会。絶対に間に合わない…。



というわけで、こいつを下取りに出して買い替えちゃったのです。




200805-e3-1.jpg


ようこそ! オリンパスE-3さん!

ハイ。オリンパスのフラッグシップ機です。
秒5コマのモードラ、明るくくっきりとしたファインダー、ダストリダクション…
そして、シャッター速度5段を稼ぎ出してくれる「ボディー内蔵手ぶれ補正」機能!
しっかりしたグリップで、手の大きなオイラでももてあまさない!

ちょっと高かったけど、すっごくいいカメラです。これ。

レンズはこれまで使っていたズイコーデジタル14-54mmF2.8-3.5をつけていますが、E-300ではレンズがでかく、いっぱいいっぱいに見えたのに、このE-3につけるとジャストフィットしますね。

レリーズケーブルやバッテリーなど、ほとんどの周辺機器をE-300から転用できるのも大きいです。

ちなみに、写真で装着しているグリップストラップは、E-300用のオリンパス純正で、下部の金具はハクバのグリップストラップの部品を流用しています。

ハクバ カメラグリップLH
http://www.hakubaphoto.co.jp/hakuba/0103accessory/302295.html

E-3の縦位置グリップを装着すると、異常にデカくなるので、これで十分です。


オイラの持ってるバズーカ砲(シグマ50-500mmF5-6.3)も…


200805-e3-3.jpg

ドーンと釣り合いが取れる状況に( ̄ー+ ̄)ニヤリッ


さて、E-300からE-3に変えて、もっとも機能アップになったのはファインダーですね。
E-300はコンパクトさを追求したため、小さなミラーを組み合わせたファインダーで、暗くて小さく、マニュアルフォーカスなんてとても無理。拡大アイカップでかろうじてしのいでたんです。E-3ではちゃんとペンタプリズムを使用し、視野率も100%、倍率が上がっているため、大きく明るく見やすくなっているのです。

連写もE-300の倍の速度となり、かつてのOMモータードライブ2と同じになりました。


こいつのもう一つの特徴は…液晶画面でのライブビュー撮影です。


こんな風に液晶画面を自由に動かし、画像を確認しながら撮影ができます。


200805-e3-2.jpg


ただし、この状態でのフォーカスはマニュアルのみしかできません。AFを行うには「AF/AE LOCK」ボタンで一瞬ミラーを下げないといけません。とっさの時はフレーミングのみを画面で確認してシャッターを押すことになります。するとミラーが下がり、AF動作が行われ、シャッターがおります。タイムラグは1秒弱。MFモードならもっと早いかもしれません。o(-_-;*) ウゥム…
一眼レフによるライブビュー撮影は、オリンパスのE-330が走りなのですが、それから2年弱たった今もE-330が一番高性能なライブビューを持っているといえそうです。なにせ、ライブビューしながら、ミラー動作なしにAFが可能でしたから。そのE-330もキワモノカメラとしてあっという間に消えちゃいましたね…。


で、E-3の手ぶれ補正はどの程度の物か、バズーカ砲をつけてテストしたんですが、これがすごい。

300ミリ(フィルム換算600ミリ)でシャッター速度1/10でも、手持ちでOKでした。この焦点距離なら1/250はないと絶対に手ぶれします。それがキャンセルされてたんですから、すばらしいの一言。

いやあ、技術革新っていいですね。

さて、土曜日は張り切って、親バカしてきますか( ̄ー+ ̄)ニヤリッ


【このエントリの写真は一枚を除きイーモバイルH11Tで撮影し、加工しました】

komelong_01-160.gif

 ちょっとお馬鹿な話。
posted by こめろんぐ at 17:15 | Comment(2) | TrackBack(0) | お気軽モバイラー生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月17日

インストールして動いたアプリたち!【emobile H11T】

さて、オイラの手元にやってきたイーモバイルH11T。一部では「芋芝」なんていうあだ名も付いてますが、とにかくサポートの弱さなどが目立ち、「普通以上」に使うのが難しかったりします。

例えば、Blietooth機器を使う際の、本体側の操作についてサポートに質問しても、「H11Tで動作確認をしているBluetooth機器はありませんのでサポート対象外です」の一辺倒。実はこのケータイ、ワンセグと音楽はBluetoothヘッドホンで音を出して再生できるのですが、普通の動画再生(モバイルYouTube含む)はBluetoothで音が出せないのです。これについて、「何か設定があるのか」と何度も何度も問い合わせたのですが冒頭の応えに終始しました。

「とりあえず、機能だけつけましたが、あとは知りません」と言わんばかりです。まあ、「自分で何とかするか、2ちゃんねるに聞け」ということなのかもしれませんが…。それにしても、無茶ですわ。

まあ、安いし、速度もそこそこ速いのでそれほど文句は言えませんが。

さて、イーモバイルH11Tでは以前のエントリ「「自作着うた」に成功!ただし時間限定付き…。ほかいろいろ【emobile H11T】」でも触れたとおり、MIDP2.0規格のJAVAアプリが走ります。機能制限があり、使えないものもあったりしますが(最悪、フリーズすることも^_^;)。オイラが今、使用中のアプリを紹介してみます。

●Opera Mini
最新版はダメなんですが、一つ前の「3 Advanced」が動きました。H11Tから
http://mini.opera.com/global/opera-mini-3.1.10423-advanced-jp.jad
に接続すれば、ダウンロード・起動できます。純正のブラウザより早く見られるコンテンツもあり、使い分けると吉。

●jigブラウザ
ソフトバンクなどで「有料」で使える、便利なガジェット満載のブラウザですが、H11Tでは無料でリリースされている英語版が使えました。以下のサイトにアクセスしてダウンロードすれば使えます。
http://bg.jig.jp/
メニューは英語ですが、標準で付いてくるガジェットのうち、PCメールを読めるメーラーは、簡単にセットできました。
で、jigブラウザで走る「jiglet」というガジェットは日本語版のものもOK!
オイラは、グーグルカレンダーとの同期ができる「jigスケジューラ for Googleカレンダー」、割り勘計算が簡単にできる「にこにこわりかん」、それと標準インストールされた「jig mailer」を主に利用。グーグルカレンダーを活用したスケジューラーを「Home」にしています。なお、赤外線ポートを活用した「リモコン」や、カメラを活用した「QRコードリーダー」は動きませんでした。残念。なお、これのブラウザはマウスの矢印のようなものが出てくるので、ややパソコンチックに使えます。このjigブラウザ英語版、他のキャリアでも使えるのでは? もちろんタダで。

●iMona
2ちゃんねる専用ブラウザです。H11Tで動くものは
http://imona.net/midp2_0/iMona.jad
のバージョンです。専用ブラウザだけあって、なかなか見やすいし、早いです。URLをたたくと標準のブラウザが立ち上がって、ちゃんと外部コンテンツへもアクセスできます。Gikoletという専用ブラウザも使えましたが、オイラはiMonaのほうが使いやすいかな…
GikoletのH11Tで使えるバージョンは「MIDP2.0」のリンク先です。

●モバイルGoogle Map
ご存じ、グーグルマップです。GPS連動はできないのですが、ケータイブラウザからみる「モバイルGoogle Map」と違い、パソコン版と同じようにするするとスライドできます。ホントに使いやすいですよ。アドレスは
www.google.co.jp/gmmです。

●その他いろいろアプリたち
海外だと思うんですが、こんなサイトがあります。
http://www.getjar.com/software/

ゲームなどいろいろなタダアプリがあるんですが、中にはフリーズするのもあるので(爆)注意が必要です。

オイラのH11Tで動作確認したのは
■ボンバーマンもどき(爆) http://www.getjar.com/products/4603/Bomber
■テトリスもどき(爆) http://www.getjar.com/products/2088/TobiTrisTetrisGame
くらいですね。

ちなみにこのサイトは、ほかの3Gケータイで使える「タダゲーム」「タダツール」が満載です。他キャリアの方も試してみては?→その結果、ケータイが壊れても責任は持ちませんが(^_^;


<おまけ>動作の鈍かった「メインメニュー」ですが、ひらくんさんのブログエントリ「イーモバイルH11Tのモッサリを解消する」を試したところ、見た目もかっこよくなって(iPod風)メニュー動作も速くなりました。これはおすすめです! これ、別機種にも応用できるようですよ。


てな感じで、今後も使えるアプリがあったら、随時エントリを上げていくつもりです。
その他のH11T関連エントリはカテゴリ「お気軽モバイラー生活」からどうぞ!


komelong_01-160.gif
posted by こめろんぐ at 02:00 | Comment(6) | TrackBack(0) | お気軽モバイラー生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月10日

無期限セット割ADSL導入完了!【emobile H11T】

以前のエントリ「ADSL乗り換え手続き、ようやく動く【Yahoo!BB→イーモバイル】」を覚えている人は少ないと思いますが、5月9日はADSL切り替え工事の日でした。


この日の前夜になって気付いたことがあります。




あれから、音沙汰が何もない。



それどころか…



新しいADSLモデムがまだ、来てない!



おいおいおいおい。ヤフーに強引にねじ込んで5月9日にしたのに、どうするんだよ。このままじゃあ、自宅からネット接続できなくなるやんか。こりゃ、朝からクレームの電話だな。ちっ、面倒な…。



と思ったら、9日当日朝8時半に届きやがりましたよ。モデムが。


eacess-modem1.jpg


こんなギリギリによこすとは…、もうちょっと考えて発送しろよな。まったくもう。


で、中身ですが…


eacess-modem2.jpg

こんな感じです。この機器代(レンタルですけど)も含め、タダです(^^)v


さて、NTTの工事はいつごろやるのかな…と思い、パソコンを起動、ブラウザを立ち上げると…




もう、ヤフーBBではつながらなくなってるし。




NTT、仕事早えええええ!


てか、下手したら、マジでネットつながらない状態でしたか。綱渡りもいいところだな(^_^;




というわけで、朝からパソコン周りをごそごそといじる羽目に…


まず、Yahoo!BBのモデムを外します。

yahoobb-moem1.jpg

これです。昔、街角でばらまいていた、あれですよ( ̄ー+ ̄)ニヤリッ


さて、外したところに、新しいモデムを接続して、しばらく待ちます。モデムのインジケーターがオールグリーンになったところでパソコンを起動し、ブラウザ立ち上げ…おろ? つながらない…




あ、ブロードバンドルーターの設定か。



ウチではモデムからブロードバンドルーターを経由して複数のパソコンをネット接続しています。このブロードバンドルーターはプロバイダによって設定が異なるはず。

早速、ブラウザからブロードバンドルーターの設定画面にログインして、「イーアクセス」で自動設定っと。






でけた。無事にネットが開通しました(^^)v





今回導入したADSLは「10M」を謳っています。実際のところは、この1/4以上も出れば御の字なんですが、わが家はヤフー時代でも1/3ほどの帯域を確保できたほど優秀なアナログ回線でした。実際にテストしてみると…


■速度.jp スピードテスト 高機能版 回線速度測定結果
http://zx.sokudo.jp/ v3.0.0
測定時刻 2008/05/09 12:14:23
回線種類/線路長/OS:ADSL/2.0km/Windows XP
サービス/ISP:eaccess プラス/その他
サーバ1[N] 3.49Mbps
サーバ2[S] 3.86Mbps
下り受信速度: 3.8Mbps(3.86Mbps,483kByte/s)
上り送信速度: 1.0Mbps(1.05Mbps,130kByte/s)
診断コメント: eaccess プラスの下り平均速度は2.7Mbpsなので、あなたの速度は速い方です!(下位から70%tile)

おおお! 1/3超やん。いいところだ!念のため、gooのテストページでやってみると…



goo-speedtest.jpg


はええええ! 十分ですわ。わが家では。



ちなみに、会社でイーモバイルH11Tを使って接続した場合は…(最高3.6Mのはず)


■速度.jp スピードテスト 高機能版 回線速度測定結果
http://zx.sokudo.jp/ v3.0.0
測定時刻 2008/05/09 17:32:16
回線種類/線路長/OS:モバイル回線/-/Windows XP/北海道
サービス/ISP:-/-
サーバ1[N] 817kbps
サーバ2[S] 805kbps
下り受信速度: 810kbps(817kbps,102kByte/s)
上り送信速度: 340kbps(348kbps,43kByte/s)


goo-speedtest-emob.jpg




gooテストでのみ、やっと1Mを突破する程度。それでも十分早いです。ITVのF1中継だって、止まることなくみられますから( ̄ー+ ̄)ニヤリッ



琢磨がいないから、何となくみる気はしないんですけどね(´・ω・`)ショボーン



さて、あとは、ヤフーにモデムを送り返して、手続き終了です。5年前の箱がちゃんと残ってたので…



yahoobb-moem2.jpg


街角でもらったときのまんまにして、送り返すことにしましょう( ̄ー+ ̄)ニヤリッ

で、ここまでやったあと、郵便屋さんが来ました。





届いたのはイーモバイルからの…















「NTT回線工事のお知らせ」はがき。
発送日:5月3日



遅ええええよ! もう終わってるよ!


しかも、GWのど真ん中に発送するって、どういう神経をしてるんだろ…。

まあ、タダだし、つながったからいいけど。

なんか、先が思いやられます。ハイ。



komelong_01-160.gif
posted by こめろんぐ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | お気軽モバイラー生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月29日

ヘルメット用ハンズフリー装置をBluetooth化してみた!

当ブログで何度も書いていますように、イーモバイルH11Tはイヤホンマイク端子が充電・通信用コネクターと一体化した特殊な構造です。このため、市販のイヤホンマイクは使えません。

で、オイラはとても困りました。

オイラはバイクに乗る際、ヘルメットに装着することで着信通話を可能にするバイク用のハンズフリー装置を使っているのですが、これがこのケータイでは使えないことになってしまったわけです。

オイラが使っているのは、テムコのシェルショッカーという製品。骨伝導スピーカーの原理を応用してヘルメット全体をスピーカーに代えてしまう面白い仕組み。結構大枚をはたいたので、これを無駄にはしたくないぞと。

テムコ・シェルショッカー
楽天市場により詳しい写真あり。

で、いろいろ考えたのですが、Bluetoothで無線化すればつながるのでは?と考えました。

やり方は、安いBluetoothイヤホンマイクを利用し、ヘッドホンとマイクの信号を2.5Φのステレオジャックに置き換えれば、シェルショッカーに接続できるはず。

問題は2つ。

<1>Bluetoothイヤホンマイクは高い(^_^;
<2>Bluetoothイヤホンマイクは総務省の認可を受けた通信機器で、通信機器の改造は電波法違反になる。

o(-_-;*) ウゥム…ちょっとハードルが高いぞ…。


しかぁし!


ちょっと某オークションを覗くと、結構安くなっているBluetoothイヤホンマイクがあるではないですか!

うっかり、2000円で落札しました(爆) 一応新品です。




mclip-1.jpg


モバイルキャストのMClipという製品です。

古い在庫だったんでしょうね。

箱の上の方に「スーパーアグリ モバイルプレミアムクラブ 会員募集!」の文字が…。
モバイルキャストとスーパーアグリ。ああああああ、それは忌まわしき黒歴史(爆)


さて、残るは法の壁ですな…




























<注意!>

以降の記述はマネしないでね。電波法に抵触する恐れがありますので(爆)
あくまで実用に供さない前提での「実験」です。そう言い張ります(爆)



というわけで…


MClipの筐体の上側のガワを小さなドライバーでコジって…



mclip-2.jpg



パカッ!


基盤とフタにつながるコードは、マイクとつながっています。これを元にしてテスターを使い、目的の端子を特定していきます。
また、この製品は電源スイッチがイヤホンに内蔵されており、スイッチ用の信号を探さないといけません。おおめんどくさ。そして、2.5Φのステレオジャックと同軸ケーブル、不要品のプッシュスイッチを用意し、はんだごてで配線を接続。ケースを削って同軸ケーブルを出す穴を空け…




mclip-3.jpg


完成!


右に取り出したボタンを押すと、ちゃんと電源が入りました。大丈夫なようです。


そして、ヘルメット用の装置に接続します。




helmet-1.jpg


これで、ケータイに電話をかけると、ちゃんと着信音を受け、MClipにつないだスイッチを押して着信することに成功!

さらにH11Tの設定で、「イヤホンマイク」「自動応答」をオンにすると、スイッチ類を全く操作することなく、着信応答できました。こりゃ便利だ、

で、せっかく配線の一部が無線化できたのだから、どうせならヘルメットそのものに機器を一体化させた方が合理的ですよね。で、用意したのが、100円ショップで買ったペンケースとマジックテープ。



helmet-2.jpg


骨伝導用アンプとMClipを中に収容して…




helmet-3.jpg



ヘルメット後部にマジックテープで装着!


ちょっとケーブルの処理が鬱陶しい?


雨の時は、アンプとMClipをビニール袋に入れて、ペンケース内に収容すれば事足ります。


これにて、Bluetoothヘルメットの完成です!


ヘルメットの後ろに付いているので、着用時は違和感なく、風の抵抗にもなりません。

それにしても、コードレスがこれほど快適とは! ヘルメットの着脱の際、これまではケーブルの抜き差しも必要でしたが、これが必要なくなりました。コードの煩わしさから解放されただけなんですが、随分違うものですわ。


さて、もしヘルメット用のハンズフリー装置を考えるのなら、今ではBluetoothタイプのものも出ており、こちらも似たような値段です。新しく導入する人はこちらがおすすめです。

今、すでに有線のヘルメット用ハンズフリー装置を持っていて、これを無線化したい人は、これのやり方がいいかも( ̄ー+ ̄)ニヤリッ


あ、マネしないでね! 一応、電波法に触れますから(^_^;


komelong_01-160.gif
posted by こめろんぐ at 13:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | お気軽モバイラー生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月20日

ADSL乗り換え手続き、ようやく動く【Yahoo!BB→イーモバイル】

わが家では5年間、Yahoo!BB(12M)を使ってきましたが、今回のイーモバイル契約により、初めてADSLの乗り換えに踏み切りました。だって、タダなんだもん。

3月31日に申し込み、数日後に書面を送り返したまんま、しばらく動きがなかったのですが、ようやく「ADSL乗り換え案内書」のはがきが届きました。

内容は「準備できたから、他社さんに解約手続きをしてね。そのとき、回線撤去指定日を5月9日にしてね」とのものでした。で、早速本日、Yahoo!BBを管理しているソフトバンクBBに電話!

私 「解約手続きお願いします」
ソ 「(氏名等確認の後)ところで、お客様は長く使っていただいてますので、今なら12メガのままで生涯『月2000円程度』のプランに乗り換えていただくこともできますが、いかがでしょうか。これは長期ユーザーの方限定なんですよ」

オイラの心の声<そーゆーコトは、それが適用になった時点で案内しろよ。今までボッタクってたってことだろーが。イーモバイルだったら有料でも1500円なんだよ!>
私 「いや、今度のところは、月額料金がタダなんで(バッサリ)」
ソ 「分かりました。では、解約に際しては現在、書類で行うことになってまして、回線撤去指定日というのが指定できなくなってるんですよ。従って、5月9日というのは難しいと思います。また、5月に入ってしまうと5月分の料金が丸々かかるので、できれば月末に手続きされた方がベターと存じますが」

 <( ̄Å ̄:)ナヌ! ここに来てゴネやがるか。では…>
私 「いや、実はね。あまりいいたくないんだけど、BBフォンの雑音が最近ひどいのよ。相手の声が聞こえないほどでね。いや、ひょっとするとBBフォンとウチの回線の相性が悪いだけかもしれない。だから、クレームをいう訳じゃないんだけど、早く代えてほしい訳なんだ。急げばどれくらいに手続きできるのさ?」
ソ 「少々お待ちください」

 <さてはて、どうなることやら…>
ソ 「お待たせしました。では、(書類ではなく)特別にこのお電話で解約手続きをさせていただきます。回線撤去指定日を5月9日とさせていただきます。長らくのご利用、ありがとうございました」
 <何! できるんじゃないか。だったら最初からそうしろよ! まったくもう>

その後、5月分の料金がかかることは了解し、モデムの送り先などを聞いて、電話を切りました。

いや、BBフォンの雑音がひどい、というのはホントです。もともと雑音だらけだったんですが、最近特にひどくて、通話先の相手の声が聞き取れないこともしばしば。もう、イラネと思ってたんですよ。ハイ。ウチ、たいして電話をかけないし。


教訓:
(1)自宅の回線を長く使っているときは、その気がなくても「解約を考えている」と言ってみよう。割引プランを提示してくる(爆)=いや、ここにワナがあるのかもしれないが(^_^;
(2)解約手続きはごねてくるが、従わない。こっちが困っていることを匂わせ、譲歩を引き出してみる( ̄ー+ ̄)ニヤリッ

それにしても、ADSLの回線乗り換えって時間がかかりますなぁ…。もうちょっと早くできればいいのに。

ケータイのナンバーポータビリティーもこんなもんなんでしょうか? やったことないのであれですが…。


さて、無事に5月9日に乗り換えができるのでしょうか。うまくいってもいかなくても、ここでちゃんと報告しますね。


komelong_01-160.gif
posted by こめろんぐ at 19:29 | Comment(1) | TrackBack(1) | お気軽モバイラー生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月19日

SIMカードを入れ替えてみた【emobile H11T&EM-ONE】

イーモバイルのH11Tは基本的に第三世代のケータイです。

従って、他の3Gケータイ、FOMAと同じく、電話番号などの情報を記録したICカード「SIM」が入っています。(イーモバイルでは「EM-CHIP」と呼んでいます)

このSIMを入れ替えて他の端末を使うことが可能、というのが3Gの利点の一つです。機種変更の際も、ネットで「白ロム」を買えばOKだったりして、お手軽なんですよね。

で、イーモバイルは、音声端末が2機種あるだけでなく、データ専用端末も存在します。

今回試してみようと思ったのは、データ端末にして高機能PDAの「EM-ONE」です。会社の同僚が持っていたので、これを借りました。もし、使えるんだったら、格安で白ロムを買って…などという陰謀もこれありです( ̄ー+ ̄)ニヤリッ


2008-h11t-sim-1.jpg

まず、H11Tの裏ブタを外します。というより、下側のパネルを丸ごと外す仕組みで、ちょっと硬いです。

で、電池を外すと…



2008-h11t-sim-2.jpg

裏向きなので白く見えるSIMカードが姿を現します。


2008-h11t-sim-3.jpg

これを指でずらしていって…


2008-h11t-sim-4.jpg

取れた! これがイーモバイルの音声端末用SIMで、通称「黒SIM」といわれます。


次に、借り物のEM-ONEの裏ブタを外してバッテリーを外し、SIMのスロットを引き出します。


2008-h11t-sim-5.jpg


バッテリーケースの右上に出てきたこいつを取り出すと…



2008-h11t-sim-6.jpg

この赤いカードがイーモバイルのデータ端末用のSIM。通称「赤SIM」といいます。


で、オイラの黒SIMをEM-ONEにセットし、起動してインターネットにつなごうとしたのですが…


2008-h11t-sim-7.jpg


エラーが出て接続できない!il||li _| ̄|○ il||li



と思ったのですが、いろいろ調べてみると、黒SIMと赤SIMでネット接続の設定が変えてあるようなんです。

EM-ONEで黒SIMを使うには、
「設定」→「接続」→「HSDPA設定」→「APN設定」の順にクリックし、APNを「w1.emb.ne.jp」から「emb.ne.jp」に変更するだけ。これをやって、再度ネット接続を試すと…



2008-h11t-sim-8.jpg


キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!


オイラの黒SIMで、白ロムのEM-ONEを起動し、使えることが分かりました。

まあまあコンパクトで良いです。これ。ネットもまあまあ早いし。

S11HTもいいのですが、まだまだ白ロムが高い。EM-ONEは今、猛烈な値落ちが始まってますし(^_^;


あああ、物欲が…。ヤフオクを早速覗いているオイラ、やばすぎる(^_^;



ちなみに、赤SIMをオイラのH11Tに刺して起動すると…



2008-h11t-sim-9.jpg


怒られました(爆)


オイラのH11T珍道中、まだまだ続きます。

カテゴリ:お気軽モバイラー生活で他のエントリもありますので、気軽にどうぞ!

komelong_01-160.gif
posted by こめろんぐ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | お気軽モバイラー生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。